佐藤俊 新着記事

柴崎岳と中島翔哉の「東京五輪行き」は鉄板。コパ・アメリカで浮かび上がったオーバーエイジの残り1枠は?

 エクアドル戦は1-1のドローで惜しくも決勝トーナメントに進出できなかった。  だが、今大会での3試合はU-23日本代表候補の選手にとって、来年の東京五輪に向け非常に大きな経験になった。なにせ南米... 続きを読む

東京五輪のオーバーエイジは柴崎岳でほぼ決まり。再確認した俊英ボランチの凄みと再浮上したパートナー問題

 ウルグアイ戦は、2-2のドローに終わったが次に繋がる好ゲームだった。  負ければグループリーグ突破はかなり困難になっていただけに、「次勝てば」という状況でエクアドル戦に挑めるのは貴重な経験になる... 続きを読む

【識者に訊くコパ・アメリカの予想布陣】中島と久保の2シャドーに、左利きの三好が連動できれば面白い

 A代表だが、東京五輪世代が多いために3バックが基本になると思われる。  GKは、大迫敬介で決まりだろう。来年の東京五輪を考えるとGKの成長が必須になる。フィールドプレーヤーと比較して、この世代の... 続きを読む

数日間の修正で激変した「森保流3バック」。エルサルバドル戦が基準になれば"二兎を追う"価値はある

 エルサルバドル戦は森保一監督が理想とする「3バック」の形が明確に見えた試合になった。トリニダード・トバコ戦は25本シュートを打って得点ゼロ。大迫勇也と堂安律、中島翔哉の距離が遠く、連係して打開... 続きを読む

森保ジャパンのコアメンバーは見えた。主力と久保建英の融合がエルサルバドル戦の焦点だ

 トリニダード・トバゴに0-0のドロー。  世界ランキング93位で、06年ドイツ・ワールドカップに出場した経験があるが、それ以外は目立った戦績がない国である。  コパ・アメリカは東京五輪世代が軸なの... 続きを読む

識者が選ぶ、平成の日本代表ベスト11!「海外組と国内組を分けて2チームを編成すると…」

 平成の時代も残りわずかとなったが、この30年余りで日本サッカー界は大きな進化を遂げてきた。とりわけ日本代表は苦難の道のりを経てワールドカップ初出場を果たし、3度のベスト16進出を実現するなど劇... 続きを読む

小野、稲本、遠藤、小笠原…黄金世代とはなんだったのか。世界準Vから20年、日本サッカー史に燦然と輝く“最強”

 黄金世代は日本サッカー界に、どんな風を吹かせたのだろうか――。  小野伸二をはじめ、稲本潤一、遠藤保仁、小笠原満男、中田浩二、高原直泰、本山雅志らきわめて個性的で質の高い選手がこの世代に集まった... 続きを読む

【識者に訊く】森保ジャパンに必要な選手、試したい選手は?「鹿島の伊藤、大分の藤本は"三銃士"と、どう絡むのか見てみたい」

 大人しい現代表にはギラギラを発散するか、あるいはワクワクする選手が欲しい。  一番は鈴木優磨(鹿島)だが故障中なので、FWでは伊藤翔(鹿島)。器用なストライカーで裏に抜ける動き、ポストとなんでも... 続きを読む

【コパ・アメリカ予想布陣|Vol.2】中島は守備の負担を減らすトップ下で。CFは南野がベストか

 南米2か国との3月シリーズを終えて、コパ・アメリカに臨む陣容を識者はどう考えるのか? 代表チームとクラブ間の様々な状況も考慮しながら、同大会へ臨む森保ジャパンの布陣を予想してもらった。――◆―... 続きを読む

3月シリーズで明確になった森保ジャパンの「4つの事実」

 コロンビア戦とボリビア戦の2試合は1勝1敗。 大迫勇也や吉田麻也、長友佑都ら主力組が不在の中、初招集の選手を含めてGKの中村航輔以外全選手が出場したが、この2試合で明確にわかったことが、4つある... 続きを読む

「三銃士」は意外と融通が利かない?新戦力の不発が暗示する森保ジャパンの不安材料

 コロンビア戦、ボリビア戦は、アジアカップを戦ったチームに新戦力を融合させ、チーム力を強化し、選手層を厚くするのがメインテーマになる。  まずコロンビア戦、初代表組でスタメンの座を掴んだのは、鈴木... 続きを読む

3月シリーズで森保ジャパンに選出すべきJリーグのタレントは?注目の5選手をピックアップ

 アジアカップで日本代表の第1次チーム作りは終わり、これからそのチームをベースに新しい戦力を上積みしていく作業に入ることになる。  この3月のコロンビア戦、ボリビア戦には、欧州組の大迫勇也や吉田麻... 続きを読む

今季J1の注目株!本格ブレイクの予感漂う新戦力5選

 Jリーグが開幕し、各チームの新戦力の顔が見えてきた。  開幕戦という難しい試合の中で、しっかりと結果を出して活躍した選手、プレーで可能性を感じさせた選手は、これからに期待感が膨らむばかりだ。  ま... 続きを読む

アジア杯で最も評価を上げた日本人選手は?大迫や冨安以上に存在の大きさを感じたのは遠藤航だ

 準優勝に終わったアジアカップだが、個々の選手にフォーカスすれば、評価を上げた選手、もうひとつだった選手、いろいろ見えてきたと思う。  評価を上げたのは、大迫勇也と冨安健洋だろう。  大迫は初戦のト... 続きを読む

森保ジャパンが直面した重い現実。日本が個の力で圧倒するのは、もはや歴史でしかなくなった

 決勝でカタールに1-3で屈し、日本は2大会ぶりの優勝を逸した。  13年前にカタールに渡り、U-15世代から今のチームの中心選手たちを鍛え上げ、平均年齢24歳という若さながら極めてタフなチームに... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ