エル・パイス紙 新着記事

「強硬な態度に驚愕した」メッシと衝突した“ノビタ”の知られざる素顔「無能と見くびると、痛い目に遭う」【現地発】

「わたしは黙々と仕事をするタイプだ。軋轢のない調和した状態を保ちながら、一方的に指示を出すよりもコンセンサスを取りながら物事を進める。一流のエンジニアでも一流の経済学者でも一流の弁護士でもない。... 続きを読む

「メッシと同じだよ」バルサの育成担当者が語るアンス・ファティの凄さ。スペイン代表はこの17歳中心のチームに?【現地発】

 このインターナショナルウィーク期間中、スペイン代表でもっとも注目を浴びた選手のひとりがアンス・ファティだ。約1か月前のウクライナ戦(スペインが4-0で勝利)、そしてシーズン開幕以来のバルセロナ... 続きを読む

40年ぶりに補強ゼロのマドリー、ベイルとハメスを“タダ”で放出も1億ユーロを捻出!唯一の誤算は…【現地発】

 今月5日にクローズした移籍マーケットで、レアル・マドリーは実に40年ぶりに補強ゼロに終わった。言うまでもなくパンデミックによる財政難を乗り切るための施策の一環であるが、加えて既存選手の放出でお... 続きを読む

バルサは買い物下手、それ以上に売るのも下手。上層部は自画自賛も、クーマン監督は憤慨【現地発】

「コロナショックを考慮すれば、ラ・リーガ3強の中で、われわれがもっとも有意義な移籍マーケットの期間を過ごした。他のクラブが一体どんな補強と売却を行なったというんだ?(ロナルド・クーマン)監督が望... 続きを読む

「選手と監督の立場が逆転した」初戦で見えたクーマン・バルサの“明確な変化”とは?【現地発】

 ルイス・スアレスがバルセロナからアトレティコ・マドリーに移籍した。ラ・リーガにおいて今オフ最大のトレード劇の是非については様々な意見が出ているが、これは双方にとってポジティブなオペレーションだ... 続きを読む

「旧知の指揮官がガクを新プロジェクトの目玉に」レガネスはなぜ柴崎岳を獲得したのか? スペイン人記者に直撃!【現地発】

 ガク・シバサキ(柴崎岳)がレガネスと契約した。レガネスは昨シーズン、4年間死守してきた1部の座を失い、今シーズンから再び2部で戦うことになるが、目標は当然昇格だ。そしてその新プロジェクトの目玉... 続きを読む

圧倒的な強さでCLを制したバイエルン。ただ、テクニックや創造性はないがしろに…【現地発コラム】

 わたしがいくらバイエルン・ミュンヘンは大きなハートを持ったチームと意見しても、同意してくれない友人がいる。もちろん彼らの実力を認めてはいるが、その実践しているサッカーに不満の原因があるという。... 続きを読む

ネイマールをチーム戦術に組み込んだトゥヘルの「功罪」――天才を獲得したのは何のためか?【現地発】

 パリ・サンジェルマンのネイマールが、バイエルンとのチャンピオンズ・リーグ決勝敗退(0-1)後に流した涙は、どれほど懸命にチームメイトとともに優勝を目指して戦っていたかを物語っていた。 実際、ネ... 続きを読む

「これ以上留まれば…」メッシが“永遠のシンボル”を捨てた理由【現地発】

 リオネル・メッシがバルセロナからから飛んで行こうとしている。ブロファックスという飛行機で旅するよりも迅速なツールを利用したことは、それだけ今いる場所から逃げ去りたい気持ちが強いからだろう。 バ... 続きを読む

“清算王”バルトメウの罠にはまったメッシ「怒りに任せて判断を誤った」【現地発】

 バルセロナというクラブは何かにつけて物事が誇張される。年月の経過とともにその傾向は一層強まり、過去の事象を超えた型破りな騒動が起こる。しかも厄介なのはターゲットとなる選手の“格&r... 続きを読む

「クーマン就任やスアレス退団が原因ではない」メッシがシティとグアルディオラに未来を託す理由【現地発】

 リオネル・メッシがバルセロナ退団を決意した背景にあるのが、極度の負けず嫌いな性格だ。関係者もこう証言する。「レオは病的なほど負けることを嫌う。そんなときは部屋に閉じこもって、誰にも会おうとしな... 続きを読む

なぜメッシはバルサ退団を決断したのか?番記者が明かす舞台裏「不満の根底にあるのは…」【現地発】

 リオネル・メッシがバルセロナに対し退団の希望を伝えた。しかもブロファックス(スペインで書類を発送するために使用されるファックスサービス。文書や通知を証明する際に有効なツール)を送るという冷淡な... 続きを読む

バルサの新監督クーマンとはどんな指揮官なのか? これまでのキャリアから読み解く【現地発】

 新生バルセロナがロナルド・クーマンとともに歩みを始めた。現役時代から強気の性格で知られ、監督としても厳格なイメージが強いが、同時に周囲の人間に想像力と冒険心を掻き立てる愛嬌の持ち主でもある。「... 続きを読む

“移籍不可の7人公開”でメッシはフロントに激怒!「心が離れても退団できない袋小路に…」【現地発】

 クラブ史上初の欧州戴冠をもたらす得点を決めたウェンブリーの英雄、ロナウド・クーマンを新たに監督に迎えても、バルセロナとリオネル・メッシの心は離れたままだ。 就任会見の翌日、新指揮官は直接出馬し... 続きを読む

メッシの絶望と戦友たちの危機――高齢化と高年俸化が進むバルサの行く末【現地発】

「レオのサッカーに関する知識量は驚異的なものがある。プレーすることにしか興味がないように見えるがとんでもない」(ホルヘ・サンパオリ政権時代のアルゼンチン代表のチームスタッフ)「レオはサッカーを見... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ