怪物ハーランドの今夏メガクラブ移籍はなし? 21年夏まではドルトムント残留か

カテゴリ:移籍情報

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2020年03月18日

7500万ユーロの違約金が設定される。

1月にドルトムントに加入したハーランド。(C)Getty Images

画像を見る

 代理人のミーノ・ライオラはこの1月、アーリング・ハーランドをレッドブル・ザルツブルクから動かす際に、レギュラーとしての出場機会確保、20-21シーズン末までプレーした後は7500万ユーロ(約94億円)の違約金で移籍できるという条件を付け、それを受け入れたドルトムントに移籍させた。
 
 したがって、その半年後の今夏にまた移籍するシナリオは、基本的にありえないと考えるべきだ。
 
 今冬のハーランドにはドルトムント以外にも、ザルツブルクと兄弟クラブのRBライプツィヒに加え、ユベントスとマンチェスター・Uが強い興味を持っていたが、両クラブともライオラが設定した条件に難色を示した。
 
 レギュラー確約だけでなく、1年半後に7500万ユーロという低価格での売却に応じることも(順調に成長なら市場価格を大きく下回るはず)、ビッグクラブにとってはあまりにも大きな損失に繋がりかねないからだ。
 
 その意味でドルトムントは、レギュラー確約はもちろん、売上規模的にも7500万ユーロの収入保証で満足できるという点で、ライオラ/ハーランドにとって移籍先として申し分のない選択肢だった。このチャンスを逃さずに掴み、早速戦力として最大限に活用しているドルトムントが有能だったとも言えるだろう。
 
 ハーランドがこのまま順調に成長すれば、21年夏に7500万ユーロで獲得可能というのは、すべてのメガクラブにとって大バーゲンだ。とはいえもちろん、そうなれば移籍先を選ぶ権利は100㌫選手サイドにある。それ以降もドルトムントに残留するとすれば、「22年夏に7500万ユーロを大きく上回る金額で移籍する」という条件でクラブとハーランド/ライオラが合意した時だけだろう。
 
 しかしもちろん、1年半後や2年半後の予測は今の時点で不可能。現在の活躍ぶりを考えれば、今夏に向けても一定数のメガクラブが引き抜きの可能性を探るに違いないが、いま確かなのは「ハーランドの今夏ステップアップはありえない」ということだけだ。もちろんあくまでも、「現時点で」だが。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ