【セルジオ越後】6日のタイ戦、勝てなかったら監督解任。誤審騒動で問題をすり替えるな

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年09月02日

日本の立ち位置を知るためのチームとの対戦が組めず。2次予選はなんとなかったが、もはや誤魔化しは効かない。

ハリルホジッチはかなり精神的にダメージを受けていた感じがした。選手よりもコンディションが気掛かりだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ロシアワールドカップ・アジア最終予選が始まった。日本はUAEにホームで敗れる最悪のスタートを切ってしまったね。怪我人が相次ぐなかでいくつかの試みがされた結果、日本の選手層が薄くなってきていることが証明されるような内容になってしまったね。

【W杯最終予選PHOTO】日本 1-2 UAE|本田の先制ゴールも痛恨の逆転負け

 残念だったのは、なんとしても勝ってやろうという意気込みが、UAEのほうが強く感じられたこと。日本協会のサポート態勢もお粗末だったと言わざるを得ない。

 明らかに準備不足だった。相手は国を挙げて、スペインと中国で2か月以上のキャンプをしてきた。もちろん、そこまでやる必要はないだろうけど、日本協会からはまったくと言っていいほど、危機感が感じられず「なんとかなるだろう」という空気が漂っていた気がしてならない。
 
 加えてコンディションの問題はあったとしても、アジアカップでUAEに負けた時よりも内容が酷かったことも気になったね。
 
 ブラジル・ワールドカップで惨敗を喫したあと、日本の立ち位置を知るためのチームとの対戦が、まったくと言っていいほど組まれてこなかった。だから、どれぐらい成長しているのか、それとも伸びていないのか、ずっと五里霧中のままだった。それでも2次予選はなんとなかった。でも、もはや誤魔化しは効かなくなったということだよ。
 
【関連記事】
【日本1-2UAE|採点&寸評】岡崎は点取り屋として落第点。香川も怖さを与えられず、100試合の長谷部も…
【日本代表】幻に終わった同点ゴールは浅野のミス!?
金田喜稔がUAE戦を斬る!「サイドをなぜ上手く使えなかったのか、疑問が残る敗戦だ」
【日本代表】本田へのアシストは「そこらへんに蹴っておけば、なにかが起こる」と清武。ただ決定機逸に「あれは決めないと」と反省
【韓国メディアの視点】衝撃の"敗戦・誤審"に韓国も騒然。一方で欧州組の衰えを指摘する声も
【プレー分析|香川真司】プレー回数は本田の半分。香川が“静か”だった要因は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト いよいよ大詰め!
    4月4日発売
    アーセナル、リバプール、
    マンチェスター・シティ
    プレミア3強 徹底解剖
    歴史的な三つ巴は最高潮へ!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ