ネクスト大迫に光明! オナイウ阿道はセルビア戦で何が良かったのか?

カテゴリ:日本代表

佐藤俊

2021年06月12日

やや苦戦した古橋に代わって目を引いたのが、オナイウ阿道だ

タジキスタン戦で結果を残した古橋(左)と、セルビア戦で目を引いたオナイウ(右)。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 セルビア戦、1-0で勝利したことはチームにとってはプラスだが、戦力的な部分で光明が見えたことはもっと大きかったのではないだろうか。

 日本代表は、長らく1トップのストライカーである大迫勇也への依存が指摘され続けてきた。大迫の安定感抜群のポストと巧みな動き、精度の高いシュートに加え、彼の背後にいる3人のMFは、大迫の動きを正確に察知し、阿吽の呼吸で動けるようになった。その呼吸が全体に伝播し、トップの大迫を軸とした攻撃スタイルが確立されている。

 それだけに大迫が不在時は、戦い方が変わり、攻撃でノッキングを起こし、連係部分での未熟な部分が露呈して攻撃がスケールダウン、その結果、大迫株がさらに上がるという状況だった。

 タジキスタン戦では、大迫に代わって出場した古橋享梧が先制ゴールを挙げるなど、結果を出した。1発のパスで裏に抜けたり、細かいエリアに侵入して連係で打開していくプレーは、神戸でも存分に見せており、古橋の持ち味でもある。活躍は見事だったが、古橋の実力からすればアジアの2次予選のレベルではある程度、自分の良さを出すことはそれほど難しくないだろう。大迫のネクストを狙う立場からすると、このセルビア戦が、ひとつの試金石となる。
 
 セルビアは、大柄でフィジカルが強く、手足の長さもあり、間合いや強度はアジアの選手とはまるで異なる。スタメン出場した古橋は、時々、裏を狙う動きで相手を揺さぶるもタジキスタン戦ほど自由にプレーができなかった。植田直通が何度か古橋の動きを感じてロングパスを裏に出したが、オフサイドや相手DFに阻まれ、なかなか攻撃に繋げることができない。相手が5バックでスペースと時間を消し、自由にさせない戦術を敷いていたからだが、そうなった時どうするのかがある意味、FWの本当の力が試されることになる。

 やや苦戦した古橋に代わって目を引いたのが、オナイウ阿道だ。

 大迫の怪我のために追加招集されたオナイウは、2018年に山口でJ2リーグ全42試合に出場し、22得点を挙げてブレイク。その後、大分を経て、20年に横浜F・マリノスに完全移籍した。昨季は出場24試合で4得点と独特なマリノスのサッカーとチームにフィットせず、難しさを感じていた。だが、今季はポステコグルー監督の信頼を得て、16試合に出場、10ゴールで得点ランキング3位につけ、チームの3位躍進に貢献している。

 特に今年は、コンビネーション面での成熟が見られ、エウベルやマルコス・ジュニオールらと打開していくシーンが増えた。また、スピードとフィジカルの強さは、マリノスに入ってから一段と増し、裏に抜けたら止められない爆発力を備える。相手の浅いラインをブレイクした時のスピードなどで、腰が浮くようなプレーを見せ、ファンを沸かせている。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】やる気があったのはピクシーだけ…そんな相手に持ち味を出せたのは伊東純也だけ
【日本1-0セルビア|採点&寸評】CB谷口が好印象!!大迫不在のなかでオナイウもアピール 
【セルビア戦|戦評】グッときた国内組ふたりのアピール。川崎の鬼木監督も語っていた谷口のプレーぶり
金田喜稔がセルビア戦を斬る!「切り替えの速さ、強度、予測。妥協なき守備の厳しさを改めて確認できた」
セルビア戦で日本代表デビューのオナイウ阿道、恩師を追ってスコットランドの名門に移籍? 現地紙が報じる

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ