岡崎を変えた「チームの勝利」から「俺のゴール」への意識改革

カテゴリ:海外日本人

田嶋コウスケ

2016年03月23日

「以前は、チームのことを考え過ぎて疲れていた」(岡崎)

クリスタル・パレス戦ではゴールはなかったものの、屈強なDF陣にも当たり負けせず相手ゴールに迫るなど、プレーの節々で成長を感じさせた。 (C) Getty Images

画像を見る

 レスターが、また一歩タイトルに近づいた。
 
 3月19日(現地時間)に行なわれたプレミアリーグ第31節のクリスタル・パレス戦で1-0の勝利を飾り、2位トッテナムと勝点5差での首位をキープしたのだ。
 
 試合後、岡崎慎司は「優勝への重圧? チームメートが普段通り過ぎて、ホント、プレッシャーをあまり感じない奴らなのかなと思っています」と笑っていたが、残り試合は7となり、ついに頂点が見えてきた。
 
 今週、リーグはいったん中断し、国際マッチウィークを迎える。岡崎にとって、約4か月ぶりの日本代表戦である。キャプテンを務めながらPKを失敗した昨年11月のカンボジア戦(ワールドカップ2次予選)以来の代表戦となるが、振り返ってみると、当時の岡崎はレスターで苦戦を強いられていた。
 
 10月24日の10節・クリスタル・パレス戦から4試合連続でベンチスタート。13節のニューカッスル戦では得点を挙げたが、これも途中出場であり、15節のスウォンジー戦では出番すらなかった。
 
「ベンチに行ったり、ベンチのまま試合に出なかったりと、色々な経験をした」と岡崎は振り返る。当時の彼の立ち位置は、「準レギュラー」だったのだ。
 
 このままではいけない──と危機感を覚えたのだろう。状況を打破するため、岡崎はプレーの比重を「献身的なプレー」から、「ゴールを奪うこと」に傾けるという“意識改革”を年末に行ない、ここから上昇気流に乗った。
 
 この心境の変化について、彼は以下のように述懐している。
 
――ブラジルW杯で疲れて、アジアカップで負けて……。なんか「失った」というか、「次の世代へ」みたいな気持ちが出ていた自分が、プレミアにいる選手のすごいモノを見て、「俺もやれるやん」って気持ちになった。
 
 でも、チームでは自分にパスが回ってこない。だから、(チームメートに)怒ったりもした。
 
 結果を出さなければ、プレミアでは上に上がれない。同時に、結果さえ出せば、という気持ちもあった。だから、またサッカー選手として燃えてきた感じ。
 
 以前は、チームのことを考え過ぎて疲れていた。「どうやったら勝てるのか?」みたいな。でも、どうやったら自分が上にいけるのか、どうやったら活躍できるのか。チームの勝利の前に、(自分が)チームを勝ちに持っていけるかどうか、ということが大事だって思うようになった。
 
 だから今、「チームが勝つために」とは、あまり考えてない。それよりも、俺が活躍できるかどうか。「俺が点を取りたい」という気持ちが強い。そんな自分の後ろ姿を見て、若い奴がついて来てくれればいいと思う。――

前半戦はベンチを温めることも少なくなかった。苦しい時期を経て、いかに「フォア・ザ・チーム」の精神を体現するかを、岡崎は知ったようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

【関連記事】
【日本代表】ミランと代表での“異なる役割”を本田圭佑は歓迎。「新しい発見があるかもしれない」
【ドイツ代表】熟成させてきた戦い方にどれだけバリエーションを加えられるか。ゲッツェの奮起にも期待!
【日本代表】ブレイクの予感漂う原口元気が考えるトップ下起用への“答”。「言葉よりもピッチで表現する」
【日本代表】香川がハリルホジッチ監督に指摘された「足りないもの」とは?
【スペイン代表】EURO本大会で前線とゴールマウスに立つのは? テストマッチではアドゥリスとデ・ヘアの出来に注目
【イングランド代表】EUROに向けた“最終オーディション”で初招集ドリンクウォーターやケイン&ヴァーディーの共存を試行!?
【日本代表】岡崎の“ぶっ飛んだ”ゴールがハリルジャパンをより高みに導く
レスターが2試合連続完封勝ち! 岡崎も代表戦に向けて成長示す――クリスタル・パレス 0-1 レスター
本田、岡崎が好調を維持!――日本代表メンバーの近況レポート|欧州組編

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ