ダミアンvs前田大然、得点王レースは同点決着! 互いに1発ずつで今季23ゴール!横浜vs川崎は1-1ドロー

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月04日

ダミアン先制弾、前田が同点弾!

互いに今季23ゴールとしたレアンドロ・ダミアン(左)と前田大然。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは12月4日、各地で最終節の10試合を開催。日産スタジアムでは、2位の横浜F・マリノスと王者・川崎フロンターレの一戦が行なわれ、1-1で引き分けた。

 37節を終了し、ともに22点の前田大然とレアンドロ・ダミアンが得点王レースのトップに並び立つ。今季最終戦で互いのエース、どちらが得点王を獲得するのかが注目のポイントとなった。

 前半は両者ともに激しい球際の攻防から、スピーディな攻撃でゴールに迫るものの、得点には至らない。スコアレスで前半を折り返す。

 すると、後半は互いに役者がゴールを奪い合う。まずは67分、川崎はカウンターから家長昭博が右サイドを破ると、中央へ柔らかいクロス。これをレアンドロ・ダミアンが高い打点から叩きつけたヘディングシュートでネットを揺らす。得点王レースで一歩前に出るL・ダミアンのゴールで川崎が先制する。

 しかし横浜は74分、セットプレーから左サイドへ展開。エウベルがグラウンダーのクロスを供給すると、中央で待ち構えた前田が左足で合わせ、ネットを揺らした。横浜が同点に追いつき、得点王レースでも前田が追いついた。

 
 その後も互いに決定的なチャンスはあったものの活かせず、試合は1-1で終了。得点王レースも23ゴールずつで同点決着となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
【2021-22移籍動向一覧】J1の新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
セレッソ大阪が「大久保嘉人が選ぶメモリアルゴールTOP5」を発表!最終節・清水戦でラストゴールは生まれるか?
大久保嘉人が選ぶJ歴代ベスト11「憲剛さんは“別格”。ヒデさんは強烈だった」
柿谷曜一朗ら豪華メンバーが集結! 乾貴士が現役引退“シャケさん”を囲んだセレッソファミリー写真を公開!「友情にあっぱれ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ