「なにこれ感動」村上主審、最後のイエローカードは槙野智章に。「Jリーグが誇っていい光景」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月04日

「やっぱサッカーファミリーっていいよな」

今季限りでトップリーグ担当審判員から勇退する村上氏。最後は選手たちに胴上げをされ、ピッチを後にした。写真:塚本凛平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 名レフリーが最後の試合を終えた。その後の光景が反響を呼んでいる。

 長きにわたり、Jリーグの試合で主審を務めてきた村上伸次審判員が、今シーズンでトップリーグ担当審判員から勇退。ラストマッチは、12月4日に行なわれたJ1リーグ最終節、名古屋グランパス対浦和レッズの一戦だった。

 試合は0-0のスコアレスドローで決着。村上審判員がピッチを去ろうとする際には、両チームの選手たちが花道を作る。

 その列の最後には、ユニホームを脱いだ浦和の槙野が立ちはだかる。アンダーシャツには、「村上さんの笑顔が僕たちを気持ちよくプレーさせてくれました。最高のレフェリングをありがとう! おつかれさまでした」のメッセージ。

 粋な計らいを見せる槙野に、この日の主役はイエローカードを提示。会場が沸き、周りにいる選手たちにも笑顔が広がる。
【動画】「Jリーグが誇っていい光景」村上伸次審判員、最後の雄姿
 そして、両チームの選手たちによって、村上審判員を胴上げ。これまで主審を務めた公式戦は、J1は307試合、J2は195試合、J3は3試合、天皇杯は45試合、リーグカップは64試合。大役を務め上げた男は、何度もお辞儀をして、ピッチを後にした。

 Jリーグの公式ツイッターが、リスペクトにあふれたこの“セレモニー”を公開すると、「本当にお疲れ様でした!」「いいリーグだなー」「ちゃんとイエローカード出しているのがいいな」「やっぱサッカーファミリーっていいよな」「こういう時の槙野さん好き」「Jリーグが誇っていい光景」「なにこれ感動…」「選手に胴上げされる審判ってなかなかいないと思う」といったコメントが寄せられた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!
 
【関連記事】
「クレイジーだ」マンU主将の冨安健洋への行為をアーセナル伝説OBが糾弾!「経験のある選手がすることか」
「右サイドのファン・ダイク」マンU戦の冨安健洋に絶賛の声やまず!「サンチョとラッシュフォードを沈黙させた」
「髪の毛の寄付です」川澄奈穂美がヘアドネーションでショートボブに!「長澤まさみさんと間違えないように」
「ダミアンも大然もおめでとう」白熱の得点王争い!最終節の結末に横浜&川崎サポーターも2人を祝福
【J1残留争い】生き残ったのは清水と湘南。徳島はホームで広島に敗れ、J2降格が決定

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ