【プレミア現地コラム】マンチェスター・Uに希望の光。ラッシュフォードとは何者か!?

カテゴリ:連載・コラム

山中忍

2016年03月03日

デビューから2試合で4得点の大爆発。

2試合で4得点とまさに鮮烈デビューを果たしたラッシュフォード。悩める名門に、未来への希望を抱かせる新星が現われた。 (C)Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、
「デビュー戦で活躍する若手はいる。問題は次の試合。2戦目も良かったのだから、スペシャルだ」
と、マーカス・ラッシュフォードを称えた。
 
 大袈裟な表現を嫌う指揮官だけに、絶賛に近い言葉だ。トップチーム・デビューを果たしたヨーロッパリーグ、決勝トーナメント第1レグのミッティラン戦(2月25日/5-1)では、チームをベスト16に導く逆転弾を含めた2得点をマーク。プレミアリーグの舞台に初めて立った3日後のアーセナル戦(3-2)でも、2ゴール・1アシストの活躍を示したのだから、当然だ。
 
 そのプレミア27節で挙げた2得点は、いずれも「いるべき時に、いるべき所にいた」ゴールだった。今シーズンの大半をU-18で過ごしてきた未完のFWが、「経験」より「本能」に頼ってプレーするのは当然だとしても、目を見張る「天性のストライカー」ぶりだ。
 
 BBCの『マッチ・オブ・ザ・デー』でゲスト解説を務めたイアン・ライトは、“点取り屋”の大先輩として「何気なくエリアに顔を出しているのが気に入った」と評している。
 
 たしかに、ウインガーなのかCFなのかいまだ適性が不明瞭で、1トップとして出場したこの試合も不発に終わったアーセナルのセオ・ウォルコットとは、対照的だった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ