• トップ
  • ニュース一覧
  • 【日本代表】華麗な先制点を決めた岡崎慎司。今や本田圭佑や香川真司に代わる「日本の新たな象徴」に

【日本代表】華麗な先制点を決めた岡崎慎司。今や本田圭佑や香川真司に代わる「日本の新たな象徴」に

カテゴリ:日本代表

2016年03月25日

極上のゴールを決めても口にする「物足りなさ」が充実ぶりを際立たせる。

2トップに手応えを感じた岡崎。所属するレスターと同様に1.5列目の役割を担い、縦横無尽にピッチを走り回った。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 泥臭いプレーを身上とする岡崎慎司が、“らしくない”プレーを見せた。

 0-0で迎えた43分、清武弘嗣の縦パスを受けた岡崎は、右足でトラップすると同時に身体を巧みに反転させて前を向くと、ボール奪取を図った相手を股抜きでかわし、GKの位置を冷静に見極めて左足で流し込んだ。

【マッチレポート】日本 5-0 アフガニスタン

【PHOTOハイライト】 岡崎が衝撃の先制弾、清武1得点・2アシスト

 
 華麗と呼ぶにふさわしい一連のプレーは、イングランドのプレミアリーグで練磨を続けた成果だろう。安定したポストプレーで攻撃の起点になったかと思えば、機を見てゴール前に顔を出し、シュート体勢を常に確保。金崎夢生をはじめ、他の選手が冷静に岡崎の動きを感じていれば、2点目を決めていた可能性は高い。

 もっとも、極上の一撃を叩き込んだ岡崎だが、試合後には「シュートはあれだけしか打っていないので、その点に関して言えば物足りなさがある」と反省を口にしている。

 背番号9が饒舌に語ったのは、芸術的なゴールではなく、2トップについてだ。

「2トップをやってみたいと思っていたし、その喜びがあった。みんなの距離が近くて、楽しみもあった。新鮮な気持ちで2トップに取り組んだし、今後もダイナミックにやれる予感を感じた」

 初めて2トップを組んだ金崎との補完性は極めて良好だ。ともにピッチを縦横無尽に動き回るタイプでありながら、金崎が前線で動き回れば、岡崎は所属するレスターと同様、1.5列目の役割を担った。「2トップになると、監督から『下がってくるな』とうるさく言われないし、誰かひとりが前に残っていればよくて、今日はムウが真ん中にいた」と振り返る。

「キヨと俺のふたりが2シャドーのような形になった時は、良い形ができた」と一定の手応えを掴んでおり、岡崎と金崎の2トップは今後もテストする価値がありそうだ。
【関連記事】
【日本代表】“9本”打ちまくった金崎。その貪欲さを滝二先輩の岡崎も「日本にとって大きい」と評価
【セルジオ越後の天国と地獄】長友や吉田は必要なかった。ハリルホジッチは慎重すぎたね
【日本代表】「自分の良さは出せた」 原口元気が守備で手応えを掴むも、攻撃面での本音は…
【日本代表】長友佑都が“トップ下・清武”を称える。「キヨの技術がFWふたりを活かした」
【サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評】MOMは1得点・2アシストの清武。岡崎、長谷部の働きも見逃せないが、4-4-2で柏木は“消えた”
【日本代表】伸び悩む観客動員、代表人気に陰り? アフガニスタン戦の観客動員数は「歴代ワースト6位」<埼スタ・代表戦観客動員数ランキング付き>
【日本代表】“1ボランチ”で奮闘、長谷部誠が語った「ダイヤモンドの手応えは…」
【サッカーダイジェストの視点|アフガニスタン戦】シンガポール戦が頭をよぎった“嫌な雰囲気の正体”

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ