エル・パイス紙 新着記事

“マドリー愛”を貫いたヴィニシウスがついに覚醒「ベンゼマの要求に悩んだ時期も…」【現地発】

 その夜、ヴィニシウス・ジュニオールは2点目を決めると、ユニホームのエスクードを指さした後、空を見上げてこう連呼した。「僕はここにいる。僕はここにいる」 2018年夏に加入して以来、最も輝いたそ... 続きを読む

「エムバペとハーランドはどちらが優れているのか?」ファンもメディアも心を躍らせる新たなライバル物語【現地発】

 キリアン・エムバペとアーリング・ハーランドがリオネル・メッシとクリスチアーノ・ロナウドの後継者として名乗りを上げた。チャンピオンズリーグのラウンド・オブ16で、それぞれの所属クラブのパリ・サン... 続きを読む

「欠点は色々あるが…」なぜラポルタがバルサの会長に選ばれたのか? 問題山積みのクラブを立て直せるか【現地発】

 バルセロナを取り巻く宇宙が、ジョアン・ラポルタを中心に回り続けている。歴史の表舞台に登場したのが、当時の会長、ジョゼップ・ルイス・ヌニェスに対し、「エレファント・ブラウ」というプラットフォーム... 続きを読む

「ゴミ収集車」というレッテルを…過小評価されてきたカゼミーロがいまやマドリーの大黒柱に――。【現地発】

 人間が物事に対して抱くイメージというのは心理的な衝動に過ぎない。しかし時にそれは魔法のような豊かな想像力を生み出す。 常に黄金時代を過ごしている――。われわれがレアル・マドリーに対して抱くこの... 続きを読む

「成長スピードはS・ラモスを彷彿」セビージャで躍動するフランス産22歳CBの“計り知れないポテンシャル”【現地発】

「直観力と万能性。ジュル・クンデを表すなら、この2つの言葉が相応しい」 今シーズン、セビージャで目覚しい活躍を見せている22歳の新鋭CBについて、同クラブのモンチSD(スポーツディレクター)はこ... 続きを読む

あまりに馬鹿げた「年俸リーク事件」。犯人はメッシの“価値”を分かっているのか?【現地発】

 先日、バルセロナのフロント内部の頭でっかちのエリートによってリオネル・メッシの契約内容はリークされた。それはまるで理由もなく、優雅に飛行するワシを猟銃で撃つような行為だった。 もしリークした人... 続きを読む

結果と内容を両立――。名将クロップへのバッシングに思う“サッカー界の非情”【現地発】

 いくら名声を得ても、結果が出なければ、すぐに無力化されてしまう。現在ユルゲン・クロップが置かれている状況を目の当たりにすると、サッカーの非情さを改めて実感させられる。 昨シーズン、圧倒的な強さ... 続きを読む

「俺はお前を恐れていない」横行する“ネイマール狩り”の責任は誰にあるのか?【現地発】

 リーグ・アンでは“ネイマール狩り“が流行っているようだ。ライバルチームの選手たちは、大鎌を構えるように対峙し、ネイマールはまた抜きで対抗する。どこをどう見てもネイマール... 続きを読む

戦うことを放棄する選手はマドリーに相応しくない。3部クラブに敗れた国王杯、ウーデゴーの退団…【現地発】

 フットボールはその誕生以来、大衆のスポーツとしてわれわれの感情に訴え、不屈の精神を示してきた。しかしいまファンの間で、「これから」と「これまで」の境界線に足を踏み入れてそのフットボールの持つ本... 続きを読む

「4人の主将が誰も役割を果たしていない」失速したバルサの根深い問題点を番記者が糾弾!【現地発】

 今できることは3月7日に新たな会長が選出されるのを待つだけ。そして新体制の下でメッシの去就を巡る問題を解決させ、フットボールのアイデンティティを取り戻し、経営を立て直さなければならない。 その... 続きを読む

7年ぶりのラ・リーガ制覇へひた走るアトレティコ。番記者が解き明かす戴冠チームとの「類似点」と「相違点」【現地発】

 アトレティコ・マドリーは、ラ・リーガの折り返し地点となる19試合を終えた時点で、勝点50の大台に乗せた。前回この偉業を達成したのはラ・リーガを制した13-14シーズン。その時と比較する声があが... 続きを読む

なぜバルサはシティCBの獲得を見送ったのか? ウンティティが露呈した小さくない“不安”【現地発】

 バルセロナのセクレタリア・テクニカ(強化部)が冬の移籍市場でマンチェスター・シティのエリック・ガルシアの獲得をリクエストしていた最中だった。その彼らが作成したというレポートの中身が地元カタルー... 続きを読む

世代交代にもがくバルサとマドリーに訪れる「判決の時」。CLの結果次第で“我慢の限界”に…【現地発】

 バルセロナとレアル・マドリーの2強が揃って世代交代の真っ只中にある。 それぞれ抱えている問題は根深く、早期に解決できる類のものではない。その悪戦苦闘する姿を見ていると、まるで下りのエスカレータ... 続きを読む

「パリSGに騙されている」そう言い返したS・ラモスをペレス会長は突き放し…難航する契約延長交渉の舞台裏【現地発】

 2018年5月、チャンピオンズ・リーグ(CL)決勝の会場となったキエフでのことだった。レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はキャプテンのセルヒオ・ラモスに対し、リバプールを下してビッ... 続きを読む

すべてが“場当たり的”すぎるバルサの現状――世代交代の停滞、進まない本拠地の改修、そして延期となった会長選…【現地発】

 カンプ・ノウの改修を含む大型再開発プロジェクト「エスパイ・バルサ」は、ソシオの承認を得てから実行に移すまで時間がかかり、本拠地は老朽化が目立ってきた。 ラ・リーガでは前半戦で大きく出遅れ、巻き... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ