金田喜稔がUAE戦を斬る!「サイドをなぜ上手く使えなかったのか、疑問が残る敗戦だ」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2016年09月02日

「まるでザックジャパン時代に戻ったようだった」

サイドを上手く使えていたとは言い難い。相手の視線を変えられなければ、いくらショートパスをつないでも中央突破は厳しいだろう。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 ロシア・ワールドカップのアジア最終予選の初戦、UAE戦は勝利が絶対条件の試合だった。それだけに残念しか言葉が出てこない。日本は相手にかなり分析されていたと思う。中央でショートパスをつないでシュートを狙う。だが、相手の選手は一切飛び込んでこなかったうえに、シュートコースにはしっかり身体を寄せていた。

【W杯最終予選PHOTO】日本 1-2 UAE|本田の先制ゴールも痛恨の逆転負け…
 
 序盤で特長を掴まれていると感じたが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も選手たちも試合を進めながら素早く修正を施さなければいけなかった。それに、両SBの酒井宏樹と酒井高徳が攻め上がった時に、なぜそこを上手く使えなかったのか疑問だね。
 
 日本は、UAEが守備を固めている中央でボールを動かすだけだから、相手の身体の向きを変えられない。つまりはDFの視野の中でしかプレーしていなかったことになる。これでは相手はすぐに慣れてしまう。日本はUAEにディフェンスリズムを作らせる手伝いをしてしまったんだ。
 
 本田圭佑や清武弘嗣にボールが渡った時に、攻撃参加した両SBにサイドチェンジしてピッチの幅を広く使う。そういったボールの散らしが必要だった。一発でクロスを上げなくてもいいんだ。それなら再びサイドを変えて、相手を左右に揺さぶって、走らせて、首を振らせて、身体の向きを変えさせる。そこまでするから、中央突破はより効果的になる。
 
 サイドと中央の、連動したコンビネーションが見られなかったのが、今日のゲームの課題だろう。もっともっと徹底してサイドを使うべきだった。そうしないとディフェンスにギャップは生まれない。どちらかだけでは不十分。相手は守備に人数を割いた分厚い守備をどう破るかって話になるんだよ。
 
 まるでザックジャパン時代に戻ったようだった。自分たちのサッカーに固執し過ぎて、ボールを回しているのでなく、回させられている。W酒井を上手に使えなかったのは、信用していないからだろうか。もし内田篤人や長友佑都があのポジションにいたら、シンプルにパスしていたんじゃないかな。
【関連記事】
【ハイライト動画】日本1-2UAE|本田が先制点を挙げるも、セットプレー2発で逆転負け
【日本1-2UAE|採点&寸評】岡崎は点取り屋として落第点。香川も怖さを与えられず、100試合の長谷部も…
【セルジオ越後】6日のタイ戦、勝てなかったら監督解任。誤審騒動で問題をすり替えるな
【日本代表】UAE寄りの判定にハリルも怒り心頭。「ラインを越えたら普通はゴールだ」
【日本代表】幻に終わった同点ゴールは浅野のミス!?
長谷部が歴代6人目の代表通算100試合出場へ。気になる通算出場数トップ10は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ