3点取られても流れ変わらず… U-24日本代表は生き残りを賭けたサバイバルで「違い」を見せるべき

カテゴリ:日本代表

佐藤俊

2021年06月04日

流れが変わったのは、OAの遠藤航が入ってからだ

A代表(水色)に歴然とした差を見せつけられたU-24日本代表(白)。点差が開いても戦いぶりに変化は見られなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 史上初の日本対日本の対決として注目された試合。A代表に違いを見せつけられ、U-24日本代表にとってはいろんな課題が浮き彫りになり、むしろ良かったのではないだろうか。

 東京五輪に向けての強化試合は、この試合を含めて全5試合。今回は、OAを入れて慣らし運転をするだろうと思ったが、森保一監督の狙いはそこではなかったようだ。

 この試合のスタメンに名を連ねたのは、久保健英以外は、最終登録メンバーの18名枠の当落線上にいる選手たちが主だった。

 選手選考でアピールできるのは、この試合を含めて3試合しかない。

 選手は個人の良さをしっかりとアピールして、チームの勝利に貢献するのが理想だ。だが、選考マッチで二兎を追うのはなかなか難しい。
 
 ロンドン五輪の時は、本大会前のトゥーロン国際大会が主力以外の選考マッチになった。実際、チームとして結果を出すというよりは個人の選評会の色合いが濃かった。攻撃的な選手の強引な仕掛けが目立つなど短調な攻撃に終始し、日本は1勝2敗の最下位でグループリーグ敗退。選考が関わってくる試合は、チームとして結果を出すのは難しいと改めて感じたものだ。

 今回も試合の入りにそれが露呈してしまった。開始2分、セットプレーから浮いた球を飛び込んできた橋本拳人に決められた。スペースに飛び込まれ、誰もそのスペースのケアも橋本も見ていなかった。あれだけフリーで決められるのは、守備が整理されていなかったのもあるが、試合であってはならないプレーだ。本大会に当てはめれば早い時間帯でのセットプレーからの失点は不用意なもので致命傷になりかねない。その後、前半の終了間際、さらに後半の開始7分にも失点し、3失点。いずれも失点の時間帯が悪く、やられ方にも今後に大きな不安を残した。

 そこまで戦術の浸透度、個々のレベルの違いなどをまざまざと見せつけられたU-24日本代表だったが、個人的には3点目を取られてからが勝負だと思っていた。

 劣勢になったり、1点、2点を追いかける展開になる可能性は本大会でも十分にある。ここからどう流れを変え、どう巻き返していくのか。個々の選手が、どんな役割を果たし、どんなプレーを見せてくれるのか、それが当然、選考にも影響する。

 しかし、変わらなかった。

 流れが変わったのは、OAの遠藤航が入ってからだ。
 
【関連記事】
U-24には過酷な状況だった“日本代表”対決。橋岡大樹が競っていた相手は、大迫勇也というより…
【セルジオ越後】主力温存のU-24代表は“忖度”したつもり?せっかくの兄弟対決が無駄になったよ
【U-24日本代表0-3日本代表|採点&寸評】難しい日程も厳しい評価にせざるを得ない内容。唯一の「6」は…/U-24代表編
【日本代表3-0U-24日本代表|採点&寸評】貫録を示した“兄貴分”。MOMは攻撃のタクトを振った司令塔|A代表編
【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】左サイドとGKに一考の余地。18歳・鈴木彩艶の重さ、パワーは魅力

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ