森田将義 新着記事

浦和内定の京都橘FW木原励が高校No.1ストライカーと呼ばれる所以は?プロも唸らせる「動き出し」と「成長力」

 来季から浦和レッズに加入する京都橘のFW木原励(3年)の入団内定会見が19日に行なわれた。会見には木原、米澤一成監督、安田文彦校長、西野努テクニカルダイレクターが出席。木原は「自分が小さい頃か... 続きを読む

“関西の注目アタッカー”泉柊椰&木村勇大はなぜ大学3年でプロ入りを決めたのか? 練習参加が両者の心を動かす

 Jクラブによる大卒選手の獲得競争が激しさを増していくなかで、近年、内定を出す時期が早くなってきている。 今年3月には、大宮アルディージャが大学3年生になる直前だったDF鈴木俊也(早稲田大)の2... 続きを読む

「このチームなら成長できる」J2岡山でのプロ入りが内定! 米子北・佐野航大が地元クラブへの加入を決意したワケ

 J2ファジアーノ岡山は10月13日、米子北高のMF佐野航大の来季加入が内定したことを発表した。 岡山県津山市出身の佐野は加入にあたって、「プロになるからには、開幕スタメンが目標。1年目からコン... 続きを読む

【総体3回戦】三重高が突き付けられた“力の差”。大きな収穫を手に目指すは選手権「冬に向けて何倍も進化したい」

[インターハイ3回戦]東山2-1三重/8月18日(水)/日東シンコースタジアム丸岡サッカー場 三重高にとっては、2年前に就任したOBである徳地俊彦監督の体制となってから初めての全国大会。これまで... 続きを読む

【総体2回戦】「まだ何も恩返しができていない」無念のAT逆転負け。“恩返し”を誓った立正大淞南の「夏はまだ終わっていない」

[インターハイ2回戦]立正大淞南1-2徳島市立/8月16日(月)/テクノポート福井総合公園芝生広場 後半7分に先制しながらも、アディショナルタイムの2失点で逆転負け。「本当に勿体なかった。チーム... 続きを読む

【ライターに訊くパリ五輪予想布陣】チームの核は世代筆頭格の鳥栖ボランチ! 尚志高の規格外DFも

 現在U-24日本代表が躍進を続けている東京オリンピック。ここから3年後、2024年にはパリ五輪が開催される。 若い選手の台頭が著しい日本サッカーにおいて、次にどんな有望な選手が日の丸を背負うこ... 続きを読む

高校屈指の本格派FW、阪南大高FW鈴木章斗の来季湘南入団が内定! 大迫を彷彿させる“半端ない男”の進化と全貌

 J1の湘南ベルマーレは7月22日、阪南大学高校のFW鈴木章斗(3年)が2022年シーズンから加入すると発表した。東京五輪に挑むU-24日本代表MF遠藤航(シュツットガルト)を筆頭に、多くのタレ... 続きを読む

J複数クラブも注目した逸材が家長昭博の後継者に? 王者・川崎に入団内定した興國高の左利きアタッカーはいかなる選手か

「プロに行きたいという気持ちはずっと思っていたけど、まさか本当になれるとは思わなかった」 そう口にするのは、16日に来季から川崎フロンターレに入団されることが発表された興國高のMF永長鷹虎(3年... 続きを読む

【プレミアリーグWEST展望】タレントを揃える名古屋、鳥栖、G大阪などが優勝候補。風間氏を迎えたC大阪も注目!

 高校年代最高峰のリーグ戦「高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2021」が4月3日(土)と4日(日)に開幕した。WESTは、チーム関係者に新型コロナウイルスの陽性反応が判明したセレッソ... 続きを読む

アビスパ福岡、甲南大DF井上聖也の加入内定を発表!元神戸の柳川監督も太鼓判を押す大型CBの潜在能力とは?

 J1のアビスパ福岡は12日、甲南大DFの井上聖也(4年)が2022年シーズンから加入することが内定したと発表した。県立西宮高の出身の井上は187cmの大型CB。今年1月に開催された『#atar... 続きを読む

J内定&プロ入り有力選手が目白押し! 大学生の地域選抜対抗戦「デンチャレ」ベスト11をピックアップ!

 大学生の地域選抜チームが日本一をかけて戦う第35回デンソーチャレンジカップ熊谷大会(デンチャレ)が3日から7日にかけて行なわれた。大会屈指のタレントが揃った関東選抜Aの優勝で終わったが、他の選... 続きを読む

京都橘高でライバル関係だった同期GK2名が大学経由でプロ入り!「まさか二人とも行けるとは…」

 1月18日、京都橘高が大学経由でJリーグへと進むGK矢田貝壮貴(大阪体育大→AC長野パルセイロ)とGK西川駿一郎(京都産業大→アスルクラロ沼津)の合同記者会見を行なった。 続きを読む

“斬新なマンマーク”に困惑…青森山田キャプテン藤原優大が決勝の舞台で痛感した課題とは?【選手権】

[高校選手権 決勝]山梨学院2(4PK2)2青森山田/1月11日(月・祝)/埼玉「昨年の準優勝から1年間やってきた中で、『また準優勝かよ』という気持ちが一番強い」 試合後のオンライン会見で、青森山... 続きを読む

2年連続ベスト4敗退も…帝京長岡、OB監督が振り払った“昨年の面影”【選手権】

[高校選手権 準決勝]山梨学院2(3PK1)2帝京長岡/1月9日/埼玉 阿吽の呼吸で繰り出すコンビネーションでの崩しを見せたと思えば、テクニカルなドリブルで相手DFを翻弄しシュートまで持ち込む。見... 続きを読む

【選手権展望】山梨学院vs帝京長岡|優勝に王手をかけるのは”打たせない守備”か? “息の合った攻撃”か?<準決勝 第1試合>

選手権準決勝・第1試合山梨学院(山梨)vs 帝京長岡(新潟)1月9日(土)/12:05/埼玉スタジアム2002 山梨学院(山梨)が初出場初優勝を果たした2009年度以来のファイナル進出を果たすのか... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ