竹中玲央奈 新着記事

誰よりも下手でキツかった…横浜FC内定の高木友也を進化させた法政大での自己研鑽と“同僚”上田綺世という存在

[#atarimaeni CUP決勝]法政大0-1東海大/1月23日(土)/味の素フィールド西が丘「奪還」をスローガンに2年ぶりの全国制覇を目指した法政大の夢は、明治大や順天堂大らを倒す快進撃を続... 続きを読む

J1昇格の徳島でステップアップを誓う大型ルーキー。“修徳”の名を背負う逸材ボランチが世界を目指す!

 今季のJ2リーグを制した徳島に、来季から“世界”を見据える東京都出身の逸材が加入する。 ジェフ千葉内定のブワニカ啓太とともに、都の古豪・修徳高からJ2王者の一員となるの... 続きを読む

先輩たちに続け…関西学院大FW山見大登のG大阪入りの裏側にある、山本悠樹の存在

 ガンバ大阪に所属する関西学院大OBと言えば、高尾瑠と山本悠樹が主力として活躍しているが、またひとり同大から有望な人材が西の名門の一員となる。 12月7日にクラブから仮契約が発表された山見大登は... 続きを読む

風間八宏がセレッソ大阪へ来た理由。育成クラブの再建を担う“未来を作る仕事”とは?「いつプロ契約できたかではなく――」

“最適な人事” とはこのことかもしれない。 1年3か月ぶりに、風間八宏がJの舞台に戻ってきた。携わるのはセレッソ大阪。その役職は「技術委員長」だ。ただし、指揮を執った川崎フ... 続きを読む

【早慶戦プレビュー】早稲田は絶対に勝利が必要な“特別な一戦”。逸材・橋本健人を擁する慶應に対し、キーマンは?

 12月5日に待ち受ける早慶戦。優勝の可能性を残す早稲田にとっては勝利が絶対条件だが、逸材・橋本健人を擁する慶應も一筋縄ではいかない相手だ。ここでは伝統の一戦を展望する。 大学サッカーで最も&l... 続きを読む

「思考力が、現在の成果につながった」早大ア式蹴球部・外池監督が明かす好調の要因と、コロナ禍で感じた選手の成長

 古賀聡前監督からバトンを受け、現在ア式蹴球部を率いるのが、OBで元Jリーガーの外池大亮監督だ。引退後の社会人生活で知見を広げた、マネジメント能力に秀でた指揮官は、チームの現状をどう捉えているの... 続きを読む

ルーキー三笘薫はなぜ川崎優勝の原動力となれたのか? 大ブレイクのカギは筑波大での4年間にあり!

 圧巻の強さを見せた川崎フロンターレが、2020年のJ1リーグを制した。4試合を残しての史上最速での優勝だけに、2ステージ制だった02年に初の“完全優勝”を果たしたジュビ... 続きを読む

ガンバが獲得した2019年のU-15年代最高クラスの才能。街クラブの超逸材はなぜ世代最強チームを選んだのか?

 昨年の3種年代において夏のクラブユースを制したのはサガン鳥栖U-15、冬の高円宮杯の頂点に立ったのはガンバ大阪ジュニアユースだった。近年育成に力を入れて成果も出してきている前者と、多くのA代表... 続きを読む

複数Jクラブに代表スタッフも熱視線!流経大の逸材ボランチは東京五輪の隠し玉となり得るのか?

 来年に延期となった東京五輪に向けて、協会スタッフが密かに視線を送る選手が関東大学サッカーの舞台にいる。「こちらからは何も情報を渡さない状態で関塚(隆・ナショナルチームダイレクター)さんがうちの... 続きを読む

元湘南監督の曺貴裁氏が流通経済大で再出発。選手も「すぐに変わった」と感銘を受ける、その指導力とは?

 今季、最も注目すべき大学サッカーのチームはどこか? こう問われたら筆者は「流通経済大」と即答する。 多くのプロ選手を輩出したこの名門は昨年、関東2部から初昇格した2003年以降(2004年が関... 続きを読む

Jスカウトも熱視線。静岡学園出身の拓大1年生アタッカーが早くも関東大学リーグで注目の存在に!

 1月の全国高校サッカー選手権を制した静岡学園のアタッカーが、さっそく関東大学サッカーの舞台で異彩を放っている。「最初の練習、最初のタッチで『すごいぞ、こいつは!』と驚きました。これは試合で使お... 続きを読む

東京五輪へ向けた最終滑走へ――川崎vs鳥栖で見えた3人の注目大卒ルーキーたちの現在地

 2月22日に行なわれた川崎フロンターレ対サガン鳥栖の開幕戦、注目の大卒新人たちがピッチ上でしのぎを削りあった。鳥栖の森下龍矢は、ルーキーながら先日のルヴァンカップに引き続き、先発の11人に名を... 続きを読む

「自分も大きい舞台でハットトリックとか…」富山一の技巧派2年生が目指す“打倒・青森山田”と“ヒーローの座”【選手権】

[高校選手権2回戦]富山一1-0神村学園/1月2日(木)/浦和駒場 前半に奪ったCKからの1点を守りきり3回戦へ駒を進めた。後半に入り、神村学園はショートパスと近い距離をとった選手同士の連動で攻... 続きを読む

指揮官も絶賛のゴラッソで決勝点!神戸弘陵の1年生アタッカー・田中祉同は去年の“染野唯月”を目指す!!

[高校選手権1回戦]神戸弘陵3-2秋田商/12月31日(火)/ニッパツ 先制しながら前半のうちに一時は逆転されたものの、後半は完全に主導権を握った。相手選手の退場も追い風となり、2ゴールを挙げ逆... 続きを読む

G大阪が獲得した大学ナンバーワンMF。関学大・山本悠樹は遠藤保仁の後継者となれるか?

 ガンバ大阪の象徴でもある遠藤保仁の“後継者”となり得る逸材がやってきた。 G大阪が2020年シーズンの新戦力として獲得した山本悠樹は、来年40歳を迎える遠藤の後釜として... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ