【トッテナム 2-2 アーセナル|採点&寸評】退場者も出る激戦となったノースロンドン・ダービー。記憶に残るミドルを決めたケインがMOMだ

カテゴリ:ワールド

内藤秀明

2016年03月06日

ガブリエウは失点シーンでいずれも寄せが甘かった。

守備ではラメラ(左)にやや手を焼いたベジェリン(右)だが、2アシストと持ち前の攻撃力を存分に発揮した。(C)Getty Images

画像を見る

【アーセナル|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 6.5
前半から思いのほか前のめりにきたスパーズのプレスを上手くかいくぐり、1点リードで折り返すまでは完璧。ただ、54分のコクラン退場でプランが崩れてしまった。それでも、しっかり勝点1を持ち帰ったのは高評価に値。
 
監督 アーセン・ヴェンゲル 6
怪我やコンディション不良の選手も多い中、チームのバランスを保った。流れを変えるような交代策はなかったが、不甲斐ない采配だった前節のスウォンジー戦と比べれば的確な采配だった。
 
【アーセナル|選手採点&寸評】
GK
13 ダビド・オスピナ 6.5
チェフ負傷で今シーズンのプレミアリーグ初出場。抜群の反射神経で至近距離のシュートを何度もストップするなど、好パフォーマンスを見せた。
 
DF
3 キーラン・ギブス 6
決定的なプレーもなかったが、大きなミスもなかった。縦への推進力のクオリティーを改めて証明した。
 
4 ペア・メルテザッカー 5.5
1失点目のCKでは守備リーダーとしてマークのズレを指摘できず、2失点目ではアリへのマークが緩くアシストを許した。経験値の高さを考えれば、いずれも糾弾されて然るべき。
 
5 ガブリエル 5
すべての責任を押し付けるのは酷だが、失点シーンではいずれも寄せが甘かったのは明らか。試合終了間際にはあわやオウンゴールのキックミスも。
 
24 エクトル・ベジェリン 6.5
ローズとラメラの俊足コンビの対応にやや手間取る。ただ、クロスとスルーパスで2アシストを記録するなど、攻撃面で結果を残した。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ