【日本代表】金田喜稔がウズベキスタン戦を分析|宇佐美にあえて言いたい。「守備も含めて、局面でもっと身体を張れ」と

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年04月01日

たった2試合で激変した「チームの規律」は驚嘆に値する。

先発11人を入れ替える大胆な采配を見せたハリルホジッチ監督。短期間でチームに規律を植え付けた。写真:菅原達郎(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 チュニジア戦から先発11人を入れ替えて、全員の能力を見極めたいという狙いがあったなかで、まず2連勝を飾った意義は非常に大きいと思う。4日前にアウェーで韓国と引き分けたウズベキスタンは、個々の局面でも強さがあり、決して弱い相手ではなかった。リスタートの流れから喫した失点は余計だったが、ブラジル・ワールドカップの3次予選で勝てなかったウズベキスタンに対して5点を決めたのだから、そこは十分に評価できる。

2015.3.31国際親善試合|日本 5 -1 ウズベキスタン

 スタメン全員を入れ替えた影響でコンビネーションに多少の難があったものの、「チームの規律」という観点から見ると、この試合は非常に面白かった。縦への速い攻撃とミドルシュートがこの日のテーマで、さらにチュニジア戦よりも全体のブロックを前に上げて、前線からプレスをかけながら高い位置でのボール奪取を狙っていた。
 
 なにより驚いたのは、たった2試合でここまで選手たちの意識が変わったこと。パスがつながらない場面はあったものの、ボールを奪った瞬間や横パスを1本入れた後には、確実に縦に入れようという狙いが見えた。なにが最も凄いかと言えば、FWが縦パスを受ける意識と、奪った瞬間に縦を狙うという中盤の意識が格段に上がった点だ。縦にパスが入るからこそ、その後のサポートも考えて周りが動き出している。
 
 例えば岡崎がパスを引き出す動きをした時、周囲の次への動き出しが明らかに早くなっている。それは「縦への意識」がチームの規律として組み込まれている証拠で、縦パスが入ることを前提として攻撃陣が動き出しているのは、今までの代表とは大きく異なる点だ。ザッケローニが監督に就任した当初、縦パスを入れていこうというスタンスで船出し、確かにその時は日本が変わったという印象を与えた。しかし、それが続いたのは数試合だった。その時以上に縦への意識は強く、選手たちも考えて動いているのがよく分かる。
 
 不安なのは、この縦に速いサッカーがどこまで続くか。個人的には、本当に続けてほしいという想いが強い。中盤でパスを回してタメを作るのが悪いわけではないが、それが常態化すると、縦に入れるべき時でもパス回しに固執してしまうし、そこが今までの悪癖だった。ハリルホジッチ監督は有無を言わさず縦に入れないと怒るし、あえてそうすることで、今は縦への意識を植え付けようとしているのだろう。日本がやろうとしているサッカーは世界の潮流と同じで、これからステップアップできそうな可能性を感じ取れた。

チーム全体の縦への意識が向上。前線で岡崎(9番)がボールを収めた際、周囲の次の動き出しも以前より明らかに早くなっている。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【関連記事】
【藤田俊哉の目】異彩を放った宇佐美と可もなく不可もなかった香川。両者の立場は逆転した
【サッカーダイジェスト編集長コラム】快勝劇に潜むライバルの「罠」
【サッカーダイジェストの視点】今回の連戦での最大の収穫は?
【日本 対 ウズベキスタン】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評
【識者コラム】災いは福に転じたか――奥深い能力の一端を示した新監督の辣腕ぶり
【日本代表│考察】ウズベキスタン戦で見せた指揮官の懐の深さ
【日本代表】本田圭佑の「二面性」が示す新チームの岐路

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ