誰よりも下手でキツかった…横浜FC内定の高木友也を進化させた法政大での自己研鑽と“同僚”上田綺世という存在

カテゴリ:大学

竹中玲央奈

2021年01月24日

全国制覇は逃すも…攻撃的なサッカーで輝いた左サイドバック

法政大の左サイドバックとして存在感を発揮した高木友也。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[#atarimaeni CUP決勝]法政大0-1東海大/1月23日(土)/味の素フィールド西が丘

「奪還」をスローガンに2年ぶりの全国制覇を目指した法政大の夢は、明治大や順天堂大らを倒す快進撃を続けてきた東海大によって打ち砕かれた。

 90分を要約すれば“攻める法政と守る東海の対峙”というところだろう。法政優位に見られたが、気迫の守備でゼロに抑え続けた東海大がセットプレーから一発を沈め、これが決勝点となった。

 法政の守護神・中野小次郎は「サッカーの神様は残酷」と口にしたが、まさにその言葉通りの試合だった。

 しかし、敗者となった法政の長山一也監督は胸を張る。

「相手を見て相手を外してゴール前に運んでいくサッカーができた。結果が出なかったけど法政のサッカーは見せられたと思います」

 指揮官が言う通り、法政は前半からボールを握って相手守備陣を細かなパスワークや個のドリブルを交えて外しながら主導権を握っていた。

 それはこの試合に限ったことではない。特にリーグの後半戦はどのチームを相手にしてもボールを保持して攻撃する時間を長く作り、敵を圧倒するサッカーで魅了していた。

 その中で後列の左サイドから攻撃を作り、良質なクロスを配球した横浜FC内定・高木友也のパフォーマンスは、今大会を通じて目を見張るものがあった。数字に直結せずとも、その攻撃力は90分を通じて落ちることなく、じわじわと相手にダメージを与え続ける。右の関口正大とともに、今シーズンの法政大を象徴する存在だったと言えよう。有終の美を飾ることはできなかったが、その存在の大きさを最後の大会で示せたことは間違いない。

 高木は高校進学にあたりJクラブのセレクションには全て落選し、法政二高へ進んだ。そこでは中心選手として活躍するも、大学に入ってからは苦労する日々を送ることになる。1年生から長山監督の評価を受け試合で起用されるも「入学当初は誰よりも下手でキツかった」(高木)と振り返る。

 しかし、勤勉な姿勢が実を結んだ。

「あきらめずにサッカーノートを書いて、自分に足りないものも含めて自己分析をしてきた。高校時代も人一倍勉強してきたので。自分の持っているものをどう活かせるか、足りないものとかをノートに書いて、それがプレーに繋がっていった」

【#atarimaeni CUP決勝PHOTO】法政大0-1東海大|水越が起死回生の決勝ゴール!1点を死守した東海大が20年ぶりの全国大会優勝!
【関連記事】
東海大、県リーグからの下剋上は全国制覇で完結! J内定7名を擁する法政大を撃破した“必勝パターン”
指揮官も絶賛する能力と人間性。甲府内定の法政大DF関口正大の強みとコロナ禍中の大会への想い
Jスカウトも注目の相乗効果!法政大3年生ボランチコンビの田部井涼&松井蓮之が築き上げた連係と芽生えたライバル心
「もし高卒でトップ昇格していたら…」法政大DF森岡陸が4年越しの磐田入団内定を掴むまで
【2020ー21移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ(2/15時点)

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ