【検証】イタリアはなぜ世界王者から予選敗退まで凋落した? 前編:無策すぎたプレーオフ

カテゴリ:ワールド

片野道郎

2017年11月16日

わずか12年前は世界の頂点に立っていたが…。

予選敗退で涙にくれるブッフォン。代表キャリア最終戦はまさかの幕切れとなった。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 イタリアがワールドカップ出場を逃したのは、1958年スウェーデン大会以来、実に60年ぶり。つい12年前は2006年ドイツ大会を制して世界の頂点に立っていたことを考えると、信じられない凋落である。
 
 しかしもちろん、敗退するからにはそれなりの理由がある。偶然や不運のせいにするわけにいかないことは明らかだ。以下、いくつかの角度から敗退の原因を整理しておこう。
 
 最も直接的な敗因は、スウェーデンとのプレーオフ2試合で1ゴールも挙げられなかったことだ。第1レグが64%、第2レグが75%というボール支配率が示すように、イタリアは2試合を通してほぼ一方的に主導権を握り、攻勢に立って戦った。しかし、その攻撃のボリュームと比較して、肝心な最後の30メートルで作り出した質の高い決定機の数は、あまりにも少なかった。
 
 本当に危険な決定機は、第1レグの立ち上がりにアンドレア・ベロッティが放ったヘディングシュートと、ポストを叩いたマッテオ・ダルミアンのミドルシュート、そして第2レグの前半終了間際にジョルジーニョのスルーパスからチーロ・インモービレが裏に抜け出して放ったシュートくらい。記録上は第1レグが10本、第2レグが26本のシュートを放っているが、その大部分は敵DFラインの手前や角度のないところから強引に打ったもので、スウェーデンの守備を崩す場面はほとんど見られないままに終わった。
   
 スウェーデンの戦い方は極めてシンプルで分かりやすいものだった。コンパクトによく組織された4-4-2のブロックを自陣の深い位置に構築して最も危険な中央のスペースを潰し、高さと強さを武器にイタリアの攻撃をはね返して、奪ったボールは前線に放り込むという「モダンなカテナッチョ」を徹底的に遂行したのだ。ヨーロッパでよく使われる言い方をすれば、「ゴール前にバスを停める」というやり方である。
 
 ところがイタリアがやったのは、そのスウェーデンに対して、サイドからクロスの雨を降らせて、ゴール前で待ち受ける屈強な大型DFにはね返されるというループを延々と繰り返すことだけだった。スウェーデンがそういう戦い方しかできないことが分かっていながら、それを打ち破る対策を用意するどころか、自ら相手の注文通りの戦い方を選んでその術中にはまったのだから、敗れるべくして敗れたとしか言いようがない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ