【サッカーダイジェストの視点】今回の連戦での最大の収穫は?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2015年04月01日

縦の連係より個人技で決めたゴールが多かった。

前半の決定機は、青山の先制弾のみ。攻撃は機能していると言い難かった。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 4日前に韓国と引き分けたウズベキスタンに、5-1の圧勝。しかも、青山、宇佐美、川又が揃って代表初ゴールと、表面だけ見ればパーフェクトに近いゲームだった。

【PHOTOギャラリー】日本 5-1 ウズベキスタン
 
 ただ、ゴールシーンを振り返ると、ハリルホジッチ監督がこだわる「縦のコンビネーション」からダイレクトに生まれた得点はひとつもなかった。
 
 先制点は青山のミドル、2点目は太田の左サイドからのクロスに合わせた岡崎のヘッド。3点目は柴崎のロングループ、4点目は横パスを受けた宇佐美のドリブルシュート、5点目は森重の折り返しから川又が頭で押し込んだものと、大半は個人技で決めたゴールだったのだ。
 
 チュニジア戦に続いて縦に速く仕掛ける意図は間違いなく見えたが、残念ながら現段階でゴールへとつながる“絵”にはまだなっていない。不完全燃焼の感は、本田のコメントからも窺える。「監督がやろうとしていることをできていた部分はあるが、まだまだ質が足りない。個人としても、チームとしてもそれを感じた」。
 
 実際、クオリティ不足によるミスが目に付いたのは、センターライン付近に縦パスが入った後の仕掛け/崩しの局面でだ。スピードを意識するあまり、出し手のパス、もしくは受け手のトラップが雑になり、エリアへ進入する前に自滅する場面が何度もあった。
 
 前半に限れば、決定機と言えたのは滅多にお目にかかれないワールドクラスのミドルシュート──青山の先制弾のみ。左ウイングの乾は最終局面でもたつきシュートに持ち込めず、トップ下の香川もどこかパッとしない出来で、攻撃はどちらかと言えば低調だった。
 
 ハリルホジッチ監督が「罠を仕掛けた」という後半は、相手を誘い出してスペースができたおかげでセンターライン付近では前半よりも縦パスが入るようになったが、バイタルエリアでのそれはあまり多くなかった。
 
 もっとも、ハリルホジッチ監督の就任2試合目ですべて上手くいくわけがない。新しいコンセプトを求められているなかで、いきなり流れるような攻撃を披露しろというほうが土台無理な話である。
 
 実践できるかはさて置き、内田が「(縦への)意識が出ているのはとても良いこと」と言うように、現時点で重要なのは意識の部分。どういうサッカーにトライするかを、チームとして共有できているかだ。
 
 その点、チュニジア戦を含めた今回の連戦では、誰がピッチに立っても「縦に速く」という目的意識は見て取れた。ウズベキスタン戦でそれが効果的に現われたのは、むしろ守備面ではなかったか。その証拠に、アジアカップでもいくつかあった、自陣の低い位置で横パスをかっさらわれてのカウンターというピンチは皆無だった。
 
 
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】この2試合は、アギーレでも勝てたよ
【日本代表】金田喜稔がウズベキスタン戦を分析|宇佐美にあえて言いたい。「守備も含めて、局面でもっと身体を張れ」と
【日本 対 ウズベキスタン】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評
【日本代表】チュニジア戦の「10番」はどこへ…香川真司の危機感
【日本代表】指揮官も「スペクタクル」と評した岡崎慎司の“アシスト”の意味
【日本代表】なによりも「結果」にこだわった宇佐美貴史の入魂の一撃!
【ウズベキスタン戦会見】ハリルホジッチ監督「選手には勇敢さ、そして大胆さを持てと言っている」
【日本 5-1 ウズベキスタン】青山、宇佐美、川又が代表初ゴール ハリル体制2連勝!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ