エル・パイス紙 新着記事

選手もフロントも一流の人材がいないバルサの“根深い闇”を番記者が明かす。「成功に溺れて学ぶことを止めた」【現地発】

 レアル・マドリーは加速が止まらず、バルセロナはエンジンがかからない。昨年3月にカンプ・ノウへの帰還を果たして以来、ジョアン・ラポルタが即興的に物事に対処しているのに対し、フロレンティーノ・ペレ... 続きを読む

本人もシャビもバルサ経営陣も残留を望んでいるF・デヨング。ではなぜ“売り”に出されているのか。番記者が裏側に迫る【現地発】

 フレンキー・デヨングは、困惑し、そして落胆している。理由はバルセロナが移籍の扉を開いたからだ。「歴史に名を残すような選手になってほしいと期待されて入団した選手が、今や邪魔者扱いだ」。クラブ関係... 続きを読む

なぜマドリーはCLで勝ち続けられるのか。「勝利こそが戦術」だからスタイルを巡る細かい論争は存在しない【現地発】

 レアル・マドリーは、本来あるべき姿以上の強さを押し付ける。パリ・サンジェルマン、チェルシー、マンチェスター・シティとの死闘を制し、決勝に進出した時点で、運命はもう決まっていた印象すらあった。何... 続きを読む

控えを受け入れるか、退団するか。シャビ監督の要求を拒否したピケ。「レギュラーの座を脅かす補強はしない」という暗黙のルールも…【現地発】

 バルセロナのジェラール・ピケの去就が騒がしくなってきた。きっかけは、2週間前のシャビ監督との2者会談だった。その場でピケは新シーズン、チーム内での役割がドラスティックに変わると宣告された。 昨... 続きを読む

不確定なバルサを浮き彫りにしたガビの契約延長交渉。シャビが要求する“本物”の補強と大量放出は進むか【現地発】

 バルセロナがチャンピオンズ・リーグ(CL)の出場権を獲得し、バカンスに突入する前のことだ。シャビ監督はジョアン・ラポルタ会長に「今夏、きちんとした補強をしなければ、来シーズン、どんなことがあっ... 続きを読む

ジダンが売却を望んだヴィニシウスの覚醒。なぜ前指揮官は冷遇したのか【現地発】

 ヴィニシウス・ジュニオールが伝説として語り継がれるゴールを決め、レアル・マドリーのチャンピオンズ・リーグ(CL)史における最もノーブルなゾーンに足を踏み入れたその夜、スタッド・ド・フランスのス... 続きを読む

リバプールさえも屈したマドリーの「得体のしれない強さ」。もはやCL決勝では「勝って当たり前」という無敵感すら…

 チャンピオンズ・リーグ(CL)において、レアル・マドリーほど信頼性の高いチームはない。対戦相手や試合会場を問わず、自分たちがチャンピオンであるという確たる信念を持ってプレーする。劇的な逆転劇の... 続きを読む

なぜクロップは敗北からさらに強いチームを作れるのか。旧知の関係者の言葉から読み解く。「傑出しているのが…」

「傑出しているのが負けた後の切り替えだ。興味深い現象だよ」 ユルゲン・クロップの自伝、『ノーマル・ワン』の著者、ラファエル・ホーニクシュタインがこう評するように、リバプールの現指揮官は、失敗を糧... 続きを読む

「リベンジという表現は強すぎる」リバプールFWマネがマドリーとの再戦を前に語った本音。「うちはプレッシングだけじゃない」【インタビュー】

 今シーズンのFAカップとUEFAカップを制したリバプールは現地5月28日、3冠を懸け、パリ近郊サンドニのスタッド・ド・フランスで開催されるチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝で、レアル・マドリー... 続きを読む

スキャンダルがピッチ上のプレーには全く影響しないピケ。ブーイングを浴びても“実業家”であり続ける【現地発】

 フットボールは社会現象の一つだ。ボールの行き来がエキサイティングであったり、退屈であったりする以上に、多くのことが起こっている。 このフットボールの絶大な影響力を誰よりも理解しているのがバルセ... 続きを読む

高度な組織力と優れた個性が融合した“最強”リバプール。不在だとそのサッカーが滅茶苦茶になる「絶品のテクニックと知性の持ち主」とは?

 網を張り巡らせるようにプレーする。フットボールにおいて連動性が勝敗を決するというのは本当に違いない。リバプールのプレーを見ていて改めてそう感じる。マイボール時に、11人が相手ゴールに向かって一... 続きを読む

マドリーには「諦める」という選択肢は存在しない。クラブの歴史を知らない外国人選手が増えた昨今では“奇跡”だ【現地発】

 チャンピオンズ・リーグ準決勝で顔を合わせたマンチェスター・シティとレアル・マドリーは、その第1レグにおいてフットボールならではの説明可能なものと不可解なものが共存する白熱した試合を繰り広げた。... 続きを読む

「底知れぬ可能性を秘める」D・アウベスがバルサに獲得を進言するブラジル代表FWとは?「メッシよりもボールを奪うのが難しい」

 アヤックスで売り出し中のアントニーがブラジル代表でも輝きを放っている。22歳の若者は、ワールドカップ予選のチリ戦(ブラジルが4-0で勝利)で2点目をアシストし、3点目に繋がるPKを獲得。チーム... 続きを読む

「試合に集中しろ」ヴィニシウスが抱える“覚醒したからこそ”の課題。アンチェロッティ監督は改善を試みるが…【現地発】

 スタープレーヤーは得てして対戦相手からの敵意を一身に受ける。レアル・マドリーのヴィニシウス・ジュニオールも例に漏れず、その覚醒が本物であると認識されるようになると、相手のファンのブーイング、相... 続きを読む

なぜオーバメヤンはバルサで復活できたのか。奇しくもアーセナル退団の要因となったアルテタの指導がプラスに「良好な関係ではなかったが…」【現地発】

 2020年9月、アトレティコ・マドリーにルイス・スアレスを “格安”で売却した後、バルセロナは急遽、後釜としてアーセナルのピエール=エメリク・オーバメヤンの獲得に動いた。... 続きを読む

海外日本人

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ