川崎が打ち出す独自の“緊急経済対策”!?コロナ禍で苦しむ地域、スポンサーのサポートへ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年04月13日

難局を手を取り合って乗り越えるために

新型コロナの感染拡大で公式戦が延期されるなか、新たな企画を実施する川崎。緊急経済対策と銘打って関わりの深い地域などをサポートする。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、公式戦の延期が続くなか、これまで多くのユニークな企画を打ち出してきたJ1の川崎が、「緊急経済対策」と銘打って、クラブとゆかりのある地域やスポンサーとのコラボ企画を4月13日から実施することが分かった。

 具体的なキャンぺーンの内容はふたつ。第1弾は「難局を乗り越えよう~物産品編~」で、第2弾は「難局を乗り越えよう~スポンサー編~」だ。


「難局を乗り越えよう~物産品編~」では、スマイルシップ協定を締結している岩手県陸前高田市、キャンプ地の北海道七飯町、宮崎県綾町、そしてDF谷口彰悟、DF車屋紳太郎、GK藤嶋栄介の出身地である熊本県合志市の物産品の紹介をクラブ公式サイトで行ない、購入につなげることを目的とする。

 商品の購入方法や価格については、店舗ごとに異なるため、直接申し込む形となるが、選手が各物産品を手に持って宣伝するなど、プロスポーツクラブがもつ知名度、発信力を活用し、地域経済の活性を図る企画だ。

 物産品としては岩手県陸前高田市の牡蠣をはじめ、米や酒、昆布などが登場する予定だという。
 

岩手県陸前高田市の牡蠣を手に持つ谷口。(C)川崎フロンターレ

画像を見る

 また第2弾となる「難局を乗り越えよう~スポンサー編~」でも、スポンサー各社とサポーターを結び、少しでも経済を活性化させるための取り組みを行なうという。

 公式戦再開の目途が立たず、不安が増すなかで「できることを少しでもやっていきたい」、そして難局を手を取り合って乗り越えたいとのクラブの想いが伝わってくる企画となっている。

 さらに4月1日には等々力陸上競技場の最寄である武蔵小杉駅近くに、オフィシャルグッズショップ&カフェ「AZZURRO NERO×FRO CAFE」をオープンさせており、この店舗とのさらなる連係発展も目指すという。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ