京都が生んだ14歳の新鋭レフェリー。史上最年少の記録を打ち立てたユース審判員が目指すW杯の舞台

カテゴリ:高校・ユース・その他

竹中玲央奈

2021年02月19日

史上最年少でサンガカップの笛を吹く

中学生ながら異例の主審に抜擢。地元関係者も期待する“逸材”だ。写真:竹中玲央奈

画像を見る

 14歳のサッカー少年が「夢はワールドカップの舞台に立つこと」と言っている。

 なんら珍しいことではない。全国各地でこの思いを持った少年少女たちが日々、ボールを追いかけていることだろう。ただ、その舞台での役回りが異なったらどうだろうか? そうそう多くはないだろう。

 京都府サッカー協会の3級審判として登録されている森璃久翔(もり・りくと)が冒頭の夢を語った張本人だ。2月7日にサンガスタジアムby KYOCERAで行なわれたサンガカップ第43回京都少年サッカー選手権大会の決勝において、森は主審の大役を任された。関係者によると、長い大会の歴史の中で、中学生にして決勝の笛を吹いた人物はいない。この日、森は史上最年少の記録を打ち立てたことになる。

「決勝の笛を吹ける実力がある、ということで森くんは選ばれたんです。ユース審判の中で優秀ということ。将来にわたって育ってほしいという意味もあって、彼が主審をすることになりました」

 協会関係者がこう語る通り、小学生の大会とは言え、非常に大きな意味のある出来事なのである。

 森が本格的に審判を始めたのは小学5年生の頃である。
「選手だけではなく他の視点からサッカーでできることがないか、と考えたときに“審判”が浮かびました」

 笛を手にとった経緯をこう語るが、10歳そこそこの年齢でこの思考に至ったことに驚いた。なお、当時から現在に至るまでプレーヤーとしても活動を続けているが、高校入学と同時に審判活動に専念するつもりとのことだ。

 小学5年生のうちに4級を取得し中学生で3級を取得すると、京都府からの派遣で高校生の試合の審判員を務めることもあった。サッカー経験者であれば、その難しさ、やりにくさを理解できるはず。中高年代で年上の試合の審判を務める際、ポジティブな感情になることはあまりないだろう。ジャッジに対して不満をぶつけられることは少なからずあるし、精神的なダメージも負う。筆者自身そういった経験を通じて「できれば審判はやりたくない」と思っていたものだ。

 森自身、年上の高校生が試合する試合でスタッフや選手に“口撃”されることはあったというが、ネガティブにはならなかったという。
「これも経験なので。自身がレベルアップをしていく上で大切なことなので、(言われて)嫌だと思ったことはないですね。プラスに捉えようと」

 14歳でこう言える彼からは、大物になる予感が漂う。
 
【関連記事】
「審判への負荷は増すばかり」家本主審がVARに5つの提言。ファンからは大胆提案「いっそのこと…」
「彼は天才だった」“神の手”を見逃した主審がマラドーナの死を悼む! 伝説のゴールに「疑いはあった」と回想
「もっと敬意を払うんだ!」UEFAが公開したメッシと主審の会話が話題に! 欧州最高峰の舞台で何が!?「君はいつも…」
【坪井慶介のJ1順位予想】守備が改善されれば横浜が面白い存在に、期待している古巣浦和は…
【加地亮のJ1順位予想】川崎は大黒柱の引退で安定感に欠ける!? そうなると抜け出すのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ