遠藤航を育てたクラブ哲学――10代の戦力が次々に出てくる湘南ベルマーレの「育成戦略」とは?

カテゴリ:Jリーグ

竹中玲央奈

2021年08月11日

「湘南は試合で使ってくれるイメージがある」

湘南が輩出したクラブ生え抜きの選手たち。左から田中聡、遠藤航、齊藤未月。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 多くのクラブがそれぞれの色や魅力を持っているが、こと湘南ベルマーレに関しては「若手の育成」が挙げられる。もちろん、東京ヴェルディやガンバ大阪ら育成の実績と伝統があるクラブにはまだ及ばない部分もある。ただし、この10年以内で「若手育成」の色が強くなっているのは実績面でも現われている。
 
 このほど閉幕した東京五輪では、湘南U-18出身の遠藤航がオーバーエイジとして日本の中盤の底を支えた。決勝トーナメントでも好セーブを連発した谷晃生の出身はG大阪のアカデミーだが、リーグ戦デビューを果たしたのは湘南だ。しかもそれは昨年のことである。このチームでの活躍がなければ五輪代表に選ばれることもなかっただろう。

 某有力大学の学生選手と会話をした時に「湘南は試合で使ってくれるイメージがある」と話していたのも印象的だ。新卒獲得においても、こういったイメージを選手が持ってくれているのはプラスである。

「クラブとして、若いから出すとかではなく、良いと思ったときには、恐れずに若手を積極的に使っていこう、と。そういう決まりというか文化は根付いています。それは、クラブが会長・社長を中心に、トップとアカデミーが一体となって取り組んでいる大きな成果かなと。湘南に行ったら成長できるというのは、サッカー界全体の若い選手にはイメージとしてついていますよね」

 こう語るのは現役引退後の2007年から湘南に入閣し、トップチームのスカウトを経て現在は育成統括部長を務める小原光城氏だ。

【PHOTO】岩本テル、中田英、石原直樹、坂本紘司、遠藤航… 湘南ベルマーレの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
【関連記事】
「あの2か国からはボールを奪えない」“デュエル王”遠藤航がこぼした驚きの言葉に世界との差を感じた【東京五輪】
森重が4位、稲垣が8位。Jリーグの「デュエル・マスター」は誰だ? 勝利数1位で勝率もダントツだったのは…
【ライターに訊くパリ五輪予想布陣】両SHに“鹿島コンビ”を選出! A代表の主軸となってほしい久保&中井は選外
【ライターに訊くパリ五輪予想布陣】“久保に近い才能”を持つFWをエース候補に! 怪物CBの伸びしろに期待
「本田最高!」パリ五輪世代の19歳アタッカーがスーパー弾丸ミドル!「これが見たかった!」とファン歓喜

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ