• トップ
  • ニュース一覧
  • 【ナビスコカップ決勝】30分に起きた「西野→岩下」のCB“ドタバタ”交代劇。長谷川監督と岩下が舞台裏を明かす

【ナビスコカップ決勝】30分に起きた「西野→岩下」のCB“ドタバタ”交代劇。長谷川監督と岩下が舞台裏を明かす

カテゴリ:Jリーグ

2015年10月31日

岩下が受けた指示は「声を掛けながらバランス良く押し返せるようにしてくれ」。

最終ラインを落ち着かせ、劣勢から“一進一退”の攻防まで盛り返した岩下(8番)だったが、鹿島のセットプレーに撃沈。試合後、「CKが何本もあって集中が切れてしまった」と悔やんだ。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 序盤から劣勢に立つG大阪の状況について、岩下は「とにかくバタバタしていたし、セカンドボールも拾われて、守備がハマっていなかった」と分析していた。時計の針が30分に差し掛かる直前、長谷川監督から呼ばれた岩下は、こう言われたという。
 
「最終ラインを落ち着かせて、声を掛けながらバランス良く押し返せるようにしてくれ」
 
 そして投入されると、指揮官の狙いどおりに状況は“劣勢”から“一進一退”の攻防へと変わっていく。危ない場面も作られたが、「ピンチのシーンがたくさんあったなかで、ヒガシ(東口)が何度も止めて0-0で前半を折り返せた」(岩下)。
 
しかし60分、CKからファン・ソッコに先制点を献上。84分にも再びCKの流れから金崎に追加点を奪われ、86分にはカウンターからカイオにとどめを刺された。
 
「セットプレーで相手がフリーになるのは今までなかった。(鹿島が)上手くブロックを使っていたが、それでも(マークに)付かないといけなかった。マンツーマンのなかで、単純に受け渡しのミスや責任を持った守備ができなかった。それは自分の責任でもある。弾き返せれば良かったけど……。CKが何本もあったので集中が切れてしまった」(岩下)
 
 途中出場で指揮官に送り出され、後半にまさかの3失点。セットプレーも絡んだとはいえ、大きな責任を感じているのだろう。G大阪の闘将は「使ってもらったのに仕事ができなくて申し訳ない」と語り、その後も反省の言葉を繰り返した。
 
「ガンバらしいサッカーが全然できなかった」
「自分も含めて、基本的なことができていなかった」
「(決勝に来るまでに)たくさんの選手が出場してきたなかで、決勝でこういうゲームをしてしまった。(決勝に)出なかった選手にすごく申し訳ない」
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】“ボロボロ”のガンバに勝っただけで、これでアントラーズを「強い」と錯覚してはいけない
【ナビスコカップ決勝】宇佐美は8戦不発と“スランプ状態”。鹿島の猛攻に晒されて「死に駒」と化す
【ナビスコカップ決勝|編集長の視点】勝敗を分けた指揮官のマネジメント力。宇佐美は戦術に消された
【ナビスコカップ決勝|採点&寸評】試合を支配した小笠原。流れを引き寄せた序盤は無双状態
【ナビスコカップ決勝|監督会見】完敗のG大阪・長谷川監督「鹿島のプレッシャーが非常に速かった」
【ナビスコカップ決勝】柴崎岳が有言実行! 日本代表の先輩相手に宣言通りの勝利で大きな手応え
【ナビスコカップ決勝】鹿島OB中田浩二の目/今回の優勝は、強さを取り戻すための“序章”
ナビスコカップ決勝を終えて――遠藤保仁「自分たちが“いなせなかった”だけ」
【ナビスコカップ決勝】後半一気に3発! 鹿島が史上最多6度目の優勝!! 通算17冠目を達成。MVPには小笠原!!
【ナビスコカップ決勝】鹿島の全得点に絡んだ小笠原。キャプテンの魂を焚きつけたタイトルへの飢えとチーム愛

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ