【サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評】MOMは1得点・2アシストの清武。岡崎、長谷部の働きも見逃せないが、4-4-2で柏木は“消えた”

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2016年03月24日

ほとんどピンチのなかった守備陣だが、細かいミスが散見。

【警告】なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】清武弘嗣(日本)

画像を見る

香川のCKにヘッドで合わせて追加点。吉田の高さはセットプレーでも活きた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【日本代表・総評】6
 中盤がダイヤモンド型の4-4-2システムで臨んだアフガニスタン戦では、ハリルホジッチ監督の“予告どおり”グラウンダーのパスで崩すサッカーを実践。しかし、30分過ぎまでは最終局面──特にクロスの精度を欠いてゴールに結び付けられなかった。

 チームとしてあまり上手くいかなかった証拠に、プレーが止まった28分には先発11人がピッチ中央で円陣を作って話し合う光景も見られた。

 後半はある程度狙った形が見えたが、上出来とは言い難い。なにより気になったのは、インサイドハーフの柏木が消える時間帯が多かった点だろう。

【マッチレポート】日本 5-0 アフガニスタン

【PHOTOハイライト】 岡崎が衝撃の先制弾、清武1得点・2アシスト

 
【個人採点・寸評】
[GK] 
23 東口順昭 6
ピンチらしいピンチは19分のCKくらい。見せ場はなく、可もなく不可もなしという評価だ。無失点に抑えたのが唯一にして最大の収穫。

[DF]
5 長友佑都 6
49分のボレーは打ち損ねた。とはいえ、全体的には安定。5分に素早い帰陣でカウンターを阻止した守備はハイライトのひとつだ。
 
6 森重真人 6
柔らかい足技でビルドアップに関与。CKからヘディングシュートを放つなど攻撃面でアピールした。及第点の「6」には届くだろう。
 
19 酒井宏樹 6
19分にクリアミスからCKにしたのは減点対象も、64分にクロスからオウンゴールを誘発して帳消しに。ただ、クロスの質は高めたい。
 
22 吉田麻也 5.5
開始直後にあっさり股抜きされ、20分には組み立ての局面で寄せられそうになるシーンも。後半に1ゴールも、守備では小さなミスが目に付いた。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ