ナビスコカップ決勝を終えて――遠藤保仁「自分たちが“いなせなかった”だけ」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月31日

「2点目を取られたのが一番大きかった」(遠藤)

ペースを握れなかったのは「上手くボールを回せなかった」から。ただ、まだリーグ戦も天皇杯も残っており、「残りの試合、全部勝つ」と遠藤は前を向く。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ヤマザキナビスコカップ決勝は10月31日、埼玉スタジアムで行なわれ、3-0で鹿島がG大阪を下して大会史上最多となる6度目の優勝を飾った。
 
 この試合に出場した遠藤保仁のコメントをお届けする。
 
遠藤保仁(G大阪/MF
 
――序盤からなかなかペースを掴めませんでした。
 
「(鹿島が)前から来るのは想定内でした。ただ自分たちがちょっと悪すぎた。押し込まれながらも、取ったボールを前でキープしながらというのは考えていましたけど、それもあまりできなかった」
 
――前半にあれだけ押されて、でもゼロで凌げれば後半にチャンスが、という展開だったとも思いますが?
 
「前半はよく凌いだと思います。もちろん、どこかでチャンスを作りながらとは思っていましたけど、攻撃も少し単調になりがちでしたね。上手くボールを回せなかったのが、自分たちのペースに持ち込めなかった要因かなと思います」
 
――先制点を奪われたダメージが一番大きかったでしょうか?
 
「こういう試合は先制点が非常に重要だというのは、全員が分かっていました。ただ、まだ時間はあったので、そんなに慌てずにっていうのはピッチ内で話していました。2点目を取られたのが一番大きかったかなと思いますけど」
 
――セットプレーは注意していたと思いますが?
 
「でも、あれだけフリーでやられたので、もう少しタイトにつく必要がありましたね。今日に限っては、それまでもセットプレーはしっかりと守れていたので、一瞬の隙ではないと思いますけど、自分たちがマークし切れなかったのは反省点です」
 
――ボランチのところで、あれだけボールが持てないG大阪もあまり見たことがない。相手のプレスが激しかったということでしょうか?
 
「プレスが激しいというか、自分たちが“いなせなかった”というだけで、別にめちゃめちゃ速いとは思いませんでした。ただ、あれだけ押し込まれたのでパスコースも少ないですし、自分たちのエリアでのボール回しが多くなれば、なかなかリスクも冒せない。ディフェンスラインを含め、もう少しビルドアップの部分でボールを動かしていければ、強引に来る相手に対しても上手く回せると思う。それはまた課題としてやっていきたい」
 
――まだリーグ戦も天皇杯も残っています。
 
「まずは(リーグの)広島戦に向けて良い準備をしなければいけない。天皇杯も大事な大会のひとつですし、来年のACLの出場権も取らなければいけない。大事な試合が続くなか、スケジュールは楽になったので、常に100パーセント(の力)を出せるコンディションをまずは作りながら、残りの試合、全部勝つという目標を立ててやっていきたいです」
【関連記事】
【ナビスコカップ決勝|採点&寸評】試合を支配した小笠原。流れを引き寄せた序盤は無双状態
【セルジオ越後の天国と地獄】“ボロボロ”のガンバに勝っただけで、これでアントラーズを「強い」と錯覚してはいけない
【ナビスコカップ決勝】宇佐美は8戦不発と“スランプ状態”。鹿島の猛攻に晒されて「死に駒」と化す
【ナビスコカップ決勝|監督会見】完敗のG大阪・長谷川監督「鹿島のプレッシャーが非常に速かった」
【ナビスコカップ決勝|編集長の視点】勝敗を分けた指揮官のマネジメント力。宇佐美は戦術に消された
【ナビスコカップ決勝】30分に起きた「西野→岩下」のCB“ドタバタ”交代劇。長谷川監督と岩下が舞台裏を明かす
【ナビスコカップ決勝】“9.1パーセント”に懸けたG大阪の「不敗神話」が終焉。遠藤と今野も「負けるべくして負けた」と敗北を甘受

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ