• トップ
  • ニュース一覧
  • 【ナビスコカップ決勝】宇佐美は8戦不発と“スランプ状態”。鹿島の猛攻に晒されて「死に駒」と化す

【ナビスコカップ決勝】宇佐美は8戦不発と“スランプ状態”。鹿島の猛攻に晒されて「死に駒」と化す

カテゴリ:Jリーグ

2015年10月31日

失点後に揺れたG大阪。「前に行くのか後ろに残るのか、少しチグハグだった」(宇佐美)

鹿島の激しいプレスに手を焼いたG大阪は、パトリックにボールが収まらず攻撃が機能不全に。宇佐美の攻撃力も、最大限には活かせなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 数少ない好機に絡んだ宇佐美にしても、時間が経過するにつれて存在感が薄れ、ピッチと言う盤上で“死に駒”と化していた感は否めない。ただ、それは個人だけの問題ではない。先制点を献上後、チームに多少の迷いがあったと証言する。
 
「後半から流れが変わるだろうと思っていたけど、主導権は鹿島にあった。耐え抜くなかで先制点を取りたいと考えていたけど、(鹿島に)セットプレーから先に取られて、それからは(チームが)前に行くのか後ろに残るのか、少しチグハグだったと思う」
 
攻守両面で鹿島の前に膝をつくとなり、宇佐美は素直に敗北を認めた。
 
「序盤から鹿島の時間帯が続いて、1試合を通して押された。決定機もチームとしてあまりなかったし、“負けた”という感じがする」
 
ただ、ミックスゾーンに現われたエースは、決して悲観していなかった。一つひとつの質問にしっかりとした口調で応じながら、今後のタイトルを見据える。
 
「タイトルを獲るのが難しいのは分かっている。だからこそ気持ちを切り替えて、残りふたつ(年間優勝と天皇杯)を狙いたい。表彰台で喜ぶ鹿島の選手たちの姿を目に焼き付けておくことは大事。まだすべてが終わったわけではないし、獲れるタイトルに向かって全力でやっていきたい」
 
 リーグ戦では年間3位とCS出場圏内に留まっており、天皇杯でも4回戦に駒を進めている。2年連続3冠の野望は潰えたものの、チームはいまだ2冠の可能性を残すだけに、エースには今まで以上の期待が懸かる。
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】“ボロボロ”のガンバに勝っただけで、これでアントラーズを「強い」と錯覚してはいけない
【ナビスコカップ決勝】後半一気に3発! 鹿島が史上最多6度目の優勝!! 通算17冠目を達成。MVPには小笠原!!
【ナビスコカップ決勝|採点&寸評】試合を支配した小笠原。流れを引き寄せた序盤は無双状態
【ナビスコカップ決勝|編集長の視点】勝敗を分けた指揮官のマネジメント力。宇佐美は戦術に消された
【ナビスコカップ決勝|監督会見】完敗のG大阪・長谷川監督「鹿島のプレッシャーが非常に速かった」
【ナビスコカップ決勝|監督会見】初タイトルを手にした鹿島・石井監督「途中から『今日は勝てるんだな』という気持ちになった」
【ナビスコカップ決勝】30分に起きた「西野→岩下」のCB“ドタバタ”交代劇。長谷川監督と岩下が舞台裏を明かす
【ナビスコカップ決勝】“9.1パーセント”に懸けたG大阪の「不敗神話」が終焉。遠藤と今野も「負けるべくして負けた」と敗北を甘受

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ