【マンチェスター・U 3-2アーセナル|採点&寸評】新鋭ラシュフォードが2ゴールと躍動! アーセナルは指揮官の不可解な采配が敗戦の主因に……

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年02月29日

勝負師の気迫を垣間見せたファン・ハール。

(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

公式戦2試合連続で2ゴールを決めたラシュフォード。アカデミー育ちの新鋭が怪我人続出のユナイテッドを救った。 (C) Getty Images

画像を見る

【マンチェスター・U|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 6
ホームながら主導権を握られる時間が長かったものの、若手が躍動し、宿敵アーセナルを撃破。とりわけ攻撃において以前よりもダイナミックになり、揶揄されていたような“退屈なフットボール”ではなかった。
 
監督ルイス・ファン・ハール 6.5
多くの主力を怪我で欠くなかで、アカデミー上がりの若手を多用する思い切った采配が功を奏した印象。試合中には珍しくピッチサイドに降りてきて声を荒げるなど、勝負師の気迫が垣間見えた。
 
【マンチェスター・U|選手採点・寸評】
GK
1 ダビド・デ・ヘア 6
2失点は喫したが、ミスはほとんどなく相変わらずの安定感を披露。キックの精度も高く、前線の味方を活かした。
 
DF
マルコス・ロホ 6(55分OUT
守備に追われる時間が多かったものの、迎え撃ったウェルベックとウォルコットにほとんど仕事をさせずに戦力的価値を証明した。
 
16 マイケル・キャリック 6
本職のセントラルMFではなくCBで先発。接触プレーでは弱さを露呈したが、ベテランらしい洗練された読みと気の利いたポジショニングで補った。
 
17 ダレイ・ブリント 6
正確無比なロングボールによるサイドチェンジが攻撃のスイッチに。また55分から入ったトップ初出場のフォス=メンサーのミスをカバーし、経験不足の若手を見事にサポートした。
 
30 ギジェルモ・バレラ 6
A・サンチェスやジルーといった一級のアタッカーに手を焼いたが、時には相手の背後を突いた果敢なオーバラップを見せた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ