エル・パイス紙 新着記事

バルサはなぜビルバオに敗れたのか? 大一番で露呈した問題点を番記者が指摘【現地発】

 ともに負けられない一戦だった。スペインには株式会社化していないクラブが4つ存在する。今回のスーペル・コパの決勝で顔を合わせたバルセロナとアスレティック・ビルバオは、レアル・マドリーとオサスナと... 続きを読む

なぜフィジカル重視のヘタフェが久保建英を獲得したのか? サイクルの終焉が迫る指揮官が決断した“方針転換”【現地発】

 ラ・リーガでコロナによる中断の影響をモロに受けたのがヘタフェだ。昨年3月に中断した時点で5位につけチャンピオンズ・リーグ出場権獲得を視野に入れていたが、再開を境に快進撃がストップ。その後の11... 続きを読む

なぜモドリッチは35歳で輝きを取り戻したのか? 関係者が証言する名手の素顔「病的なまでに…」【現地発】

 昨シーズン、レアル・マドリーがラ・リーガ制覇を果たした夜の出来事だった。一通りの優勝セレモニーが執り行われた後、ルカ・モドリッチはその日の対戦相手だったビジャレアルのサンティ・カソルラと2人で... 続きを読む

「こんな選手はそういない」久保建英から“居場所”を奪った驚異の18歳、ジェレミ・ピノとは何者か? なぜバルサの誘いを蹴ったのか【現地発】

「サッカーは待ってくれない。すぐに活躍する選手が求められる」 タケ・クボ(久保建英)のプレータイムが減少している理由を正当化するかのようなこのビジャレアルのウナイ・エメリ監督のコメントは、同時に... 続きを読む

「選手といざこざがあってもここでは…」ペップはなぜシティとの契約延長を選んだのか?メッシ獲得へ波及する可能性は…【現地発】

 マンチェスター・シティの練習場を一緒に散歩していて、あるホールの扉の前で立ち止まった時だった。こちらが話しかけようとすると、ジョゼップ・グアルディオラが先に言葉を発した。「ここにきてから選手と... 続きを読む

闘将シメオネに激怒したJ・フェリックス。“アトレティコの顔”を二流選手扱いすべきではない【現地発】

 アトレティコ・マドリーがレアル・マドリーとのマドリード・ダービーで喫した敗北(0-2)はチームに様々な不確定要素をもたらした。中でも最も顕著なのが、またしてもビッグゲームで二流選手の扱いを受け... 続きを読む

「リークしただろ」逸材プッチを“公開叱責”したクーマン監督を選手は支持。ただ、チームは一体感に欠け…【現地発】

 バルセロナのシーズンの新チームお披露目の場であるジョアン・ガンペール杯を前にロナルド・クーマン監督は、リキ・プッチに対し夏の移籍市場期間中に移籍先を探すように進言した。さらにその自らの考えをよ... 続きを読む

マラドーナはピッチ内外でずば抜けた存在、メッシが特別なのはピッチ上だけ――。近くて遠い2人の物語【現地発】

 アルゼンチンにはアリエル・オルテガ、ハビエル・サビオラ、カルロス・テベスら「マラドーナ2世」と呼ばれた選手は何人もいた。しかしリオネル・メッシがその称号に最も近い選手であることに異論はないはず... 続きを読む

失速するバルサ、クーマンの4-2-3-1は“メッシ依存”のチームに有効なのか? 最大の誤算は…【現地発】

 バルセロナの失速が止まらない。ラ・リーガで首位のアトレティコ・マドリーから引き離され、CLでユベントスを相手に惨敗(0-3)を喫し、グループステージ首位通過を逃した。 通常であれば、ロナルド・... 続きを読む

久保、ファティ、ペドリ、ヴィニシウス…度胸満点の若きアーティストから芸術性を奪うな【現地発】

 フットボールにおいて理論の体系化、戦術の高度化の流れはもはや誰にも止めることができない。 しかしそんな中、アンス・ファティ、ペドリ(いずれもバルセロナ)、ロドリゴ、ヴィニシウス・ジュニオール(... 続きを読む

「利き足を判断すること自体が無意味」両足を完璧に使いこなす驚きのタレント【現地発】

 左右両足を完璧に使いこなす選手がいる。まるで遜色なしに、である。 ポルト時代にバイエルン・ミュンヘンとの対戦となった1987-88シーズンのチャンピオンズ・カップ(チャンピオンズ・リーグの前身... 続きを読む

アトレティコがリーガの覇権争いで有利と考える理由。ビッグ2の“両極端”なメンバー構成と比較すると…【現地発】

 アトレティコ・マドリーが歴史的な好機を迎えている。 ライバルのレアル・マドリーとバルセロナは、選手の大半が将来性豊かな若手、あるいは輝かしい実績を持ったベテランのいずれかの層に属している。この... 続きを読む

“流れの中から初得点”より注目されたメッシの「スルー」。批判を浴びる現状を象徴するシーンだった【現地発】

 リオネル・メッシは何もしなくても、注目されるプレーヤーだ。11月7日のベティス戦で、元チームメイトのクラウディオ・ブラーボ相手に決めた“無ゴール”は、現在“... 続きを読む

スペイン代表では異色の「フィジカルモンスター」に脚光!イニエスタらとは“対局”にあるが、活かさない手はない【現地発】

 10月のインターナショナルウィーク期間中に、フル代表デビューを遂げたばかりで、まだ出場が3試合にしか過ぎないにもかかわらず、各メディアでトップを飾ったのがアダマ・トラオレだ。その扱いはまるで超... 続きを読む

「ボールを奪われすぎだ」なぜデヨングはバルサで伸び悩んでいるのか? 母国のレジェンドたちも辛口評価【現地発】

 フレンキー・デヨングがなかなかバルセロナでアヤックス時代の輝きを放てずにいる。守備に奔走し、肝心の攻撃の組み立てにおける貢献度は希薄だ。今シーズンは開幕から自身が望むダブルボランチの一角として... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ