佐藤俊 新着記事

森保一は監督として重要な資質を備えている!だが「いいひと」では大成できない――。先達から読み解く代表監督の系譜

 オーストラリア戦後、勝利した森保一監督の眼は少しうるんでいるように見えた。 勝利インタビューを終えた後、応援したくれたサポーターに感謝すべくゴール裏に行き、言葉を掛け、頭を下げた。フランス・ワ... 続きを読む

豪州戦までに行なうべきことは? 目を覆うような“貧打”解消のカンフル剤はシンプルなタスクと選手交代

 ワールドカップ最終予選の序盤で、こんなに追いつめられる状況になるとは誰も想像していなかったのではないか。なんだかんだいっても最後は日本がワールドカップに出場すると多くはそう思い、試合を見てきた... 続きを読む

森保Jの攻撃に物足りなさを感じるのはなぜ? 日本は再び「守れるけど点が取れない」時代のサッカーに戻るのか

 選手がフリーに織りなす攻撃は美しい。 異なる感性ながら同じ絵を描き、コンビネーションで打開してフィニッシュを決める。それはサッカーの醍醐味であり、最も美しいシーンのひとつだろう。【日本代表PH... 続きを読む

苦い思い出が甦る“中東での戦い”… 勝利が欲しい中国戦で森保ジャパンのキーマンとなる選手は?

 カタール・ワールドカップ最終予選、オマーンに敗れ、カタールで2戦目となる中国戦に臨む日本代表。ホームでの敗戦の気持ちをリフレッシュして、コンディションを整えてといきたところだが、今回の中国は侮... 続きを読む

オマーンはなぜ“ジャイキリ”を起こせたのか? 森保監督の選手選考に想起されるジーコジャパン時代の国内組・海外組論争

「狙ったジャイキリ」と言ったらオマーンに失礼だろうか。 だが、FIFAランキング79位のオマーンが24位の日本に勝ったのだ。しかも、まぐれの勝利ではなく、内容的にも日本をはるかに凌ぎ、点の取り方... 続きを読む

どこよりも早い東京五輪メンバー18人予想! 6月シリーズ3試合の選手起用で見えた“優先順位”

 A代表、ガーナ、ジャマイカ戦の3試合の選考マッチを終えて、東京五輪登録メンバー18名の顔が見えてきた。 ガーナ戦は、仮想南アフリカということもあり、チームの主力メンバーが出場した。選考がかかる... 続きを読む

ネクスト大迫に光明! オナイウ阿道はセルビア戦で何が良かったのか?

 セルビア戦、1-0で勝利したことはチームにとってはプラスだが、戦力的な部分で光明が見えたことはもっと大きかったのではないだろうか。 日本代表は、長らく1トップのストライカーである大迫勇也への依... 続きを読む

U-24日本代表、守備陣の安定感がもたらした“攻撃の余裕”。相馬の4点目は理想的で素晴らしいゴールだ

 6-0の快勝――。 しかし、選手は誰ひとり、満足しているような笑みは見せなかった。 U-24ガーナ代表は、東京オリンピック・アフリカ予選4位で、力はあるのだろうが、40時間をかけてやってきて中... 続きを読む

3点取られても流れ変わらず… U-24日本代表は生き残りを賭けたサバイバルで「違い」を見せるべき

 史上初の日本対日本の対決として注目された試合。A代表に違いを見せつけられ、U-24日本代表にとってはいろんな課題が浮き彫りになり、むしろ良かったのではないだろうか。 東京五輪に向けての強化試合... 続きを読む

なぜ三笘、久保、三好らはアルゼンチン相手に通用しなかったのか? 少数精鋭の五輪登録18名に生き残れる選手とは…

 三笘薫、久保健英、三好康児、田川亨介――。 攻撃陣には旬の選手の名前がズラリと並んだが、U-24アルゼンチン代表戦でのプレーを見る限り、期待通りの活躍とはいかなかった。 久保や三好は個人の突破... 続きを読む

吉田、冨安、遠藤のトライアングルは日本代表史上最高。“日本らしい戦い”の肝に

 韓国戦は、新顔が溌剌としたプレーを見せた。 代表のデビュー戦となった右SB山根視来は、代表初ゴールとなる先制点を決めるなど、攻守に貢献し、まるで川崎フロンターレにいるように落ち着いてプレーをし... 続きを読む

【2020年の日本人選手ベスト11 vol.4】健在を証明したレフティ!絶大なる安心感はまるで「川崎の父」のようだ

 2020年も残すところあとわずか。新型コロナウイルス感染拡大の影響で異例の状況が続くサッカー界だが、ここでは日本サッカーに精通する識者に、今年一年で顕著な活躍を見せた日本人選手の中から、リーグ... 続きを読む

吉田・冨安の鉄板CBコンビに割って入るのは誰だ? 板倉が最も近い位置にいるが…代表で見てみたい国内組3人

 メキシコ戦は、0-2で敗れ、10月、11月の日本代表の強化試合は2勝1敗1分で終わった。 攻撃陣は、個性がある選手をいろいろ組み合わせて、相性、融合などを見ることができたし、メキシコ戦も敗れた... 続きを読む

ボランチが「ゲームチェンジャ―」として流れを変えた凄さ。遠藤航を見ていて思い出すのは152試合出場の名手

 試合の流れを変えるのは難しい。サッカーの試合では、よく言われることだ。 特に相手の流れになっている時、「ゲームチェンジャ―」として途中出場し、流れを変える役割を期待されるのは前線の選手だが、そ... 続きを読む

吉田と冨安、CBコンビが見せた安心感はまさに闘莉王&中澤! オランダ遠征の一番の収穫は“欠かせないふたりの存在”

 2010年南アフリカワールドカップで日本がベスト16進出を果たせたのは、直前にアンカーのシステムを取り入れ、守備的に戦うことで失点を防ぎ、勝点を最低でも1点、きっちりと奪うことに徹したからだっ... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ