「人にないものを持っている」鳥栖が生んだ新たな才能!中野伸哉の次に注目したい福井太智とはいかなるプレーヤーか?

カテゴリ:Jリーグ

竹中玲央奈

2021年07月19日

有望な選手が次々と生まれる鳥栖アカデミー。高校2年の福井太智に注目

7月3日の広島戦でJ1リーグデビューした福井。鳥栖アカデミーからまた新たな才能が生まれている。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 近年、サガン鳥栖の育成組織の躍進が著しい。

 特に昨年はU-15が高円宮杯、U-18がクラブユースで頂点に立った。トップチームにも生え抜きの選手が主力で活躍中だ。U-18から昇格した松岡大起や大畑歩夢、大学を経由して10番を背負う樋口雄太らのみに留まらず、U-18所属の高校3年生・中野伸哉も15試合で先発出場を果たしている。

 次から次へと有望な選手が生まれてきているが、この流れは留まることはなさそうだ。中野のひとつ下、現在高校2年生の福井太智も将来を嘱望されるタレントのひとりである。
 
 すでに2種登録選手としてルヴァン杯に出場し、福岡戦では林大地のゴールのアシストも記録した。U-18では1年生の昨季から主力としてアンカーと左ウイングをこなすポリバレントぶりを発揮し、今季は左ウイングを主戦場とする。「一番得意としている」と本人が語るのは相手のプレスが及ばない場所に入りボールを受けることと、抜群のキープ力だ。

「彼は人にないものを持っている。見ているところやボールタッチ、キックであったり。ポジショニングも、感覚的に真似できないものがあります。そこは感じていて、中学時代を見ていたとき、中野伸哉が中3の時に、中2の彼をメンバーから外したことはなかったと思います」

 U-18を率いる田中智宗監督はそう語るが、彼は福井のポテンシャルを引き出す契機を作った人物でもある。
 
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
サガン鳥栖・金明輝監督が“行き過ぎた”指導と言動で、3試合の指揮資格停止。処分は今後協議で決定
「大号泣案件」逆転勝利に導く決勝弾の鳥栖・樋口雄太に称賛の声!「最高に気持ちいいゴール」
【J1採点&寸評】鳥栖3-1名古屋|MOMは“3アシスト”で勝利を呼び込んだ鳥栖の10番。中野嘉もエレガントだった
【東京五輪】男子サッカー 日程&結果/順位表/記事・動画一覧

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ