ジャンルカ・ディ・マルツィオ 新着記事

ユベントスの強化部門は欧州屈指! ブランド力向上でC・ロナウドにデリフトと大物獲得も【スカウト&フロント採点】

 前GD兼CEOのジュゼッペ・マロッタ(現インテルCEO)が現強化責任者のファビオ・パラティチと共に、ハビエル・リベルタ(現ゼニトSD)をチーフスカウトに据えて築き上げたユベントスのスカウティン... 続きを読む

トッテナムの市場競争力はアーセナルに比肩! レビー会長がポチェティーノ監督と好連携【ビッグクラブの強化部門&フロント採点】

 トッテナムはマンチェスター・Uやチェルシーと同じく、強化部門のトップにこの分野のエキスパートを置かず、経営トップが強化の全権を握るワンマン体制だ。 表向きの強化責任者はチーフスカウトのスティー... 続きを読む

ド素人が仕切り、スカウトもなし…チェルシーは問題だらけだ【ビッグクラブの強化部門&フロント採点】

 チェルシーは満足なスカウティング部隊すら持っていない希有なクラブだ。  財務、マネジメントから強化まで、クラブ経営の全権をマリーナ・グラノフスカヤ女史がひとりで握り、獲得する選手のリストアップか... 続きを読む

リバプールの「移籍委員会」が機能! サラーなどクロップが望む補強を実現!

 リバプールは、経営トップのマイケル・ゴードン、ユルゲン・クロップ監督、そして3人のエキスパートからなる「移籍委員会」が合議制で強化に関する意思決定を行なっている。  3人のエキスパートは、分析部... 続きを読む

「ヴェンゲル後」の体制確立へ…アーセナルには敏腕SDが必要だ

 アーセナルでは、20年以上に渡り文字通りの「イングランド流マネジャー」として現場だけでなく強化のすべてを取り仕切っていたアーセン・ヴェンゲルが昨夏に退任。強化部門は今なお新たな体制を構築するそ... 続きを読む

マンC強化部門は欧州最高峰だ! 資金力、巨大ネットワーク、ペップなどが大きな武器に

 マンチェスター・Cの強化部門/フロントは、元バルセロナのフェラン・ソリアーノCEOとチキ・ベギリスタインFDのコンビが、マネジメントから強化までの全権を握る。プレミアリーグの他のクラブとははっ... 続きを読む

素人が仕切るマンUの強化部門…SD不在で大物代理人が頼みと前時代的だ

 マンチェスター・Uの強化部門は、ライバルのマンチェスター・Cとは対照的に、典型的なイングランド・スタイル。といっても、サー・アレックス・ファーガソン元監督が「マネジャー」と呼ばれて強化の全権を... 続きを読む

「メッシの拒否権」はあるが…アビダルSDなどバルサの強化部門は極めて有能だ

 バルセロナの強化部門/フロントは、ここ2年で大きく変化している。 17年夏にアカデミーのトップだったペップ・セグーラをフットボールディレクターに昇格させ、18年夏にはエスパニョールやヘタフェの... 続きを読む

R・マドリー会長の移籍交渉力は超一流。ただ、チームマネジメントはジダン頼みで…

 移籍市場におけるレアル・マドリーの優位を支えているのは、圧倒的なブランド力だ。 フロレンティーノ・ペレス会長の独裁は相変わらずで、スカウト部門は絶対的なキーパーソンがいるわけではない。とはいえ... 続きを読む

「チェルシーの女帝」はサッカーの素人…サッリとも関係が悪化

 今冬の移籍市場でナポリ時代の教え子ゴンサロ・イグアインを手に入れたマウリツィオ・サッリ監督だが、チェルシーでは困難に陥っている。  クラブの実質的な経営責任者であり強化についても最終的な権限を持... 続きを読む

「ユベントス内紛」の舞台裏…敏腕経営者は直属の部下に裏切られた

 ジュゼッペ・マロッタをユベントスから追い出したのは、彼が最も信頼していた片腕、ファビオ・パラティチだった。 2010年にサンプドリアから引き抜かれてユーベのゼネラルディレクター(GD)に就任し... 続きを読む

モドリッチはインテル移籍を望んでいた! しかしマドリーが約束を反故に…

 ルカ・モドリッチは、R・マドリーがチャンピオンズ・リーグ3連覇を果たした直後、フロレンティーノ・ペレス会長と話し合いの機会を持ち、「ここでやれることはすべて実現した。新たなモチベーションを得る... 続きを読む

もはや脅迫…ジョルジーニョがマンCからチェルシーに鞍替えした本当の理由

 今夏にマンチェスター・Cと合意に達していたイタリア代表MFのジョルジーニョが、それを袖にする形でチェルシーに移籍したのは、本人の意思ではまったくなかった。一方的にそれを決めたのは、一度はマンC... 続きを読む

インテルが今冬に積極補強? 獲得を狙う3人は…

 インテルは今冬のメルカートで、やや遠ざかったスクデットへの希望を繋ぐため、そしてそれ以上に将来に繋がる投資となりえる若きタレントの獲得の可能性を探っている。  ただしインテルにはまだFFPの縛り... 続きを読む

38歳でも現役続行へ…インテルやセレソンで活躍の名守護神の新天地は?

 かつてインテルやブラジル代表の守護神として活躍したジュリオ・セーザルが、未来の可能性を探っている。  12年夏のインテル退団後、QPRとトロントFCでプレーし、14年夏にはベンフィカに加入。入団... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ