森田将義 新着記事

Jスカウト注目、東福岡の新10番・荒木遼太郎が桐光学園の怪物FWや鳥栖の新鋭を意識するワケ

 新たな役割に葛藤しながら、これまでとは違った輝きを放っている。東福岡の新主将、MF荒木遼太郎(2年)だ。  3月17日まで行なわれた「サニックス杯」において、“赤い彗星”... 続きを読む

青森山田に超新星現わる!! 黒田監督が早くも未来の10番に指名する新1年生の正体

 高校年代の強豪13チームと海外の3チームが凌ぎを削る「サニックス杯 国際ユースサッカー大会2019」が、3月14日に福岡県宗像市のグローバルアリーナで開幕した。  オープニングマッチに登場したのは... 続きを読む

【デンソー杯】久保建英に負けられない!FC東京入団内定、“法政大のメッシ”が描くサクセスストーリー

 地域選抜7チームと全日本大学選抜が頂点をかけて争う、大学サッカーの地域対抗戦、『デンソーカップチャレンジサッカー』。今年は3月1日から3日にかけて大阪府堺市のJ‐GREENで開催された。  大会... 続きを読む

【九州新人大会】注目の逸材から無名の成長株まで、大会ベストイレブンを選出!

 新シーズンの訪れを告げる第40回九州高校(U-17)サッカー大会の決勝戦が19日に行なわれ、鹿児島城西が大津に1-1からのPK戦(5-4)の末に勝利し、8年ぶりに九州王者となった。 九州・沖縄... 続きを読む

鹿児島城西が九州新人大会を制覇!! 苦難の1年を乗り越え、復活の狼煙を上げる!

 九州・沖縄の新人大会で上位2校に入った16チームが鎬を削る九州高校(U-17)サッカー大会。今年は熊本県内で16日から4日間に渡って開催され、鹿児島城西が8年ぶりの頂点を掴んだ。  強豪の復権を... 続きを読む

【選手権】突然の主将交代、涙の二人ミーティング… 青森山田を支えた守護神とエースの物語

[高校選手権・決勝]青森山田3-1流経大柏/1月14日/埼玉  青森山田の優勝の背景には、選手権の直前に断行されたキャプテン交代があった。プレミアリーグの優勝争いに絡みながらも、16節から2試合は... 続きを読む

【選手権】快勝劇を演出した流経大柏のエースキラー。青森山田との対決を「楽しみ」と心待ちにするワケは?

[高校選手権・準決勝]流経大柏5-0瀬戸内/1月12日/埼玉 流経大柏が決勝までの4試合で許した失点はわずかひとつ。本田裕一郎監督の「トーナメントはまず守備から」という考えを忠実にこなしているの... 続きを読む

【選手権】安部裕葵のような逸材を擁さずとも――。弱者から生まれ変わった瀬戸内が難敵・流経大柏に挑む!!

 初出場でベスト4進出。瀬戸内が今大会で達成した偉業を聞く人が聞けば、ダークホースと思われるかもしれない。ただ、1月12日に行なわれる準決勝までの組み分けを見ると本命不在の山を引き当てたため、思... 続きを読む

【選手権】初出場で4強進出!瀬戸内を牽引する"小さなヒーロー"吉田寛太の輝きを見逃すな

[高校選手権・準々決勝]瀬戸内1-0日本航空/1月5日/フクアリ これまではボールを持ったら縦に速いサッカーが瀬戸内の定番だったが、今年度のチームはいつもとはちょっと違う。「身体が小さくてもテク... 続きを読む

【選手権】大逆転で8強入りした日本航空のエース!師岡柊生が狙う"さらなるサプライズ"と流経大柏へのリベンジ

[高校選手権・3回戦]丸岡2-3日本航空/1月3日/駒沢 2試合連続で無得点となったが、前線で見せたプレーはエースとしての貫禄は十分。埼スタ行きがかった準々決勝での爆発に期待を抱かせたのが、日本... 続きを読む

【選手権】長崎総科大附の6人が試合前日に丸刈り!! 先導役の湘南内定・鈴木冬一がその想いを激白!

[高校選手権・2回戦]長崎総科大附1-0浜松開誠館/1月2日/NACK  長崎総科大附のスタメンに並んだ綺麗な坊主頭は4人。「俺がやらせたと思われるから、やめてくれよって言ったんです。(坊主頭を)... 続きを読む

【選手権】3点に絡む活躍で快勝に貢献!立正大淞南の俊英FWが受け継ぐ「エースの宿命」と「伝統のレガース」

[高校選手権・1回戦]岐阜工0-4立正大淞南/12月31日/等々力  立正大淞南のエースFW藤井奨也(3年)が2ゴール・1アシストの活躍を見せ、チームを快勝に導いた。  本来は2トップの一角に入る選... 続きを読む

【プレミア・プレーオフ】来季昇格の大宮エースが殊勲弾!クラブユース得点王がFWにこだわらないワケは?

 小学校5年生からアルディージャ一筋。来季からのトップ昇格が決まり、将来のバンディエラ候補と目されている大宮アルディージャユースのFW吉永昇偉(3年)が、プレミアリーグ参入をかけた一戦で実力の片... 続きを読む

練習後の補食で体重が1.5キロ増!?高校サッカーの強豪校が取り組む食事改革の舞台裏

 求められるタスクが多い現代サッカーは、90分最後まで走り切れるのが当たり前。フィジカルコンタクトも多く、よりアスリート的な要素が求められるようになっている。これに伴い高校サッカーでもフィジカル... 続きを読む

ガンバ内定の即戦力DFから高校選手権の英雄まで! 関西圏の来季大卒加入の逸材たちを総チェック!!

 今季も続々と新卒選手の入団内定が発表されている。大学組ではU-21日本代表の小島享介(早稲田大→大分)や世代別代表歴を持つ鈴木徳真(筑波大→徳島)らが来季のプロ入りを勝ち取... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ