• トップ
  • ニュース一覧
  • J1昇格の徳島でステップアップを誓う大型ルーキー。“修徳”の名を背負う逸材ボランチが世界を目指す!

J1昇格の徳島でステップアップを誓う大型ルーキー。“修徳”の名を背負う逸材ボランチが世界を目指す!

カテゴリ:Jリーグ

竹中玲央奈

2021年01月13日

小学生時代に選手権予選決勝での「凄いFKを見て」修徳へ進学

高校卒業後はJ1に昇格した徳島に加入する修徳高のMF大森。中学から6年間、修徳で育まれた逸材だ。写真:竹中玲央奈

画像を見る

 今季のJ2リーグを制した徳島に、来季から“世界”を見据える東京都出身の逸材が加入する。

 ジェフ千葉内定のブワニカ啓太とともに、都の古豪・修徳高からJ2王者の一員となるのが大森博だ。187センチの長身ボランチが持つ武器は多岐に渡る。長身を生かしたヘディングとストライドの長さを武器にしたドリブル、足下の技術、そしてゴール前に入って得点を奪う力と、できることを挙げればキリがない。

 1年生時の2018年にはU-16日本代表候補にも選出され、複数のJクラブが注視していた大森は中学校から修徳に入った“生え抜き”の選手である。同校卒業後にプロ入りを果したのは2007年に水戸ホーリーホックに加入した島貫純以来、14年ぶりの出来事だが、修徳中学校が生んだJリーガーは大森が初だ。

「第92回の高校サッカー選手権の東京都予選決勝を見て、修徳の選手が凄いFKを決めて全国に行ったんですよ。その試合も接戦での勝利で。それを見て『ここでサッカーをやりたい』と思ったんです」

 そうしたきっかけで、当時小学生だった大森は修徳の門を叩くことを決心する。

 結果的に全国大会とは縁がないまま終わってしまったが、この場所で大森は心技体の面で大きく成長した。中学時代まではウイングやサイドハーフをこなす攻撃的な選手で、「足下の技術には自信があった」と言う。だが、彼のアタッカーとしての道に“待った”をかけたのは、中学入学からの3年間で急激に伸びた身長である。
 
【関連記事】
高校の実力者たちが続々とJ内定! 今後の高卒プロ入りが有望視される逸材プレーヤー7選!
【編集部が選ぶ選手権のベスト11】準優勝の青森山田から最多の5人を選出!最も選考が難しかったのが…
【選手権】来季も期待大の下級生ベストイレブン!青森山田、昌平、矢板中央、帝京長岡から各2名を選出
高校時代の槙野・柏木の秘話も披露! 内田篤人氏が部活とユースの違いを解説「負けちゃってるのかな…」
【高校サッカー勢力図】2020選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキング!! あなたの出身地は何位?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ