【J1採点&寸評】柏2-3大分|MOMはFK弾含む全得点に絡んだボランチ!2得点を演出した三竿雄斗にも最高評価

カテゴリ:Jリーグ

鈴木潤

2021年12月05日

柏――決定機を仕留めきれない展開に

【警告】柏=なし 大分=なし
【退場】柏=なし 大分=なし
【MAN OF THE MATCH】下田北斗(大分)

画像を見る

[J1リーグ38節]柏2-3大分/12月4日(土)/三協フロンテア柏スタジアム

【チーム採点・寸評】
柏 5.5

立ち上がりから後手に回り、何もできなかった前半。ハーフタイムの二枚替えとシステム変更で主導権を奪い返し、一度は同点に追いついたものの、決定機を仕留めきれずに逆転に持ち込めない勝負弱さ。2021年シーズンを象徴する試合だった。

【J1第38節 PHOTO】柏 2-3 大分|柏がホーム最終戦を勝利で飾れず。セレモニーで来季の飛躍を誓う

【柏|採点・寸評】
GK
17 キム ・スンギュ 5.5

3失点自体はいずれもノーチャンスだった。むしろキム・スンギュの数度の好セーブがなければ、より多くの失点を献上していた可能性は否めない。

DF
25 大南拓磨 5.5

ポジションをウイングバックに上げた後半は躍動感を見せ、反撃の狼煙となる得点にも絡んだ。しかし守備では三竿、野嶽の動きに翻弄されて背後を取られる場面が目についた。

3 高橋祐治 5
1失点目はもっとも危ないスペースを埋めきれず、3失点目も三竿への対応が遅れてワンツーによる抜け出しを許す。
 
4 古賀太陽 5
立ち上がりからボールの処理で不安定さがあった。1失点目、3失点目とも瞬間的に呉屋に剥がされたことが致命傷となった。

2 三丸 拡 5
左サイドを攻め上がってもクロス精度を欠き、3失点目では増山を捕まえきれずにゴール前への侵入を許した。

MF
27 三原雅俊 5(HT OUT)

ドッジ同様、流動的な大分の中盤の動きを捕まえることができず、ビルドアップや攻撃面でもバランサーの役目を果たせなかった。

22 ドッジ 5(HT OUT)
流れに応じて立ち位置を変える大分の動きに対してマークを掴みきれていなかった。攻撃ではイージーなパスミスが2失点目を与えるFKにつながってしまう。

【動画】下田北斗が全得点に絡む活躍!柏vs大分戦ハイライト
【関連記事】
「ダミアンも大然もおめでとう」白熱の得点王争い!最終節の結末に横浜&川崎サポーターも2人を祝福
「なにこれ感動」村上主審、最後のイエローカードは槙野智章に。「Jリーグが誇っていい光景」
大分が片野坂監督の退任を発表「J2降格という結果は大変重く感じており…」指揮官との6シーズンにファンは感謝
「やっぱ別格」「6試合しかやってないのに…」元柏のオルンガ、ACL得点王に輝く! GL敗退も9ゴールをゲット
ダミアンvs前田大然、得点王レースは同点決着! 互いに1発ずつで今季23ゴール!横浜vs川崎は1-1ドロー

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ