Jリーグ誕生を促した雨中の中国戦――晩年に遺された指揮官の舞台裏証言録【名勝負の後日談】

カテゴリ:連載・コラム

加部 究

2020年06月01日

短期連載コラム『名勝負の後日談』vol.9 1987年ソウル五輪予選・中国戦|メキシコ大会以来の出場へ千載一遇のチャンス

ソウル五輪予選に臨んだ日本代表メンバーの顔ぶれ。加藤久キャプテン(前列左から3番目)を中心に、水沼貴史(同4番目)、原博実(同右端)、奥寺康彦(後列中央)、堀池巧(前列左端)らが顔を揃えた。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 歴史に残る名勝負、名シーンには興味深い後日談がある。舞台裏を知る関係者たちが明かしたあの日のエピソード、その後の顛末に迫る。(文●加部 究/スポーツライター)

――◆――◆――

 20年ぶりに世界への扉を開く絶好機が巡って来ていた。

 1968年メキシコ大会を最後に、日本は五輪から遠ざかっていた。しかし1988年の開催地はソウル。大きな壁として立ちはだかってきた韓国は、開催国枠で本大会へ直行する。日本が超えなければならないハードルは中国に変わり、千載一遇のチャンスを迎えていた。

 1987年7月、ソウル五輪最終予選の日程を決めるAFC(アジアサッカー連盟)会議が開かれた。日中両国ともに思惑は重なり、どちらも「先にアウェー、最終戦をホームで」と主張する。だがJFA(日本サッカー協会)の村田忠男専務理事(当時)の粘り強い交渉が功を奏し、同年10月4日に広州で、翌週の11日に東京で最終戦と、日本陣営にとっては理想的なスケジュールで決着した。

 日本代表を率いる石井義信監督は、村田と手を取り合って喜んだという。

「あとは結果を出すだけだな」

 ところが翌日村田がJFAに連絡を入れると、11日の最終戦開催はあっさりと却下されてしまう。当日東京・国立競技場では「コダック・オールスター戦」が予定されていた。

 村田は必死に食い下がった。
「なんとか他の都市で出来ないのか」

 しかし電話口の返答はけんもほろろだった。
「日本代表の強化費はどこから出ていると思っているんだ。お客さんの入らない会場で代表戦を開催すれば大赤字になる」

 日本代表の重要な一戦より興行が優先される。今では考えられないことだが、当時のJFAにとって外国籍も含めた日本リーグのタレントが東西に分かれて戦う「コダック・オールスター戦」は貴重な収入源だった。結局最終戦の日程は約2週間先送りになり、皮肉にも2年前にメキシコ・ワールドカップ予選で韓国に屈した10月26日に決まる。後付けながら、それが悲劇の前兆だったのかもしれない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ