【日本代表】本田圭佑の「二面性」が示す新チームの岐路

カテゴリ:日本代表

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2015年04月01日

青山と川又のゴール後に浮かべた対照的な表情。

献身的なプレーが目立ち無得点に終わった本田。青山と川又のゴール後には対照的な表情を浮かべた。 写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 3月31日のウズベキスタン戦で、本田圭佑が彼らしいとも言える「二面性」を垣間見せた。その対照的な表情から、日本代表がひとつの大きな岐路に立っていることを印象付けた。

2015.3.31国際親善試合|日本 5 -1 ウズベキスタン

 開始6分、青山敏弘がボールを正確にミートし、スーパーミドルを叩き込み先制点を奪った場面。長谷部誠の欠場により久々にキャプテンマークを巻いた本田は率先し、ピッチ上の選手たちを手招きしてベンチ前に呼び寄せ、歓喜の輪を作る。彼も小さくジャンプしながら青山の頭を「よくやったぞ」とばかりに叩いて、満面の笑みを浮かべた。

 一方、試合終了間際の90分、CKの流れから川又堅碁がこぼれ球を強引にヘッドで捻じ込み、チーム5点目を決めた場面。ガッツポーズを作ってベンチに駆け寄る川又を、控え選手たち(とくにJリーグ組)が同じように両腕を挙げて出迎える。

 すでに大迫勇也と交代していた本田は、コーチングエリアに立つ監督から一番遠く離れたベンチの端に座っていた。少し間を置いて立ち上がった彼はひとり、ベンチの選手が向いているのとは逆方向にあるゴール裏の電光掲示板に映る川又のゴールシーンのリプレーにじっと見入っていたのだ。

 その後、輪に加わったもののそこまで喜んだ表情を浮かべなかったことが、むしろ周りとは対照的で、目立ってしまっていた。

 5-1とトドメを刺す1点。すでに戦意喪失した相手からのゴールであり、そこまで喜ぶ必要などない、ということだったのかもしれない。一方で、本田自身はこの試合ノーゴールに終わっていただけに、いずれはライバルにもなり得るアタッカーの得点に、少なからずジェラシーや悔しさといった感情を抱いたのかもしれない。

 とはいえ、川又にとっては記念すべき代表初ゴールだったのだから、やや大人気なかったようにも映る。言い変えると、心情を決して隠せない、本田がこれまで常に持ち続けてきた、少年のような一面を覗かせた一瞬だったと言えた(それが「リトルホンダ」なのかもしれない?)。

 また、悔しさは試合後のコメントにも、うっすらと滲んでいた。

「勝利という結果を残せて、嬉しく思う。5-1という結果について、そこまでポジティブな意見は必要ないかな。でも、1失点したところ。あの時間帯に失点したところこそ課題にしないと」

 日本が3-0でリードして迎えた82分、ウズベキスタンにCKのこぼれ球をねじ込まれ、この日唯一の失点を喫した。
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】この2試合は、アギーレでも勝てたよ
【日本代表】金田喜稔がウズベキスタン戦を分析|宇佐美にあえて言いたい。「守備も含めて、局面でもっと身体を張れ」と
【サッカーダイジェストの視点】今回の連戦での最大の収穫は?
【サッカーダイジェスト編集長コラム】快勝劇に潜むライバルの「罠」
【日本代表】チュニジア戦の「10番」はどこへ…香川真司の危機感
【藤田俊哉の目】異彩を放った宇佐美と可もなく不可もなかった香川。両者の立場は逆転した
【日本代表】なによりも「結果」にこだわった宇佐美貴史の入魂の一撃!
【識者コラム】災いは福に転じたか――奥深い能力の一端を示した新監督の辣腕ぶり

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ