• トップ
  • ニュース一覧
  • 【ナビスコカップ決勝|編集長の視点】勝敗を分けた指揮官のマネジメント力。宇佐美は戦術に消された

【ナビスコカップ決勝|編集長の視点】勝敗を分けた指揮官のマネジメント力。宇佐美は戦術に消された

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2015年10月31日

完敗した原因は、二大エースの体たらくにあった。

敵陣でこそ脅威になるアタッカーが守備に追われては……。宇佐美を攻撃に専念させるという手もあったはずだ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 大会史上最多6回目の栄冠を狙う鹿島と大会2連覇を目指すG大阪のナビスコカップ決勝は、予想以上のワンサイドゲームとなった。

【ナビスコカップ決勝】PHOTOギャラリー
 
 立ち上がりから勢いよく攻め立てた鹿島が、0-0で迎えた60分に小笠原のCKからファン・ソッコのヘッドで先制すると、終盤の84分には再びセットプレーから金崎が頭で叩き込んで2点をリードした。拮抗した時間帯も多少なりともあったが、ほぼ鹿島ペースで進んだ試合は最終的に3-0という大差がついている。
 
 シュート数(鹿島が24本、G大阪は5本)を見れば、両チームの差は一目瞭然だった。
 
 鹿島が素晴らしかったのはもちろん、G大阪が酷過ぎた印象がある。長谷川監督が「完敗です。鹿島の力に圧倒された」と試合後にコメントしたように、後半に入ってもリズムを掴めなかったG大阪はチームとしてほとんど機能していなかった。
 
 敗因のひとつは、宇佐美の体たらくだろう。
 
 鹿島陣内にいてこそ脅威になるアタッカーが、この日は前半からだいぶ守備に追われていた。見せ場は23分のドリブルシュートと54分のミドル程度。ディフェンスの局面で体力を浪費したせいで、後半はほぼ消えてしまっていた。
 
 宇佐美がエースとしての役割をまるで果たせなかったのは、長谷川監督の「攻撃の起点を作れなかった。90分間を通して活路を見出せなかった」という言葉からも分かるだろう。
 
 中盤では、遠藤保の低調なパフォーマンスが気になった。攻撃の局面ではいくつか好プレーを披露したものの、鹿島がカウンターを発動させた際はフィルターとして効いていなかった。アンバランスな振る舞いで中盤のバランスを保てなかった遠藤の体たらくも、敗因のひとつだろう。
 
 二大エースの不振に引きずられるかのように、最前線のパトリックもトップ下の倉田も沈黙。「個人技に期待して途中からピッチに送り込んだ」(長谷川監督)大森もリンスも、存在感を示せなかった。
 
 この日のG大阪は、宇佐美にボールが入らないと攻撃が始まらなかった。にもかかわらず、その宇佐美に守備という足枷をつけたのだから、長谷川監督のチームマネジメントには疑問符が付く。ボールを持てば個の技術は際立っていた宇佐美に戦術は邪魔になるのではないかと、そんな印象さえあったほどだ。
 
 現代サッカーで「戦術が邪魔」という表現は正しくないかもしれない。戦術のなかで輝いてこそ一流選手と言えるだろうが、とはいえ戦術に組み込んでかえって選手の個性が消してしまうことはしばしばある。実際、この日の宇佐美については、守備に追われてスタミナを浪費するぐらいなら、攻撃に専念させたほうがよほど効果的なように映った。
 
 個性を消さないように戦術に落とし込むのが指揮官の仕事であって、その点で長谷川監督は宇佐美の能力を引き出せなかった。
 
 宇佐美は戦術に消されたと、そう言えるかもしれない。
【関連記事】
【ナビスコカップ決勝|監督会見】初タイトルを手にした鹿島・石井監督「途中から『今日は勝てるんだな』という気持ちになった」
【ナビスコカップ決勝|監督会見】完敗のG大阪・長谷川監督「鹿島のプレッシャーが非常に速かった」
【ナビスコカップ決勝|採点&寸評】試合を支配した小笠原。流れを引き寄せた序盤は無双状態
【ナビスコカップ決勝】後半一気に3発! 鹿島が史上最多6度目の優勝!! 通算17冠目を達成。MVPには小笠原!!
【鹿島インタビュー】ナビスコMVPの小笠原満男に訊く理想のボランチ像 「日本が世界の強豪に勝つにはボールを奪えなきゃいけない」
【ナビスコカップ決勝】宇佐美は8戦不発と“スランプ状態”。鹿島の猛攻に晒されて「死に駒」と化す
【ナビスコカップ決勝】30分に起きた「西野→岩下」のCB“ドタバタ”交代劇。長谷川監督と岩下が舞台裏を明かす
【ナビスコカップ決勝】“9.1パーセント”に懸けたG大阪の「不敗神話」が終焉。遠藤と今野も「負けるべくして負けた」と敗北を甘受

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ