エル・パイス紙 新着記事

「日本戦で全ての歯車が狂った」スペイン代表のW杯早期敗退を母国記者が指弾 「他の強豪国に比べてタレント力で劣っている」「戦犯は…」

 勝負事において勝者を自認する者は、負ける準備をしていないものだ。タイトルに手が届く可能性が低いチームであっても、だ。カタール・ワールドカップのルイス・エンリケ監督率いるスペイン代表がまさにそう... 続きを読む

「他国の人からは見苦しいかもしれない」レジェンドOBが語るアルゼンチン代表とファンの“特異な一体感”。泥臭いタレント軍団を牽引するメッシは美しく、感動的だ【W杯】

 無数の視線を集めるに値するW杯の決勝戦における最大の注目はリオネル・メッシとキリアン・エムバペによる美しい対決だろう。パリ・サンジェルマンではチームメイト同士という点を除けば、世代もプレースタ... 続きを読む

所属チーム、定位置、ゴール、そしてW杯も失ったC・ロナウド。世界中のファンに見送られるはずだったスターは最後まで“俺様”だった

 モロッコ戦敗退後、クリスティアーノ・ロナウドを見て抱いたのは、ひょっとして彼は自分の中に潜むもう1人のC・ロナウドと一緒にアル・トゥマーマ・スタジアムのピッチを後にしていたのではないかというこ... 続きを読む

「マラドーナのような鬼気迫る姿」で目の覚めるプレーを連発するメッシ。古巣バルサの番記者は「モチベーション全開でプレーするのを久しく見ていなかった」【W杯】

 まさにリオネル・メッシの独壇場だった。バイタリティ溢れるメッシ、違和感を抱えるメッシ、セットプレーにおけるメッシ、止められないメッシ。“10番”は、カタールで普遍的なプ... 続きを読む

「日本は11人全員を入れ替えたようだった」スペイン代表モラタが森保Jの“衝撃”を回想!「全く反撃できなかった。信じられない」【W杯】

 日本戦で先制ゴールを決めたスペイン代表のアルバロ・モラタが、その後に『エル・パイス』紙が行なったインタビューの中で、この一戦について振り返っている。 11分に自身のヘディングシュートでリードを... 続きを読む

怒り、苦言、闘争心…優等生を捨て「マラドーナ化」したメッシ。変貌したボスの姿はアルゼンチン中の誇りに【W杯】

 もはや疑いの余地はないだろう。リオネル・メッシがアルゼンチン代表のボスであることだ。 バルセロナのカンテラで指導を受け、長年、カステルデフェルス(バルサ時代にメッシが自宅を構えていたバルセロナ... 続きを読む

恩師ポチェティーノが明かす、メッシ、エムバペ、ネイマール、ケインの素顔と特長、違い「レオはシンプルさ、ネイは複雑さに喜びを見出す」【W杯】

 マウリシオ・ポチェティーノは、トッテナムとパリ・サンジェルマンの指揮官としてカタール・ワールドカップのピッチに立ったトップ5のうち4人を指導した稀有な人物だ。ハリー・ケイン、リオネル・メッシ、... 続きを読む

過去最大の混戦!カタールW杯の優勝候補6か国をスペイン人記者が検証。ダントツのクオリティを誇るのは?

 カタールW杯は、過去最大の混戦模様を呈している。ドーハに降り立った出場32か国の中で、絶頂期を迎えているチームも、他と比較して傑出した戦略や組織力に基づいたコンスタントな結果を保証する支配者も... 続きを読む

同僚から“裏切り者”扱いされ、メッシも時に煩わしさを…破天荒なピケのキャリアを番記者が明かす【現地発】

 ジェラール・ピケは、1997年に当時バルセロナのカンテラで最年少のカテゴリーだったアレビンB(U-11)に入団した。父親はポルシェで、母親はメルセデスで練習場まで迎えに来ていた。ラ・マシアのあ... 続きを読む

「震えながらプレーしていた」クラシコに続きバイエルンに惨敗。ビッグクラブに勝てないバルサの問題点を番記者が指摘【現地発】

 先月行われたクラシコ(マドリーが3-1で勝利)の後、レアル・マドリーの選手の間でバルセロナの守備の弱さが話題になっていた。とりわけ彼らを驚かせたが若手選手の精神状態だ。「震えながらプレーしてい... 続きを読む

バルサのピケはなぜ突然引退を決断したのか。シャビとの関係、ロッカールームでの孤立、会長になる夢を考えると…【現地発】

 ジェラール・ピケが3日、バルセロナ退団を発表した。CBは常々「他のチームでプレーすることはない」と語っており、これは現役生活への別れを意味する。2日前にカタールW杯の予備登録メンバーに名を連ね... 続きを読む

同年代が年金生活を送るなか、“執念と節制”で年齢に抗うC・ロナウド。屈辱を経験した彼に、なぜもっと寛大な心を持てないのか

 スペインではフットボール、とりわけレアル・マドリーに関わるものはどんな些細なことでもニュースになる。90分間の試合中はもちろん、ピッチ外で起こるあらゆる出来事が大げさに報じられる。 だから、マ... 続きを読む

CLとELで12戦わずか3勝、大型補強をしてもデンベレ頼み。混乱に陥ったシャビ・バルサ【現地発】

 エルネスト・バルベルデ、キケ・セティエン、ロナルド・クーマン……。2014-15シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)を制覇して以来、バルセロナは監督の首を挿げ替え... 続きを読む

「王者のように振る舞い、脆さをさらけ出した」クラシコで完敗のバルサ、“構造的欠陥”を番記者が糾弾!「意外なのは、シャビが率いているのに…」【現地発】

 一体、バルセロナはどこに向かっているのだろう。アイデンティティは監督の交代で取り戻せる類のものではなく、名前がシャビであってもそれは同じだ。チーム作りには時間がかかるし、その過程においてチャン... 続きを読む

退団騒動、出場なしに激怒…アセンシオがブーイングを拍手喝采に変えたプレーとは?【現地発】

 チャンピオンズリーグのレアル・マドリー対ライプツィヒ戦(マドリーが2-0で勝利)で起こった出来事の一つがマルコ・アセンシオとサンティアゴ・ベルナベウの和解だ。 アセンシオが後半ロスタイムにダメ... 続きを読む

海外日本人

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ