佐藤亮太 新着記事

浦和ユース黄金世代の同期ふたりが7年ぶりにピッチ上で再会!74分間の邂逅…会見で語り合った想いとは?

 このめぐりあいに遭遇できたことはうれしい限りだった。 3月6日のJ1リーグ2節、湘南ベルマーレはアウェーに乗り込み、柏レイソルと対戦。柏FW呉屋大翔の2得点により2-1で敗れ、湘南はリーグ連敗... 続きを読む

「代表もいける」“遠藤航の再来”と呼び声高き18歳!先輩たちも絶賛する逸材ボランチが湘南の低評価を覆す?

 昨季、リーグ最下位となった湘南ベルマーレ。今季、下位4チームが自動降格する厳しいレギュレーションのなか、MF田中聡が残留の一助となる、それだけの力を持っている。 湘南ベルマーレU-18所属だっ... 続きを読む

湘南新キャプテン梅崎司が語った“自己ワースト”の昨季に気づけたこととは?「サッカー人としてもったいない」

「昨年は正直、うまくいっていないシーズンだった。これまでのサッカーシーズンのなかでも、うまくいっていないワーストに入るシーズンだった」 湘南ベルマーレの梅崎司は、2020シーズンを静かに振り返っ... 続きを読む

「懐かしい感覚」「楽しいサッカー」新生・浦和レッズの躍進を予感させる“ミシャ体制”とのいくつかの類似点

 浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が就任して初の対外試合となった沖縄SVとのトレーニングマッチは、浦和が2-0で勝利した。 始動して10日余り。公開練習やオンライン会見ではロドリゲス監督が目... 続きを読む

リーグ女王が皇后杯で好発進!浦和Lに復帰後、猶本光はなぜチームの“柱”となれたのか?

 浦和レッズレディース(浦和L)MF猶本光はチームの大黒柱へと成長を遂げようとしている。 12月6日、カンセキスタジアムとちぎで行なわれた皇后杯2回戦で、浦和レッズレディース(浦和L)は、なでし... 続きを読む

「鹿島に何から何まで…」浦和、山中亮輔の言葉で浮き彫りとなった完封負けより由々しき状況とは

 寒空に溜息しか出ない敗戦だった。【動画】衝撃の4失点…浦和、敵地で鹿島に完敗 30節、アウェー鹿島に臨んだ浦和は11分に先制され、50分に2失点目。前に出ざるを得なくなった浦和は... 続きを読む

【浦和】一体、クラブはどこを向いているのか。さまざまな疑問が沸き上がる監督人事

 11月25日、J1浦和から大槻毅監督の今季限りでの退任が発表された。 リリースで大槻監督は「我々の目の前にはまだ4試合、大切な試合があります。まずはその試合に向けて、私に課せられた仕事を全うさ... 続きを読む

【J1終盤戦のシナリオ|浦和】ACL出場権を諦めるのはまだ早い!上位対決を連勝で乗り切るためのカギは?

 コロナ禍によりリーグ中断や降格無し、交代枠が5人に増えるなど異例のシーズンとなった2020年のJ1リーグも終盤戦に突入。各クラブの番記者にここまでの評価と残されたシーズンでの現実的な目標をアン... 続きを読む

なでしこリーグ優勝監督は「良いおじいちゃん」。浦和Lが未熟な“良いチーム”から“強いチーム”となったワケ

 圧巻の試合だった。 プレナスなでしこリーグ1部の浦和レッズレディース(以下・浦和L)は11月8日、16節でホーム浦和駒場スタジアムで愛媛FCレディース(以下・愛媛)と対戦。【PHOTO】6年ぶ... 続きを読む

6年ぶりの優勝はもう目前!なでしこDF南萌華が明かす浦和レディースの‟強さの秘密”とは?

 プレナスなでしこリーグ1部・浦和レッズレディース(以下・浦和L)は15試合を消化し、12勝1分2敗、勝点「37」で首位を独走している。残り3試合で2位・INAC神戸と勝点「8」差であることから... 続きを読む

なぜ浦和は3連敗から息を吹き返したのか? 主将・西川周作が施した“秘策”とは――

 遅ればせながら浦和レッズが息を吹き返した。 横浜FC、FC東京、名古屋グランパスに3連敗した後の5試合の戦績は3勝2分。11得点2失点と攻守に安定している。 内容と結果が伴うようになるなか、前... 続きを読む

浦和L、なでしこリーグ首位独走の秘訣は? 指揮官が植え付けた「考える習慣」が生み出した力

 今年、浦和レッズレディース(以下・浦和L)は強くて面白い。 リーグ戦11勝1分2敗 勝点「34」。2位のINAC神戸レオネッサに勝点「8」差をつけ、首位を走っている。 2-1で勝った前節マイナ... 続きを読む

6戦連続出場なし…柏木陽介に何が起きている? 気掛かりな浦和の太陽のいま

 7勝2分4敗。暫定5位の浦和レッズ。メンバーが固まり、狙いとするサッカーができつつあるなか、気掛かりなのがMF柏木陽介だ。 今季、柏木はリーグ3試合に出場。出場時間は214分。7節・横浜FC戦... 続きを読む

【湘南】内容は悪くないのに、なぜ1点差に泣くのか。最下位脱出のために不可欠な"改善点"を考える

 今季の湘南ベルマーレは1点差に泣いている。 ここまでのJ1リーグ9試合の戦績は1勝1分7敗。7敗のうち、1点差負けが6試合もある。内訳は「0-1」の負けがベガルタ仙台戦(2節)、セレッソ大阪戦... 続きを読む

浦和、3年目の柴戸海が主軸へ駆け上がる。市船、明治を通じて培った“慌てず騒がず”の哲学

 執拗に相手を追い回し、ボールをからめとると、素早く味方へとつなぐ。 かと思えば、機を見るに敏。スルーパスやミドルシュートを繰り出す。 大卒3年目。浦和レッズMF柴戸海が存在感を増している。 今... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ