【川崎/2016~2020年】懐かしの歴代ユニホームと振り返るクラブ史。栄光の軌跡を象徴する一着は?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年04月24日

【2016年】

クラブ創設時のデザインに立ち戻る。この年、好調を維持した中村がリーグMVPに選ばれた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

■成績
2016年(J1):年間3位(22勝6分6敗)
ナビスコカップ:予選リーグ敗退
天皇杯:準優勝

【ユニホーム】
 クラブ創設20周年を迎えたことで「原点回帰」を合言葉に、1997年時に着用していた「ストライプ」の一着をリメイク。シンプルな縦縞模様は、フロンターレを象徴する青と黒の太いストライプが力強さを与え、差し込まれている白の細いストライプが柔軟さを醸し出している。

 また初のカップ戦用のユニホームを製作し、2009、2010年のデザイン「スラッシュ」をモチーフに。さらに人気コミック「宇宙兄弟」とのコラボ企画として無数の星が散りばめられ、国際宇宙ステーションがあしらわれた一着も登場した。

【川崎/1997~2005年】懐かしの歴代ユニホームと振り返るクラブ史。黎明期を代表する一着は…

【川崎/2006~2010年】懐かしの歴代ユニホームと振り返るクラブ史。8年ぶりに新デザインが登場

【川崎/2011~2015年】懐かしの歴代ユニホームと振り返るクラブ史。「挑」の文字を表現?風変わりなデザインが続々!

【PHOTO】攻撃的サッカーで17.18年リーグ連覇を達成!川崎フロンターレの歴代ユニホームを一挙振り返り!
 

カップ戦専用のユニホームも作られた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

斬新な一着は人気コミック「宇宙兄弟」とのコラボ企画で。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

【戦績】
 風間体制最終年は抜群の強さを誇るも、あと一歩のところでタイトルには手が届かなかった。

 第1ステージは自力優勝の可能性を残した福岡戦をドローで終え、鹿島に逆転を許す。総勝点ではリーグ2位でチャンピオンシップに進出するもホームで鹿島に0-1で敗れた。

 そして大阪で行なわれた天皇杯決勝でも再び鹿島と対戦し、延長戦の末に1-2で敗戦。悲願のタイトル獲得は翌年に託されることになった。

 ただ、シーズンを通じて主役を演じたチームで、中村憲剛がリーグMVPに選出された。36歳での受賞はリーグ最年長の記録だった。
【関連記事】
中村憲剛が選ぶJ歴代ベスト11「恩人のジュニーニョはやっぱり外せない!」「中盤のポイントは…」
【川崎/1997~2005年】懐かしの歴代ユニホームと振り返るクラブ史。黎明期を代表する一着は…
【川崎/2006~2010年】懐かしの歴代ユニホームと振り返るクラブ史。8年ぶりに新デザインが登場
【川崎/2011~2015年】懐かしの歴代ユニホームと振り返るクラブ史。「挑」の文字を表現?風変わりなデザインが続々!
川崎が打ち出す独自の“緊急経済対策”!?コロナ禍で苦しむ地域、スポンサーのサポートへ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ