【J1採点&寸評】浦和0-0横浜|3点分は救った西川がMOM!横浜では興梠を沈黙させたCBらを高評価

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年07月05日

浦和――西川はつなぎやキックの精度もブレず

【警告】浦和=岩波(73分)、関根(85分) 横浜=なし
【退場】浦和=なし 横浜=なし
【MAN OF THE MATCH】西川周作(浦和)

画像を見る

[J1第2節]浦和0-0横浜/7月4日/埼玉

【チーム採点・寸評】
浦和 6

コンパクトな陣形からの高速カウンターは迫力十分。守護神の西川に救われた感はあるが、前年王者に一歩も引かないゲームを披露した。

【浦和|採点・寸評】
GK
MAN OF THE MATCH
1 西川周作 7

1対1を2回セーブしたのを含め、3点分は救った。久々のゲームにも、つなぎやキックの精度もブレずにプレーした。

DF
27 橋岡大樹 6.5

対面した遠藤に加え、試合途中でポジションを代えたエリキも対人プレーで抑え込んだ。杉本にぴたりと合わせたクロスも供給。

20 トーマス・デン 6.5
日本での公式戦デビューでハイパフォーマンスを披露。スピード感のあるカバーリングに加え、正確な縦パスやフィードもあった。

31 岩波拓也 6
危ない場面はあったが、クロスに対して良いポジションを取って跳ね返した場面が目立った。

6 山中亮輔 5.5(88分OUT)
決定的な突破を許した場面はなかったが、攻撃面の貢献はいまひとつ。セットプレーで正確なキックを1本は合わせたかった。
 
MF
7 長澤和輝 6.0
(58分OUT)
今季の初出場でハードワークを印象付け、可能性を感じたミドルシュートも2本。交代枠の関係からも、ペース配分を考えず飛ばしたか。

16 青木拓矢 6
柴戸と並んで中央に強固なフィルターを形成。サイドチェンジなどロングボールの展開もあった。

29 柴戸 海 6.5
まさに“食いつく”という表現がぴたりと来るプレーで相手に襲い掛かった。惜しむらくはラストパスを出した場面で精度を欠いたこと。

24 汰木康也 6(58分OUT)
6分にカットインから放ったシュートは相手GKの好セーブだったが、前半終了間際のビッグチャンスは活かしたかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ