ダビド・ビジャが語る、日本サッカーの印象とイニエスタとの共演【独占インタビュー|後編】

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年02月21日

「久しぶりに彼とボール回しをして、懐かしい気分になった」

イニエスタらチームメイトとの連係も徐々に上がっている。始動直後から手応えを語っていた。写真:徳原隆元

画像を見る

 かつて在籍したバルセロナではリーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、さらにチャンピオンズ・リーグなど数々のタイトルを手にしてきた。イニエスタらとともに世界最高峰のパスサッカーを展開していたダビド・ビジャは、いわばバルサイズムの体現者だ。
 
 バルサ化への切り札的存在と言っても過言ではないこのストライカーは、神戸に何をもたらそうとしているのか。
 
<前編はこちら>
 
───◆───◆───
 
「このクラブはみんなが一体となって進んでいる。大きな目標を達成するために誰もが努力を怠らずによく働いているし、すごく素晴らしい」

 インタビューを実施したのは、チームが始動してからわずか5日目だったが、すでに居心地は良さそうだった。

 好印象を抱いている神戸で再びチームメイトとなったのが、アンドレス・イニエスタだ。スペイン代表では2008年EURO、10年ワールドカップを制し、バルセロナではチャンピオンズ・リーグ優勝や2度のリーグ制覇と、幾度も勝利の美酒をともに味わってきた。
 そんな盟友の存在も神戸入りの大きな要因になったのは、間違いない。加入会見での「このチームにはアンドレス・イニエスタという世界最高の選手がいる。彼のそばでスタイルをクラブに植え付けるお手伝いができることにも魅力を感じた」と語っていた。
 
 公式戦では14年ワールドカップ以来の共演となる。再びピッチ上で極上のコンビネーションを披露するため、かつての感覚を取り戻している。

「久しぶりに彼とボール回しをして、懐かしい気分になった。感触はすごく良かったよ。これからまた、どんどん関係性を深めていきたい」

 イニエスタだけではない。元ドイツ代表のポドルスキをはじめ、新加入では代表クラスのボランチ山口蛍や2年連続ベストイレブンの西大伍といった国内屈指のタレントが揃う。そうしたチームメイトとの連係面にも問題はないようだ。

「ポドルスキや他のチームメイトとも非常にポジティブなフィーリングを感じている。ピッチ外でもそうだ。積極的にコミュニケーションを図っているし、この数日間、すごく濃密な日々を過ごせているよ」

 アメリカツアー、沖縄キャンプを経てリーグ開幕を迎える。それまでにイメージを形にできるのか。
 
「もちろんだ。今それを準備している。ここからちょうど約1か月でチーム一丸となって、開幕戦には最高の状態で臨むつもりさ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ