• トップ
  • ニュース一覧
  • 【ナビスコカップ決勝】宇佐美は8戦不発と“スランプ状態”。鹿島の猛攻に晒されて「死に駒」と化す

【ナビスコカップ決勝】宇佐美は8戦不発と“スランプ状態”。鹿島の猛攻に晒されて「死に駒」と化す

カテゴリ:Jリーグ

2015年10月31日

「表彰台で喜ぶ鹿島の選手の姿」を発奮材料に、エースは飛躍を遂げる。

公式戦8試合ゴールから遠ざかり「スランプ状態」にも陥る宇佐美だが、この敗戦を発奮材料とし、さらなる飛躍を目指す。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 9月と10月の過密日程による疲労の影響もあるのだろう。宇佐美は9月26日の柏戦以来、ナビスコカップ決勝も含めると、公式戦8試合ゴールから遠ざかっている。序盤戦は1試合・1得点のペースでゴールを量産していただけに、8戦不発はスランプとも捉えられる。
 
 今季途中にFWから左MFに移った影響も大きく、与えられた役割の変化がゴール減の主因に違いない。また今回の鹿島戦に象徴されるように、相手の2列目やSBに攻撃力の高い選手を置かれると守備に体力を割かれ、結果的に“死に駒”や“遊び駒”の立場に追い込まれてしまう。
 
 もっとも、宇佐美自身もそれを自覚しており、脱皮を遂げようともがいている。「サイドに張ってドリブルするだけではない」という言葉がそれを示す。
 
「相手が距離を取って2、3人で守ってくれば、パスなりミドルシュートで打開すればいい。相手にどういう対応をされても、それを上回るプレーをしたい」
 
 13年夏にドイツから帰国後、チームに4冠をもたらしたエースは、「表彰台で喜ぶ鹿島の選手の姿」を発奮材料として、さらに飛躍を遂げるはずだ。
 
 
取材・文:大木 勇(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】“ボロボロ”のガンバに勝っただけで、これでアントラーズを「強い」と錯覚してはいけない
【ナビスコカップ決勝】後半一気に3発! 鹿島が史上最多6度目の優勝!! 通算17冠目を達成。MVPには小笠原!!
【ナビスコカップ決勝|採点&寸評】試合を支配した小笠原。流れを引き寄せた序盤は無双状態
【ナビスコカップ決勝|編集長の視点】勝敗を分けた指揮官のマネジメント力。宇佐美は戦術に消された
【ナビスコカップ決勝|監督会見】完敗のG大阪・長谷川監督「鹿島のプレッシャーが非常に速かった」
【ナビスコカップ決勝|監督会見】初タイトルを手にした鹿島・石井監督「途中から『今日は勝てるんだな』という気持ちになった」
【ナビスコカップ決勝】30分に起きた「西野→岩下」のCB“ドタバタ”交代劇。長谷川監督と岩下が舞台裏を明かす
【ナビスコカップ決勝】“9.1パーセント”に懸けたG大阪の「不敗神話」が終焉。遠藤と今野も「負けるべくして負けた」と敗北を甘受

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ