ポグバが希望する移籍先は? マンU残留があるとすれば新監督に…

カテゴリ:移籍情報

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2020年03月19日

マンUは「絶対に引き留めたい」と考えるが…。

ユーベ復帰などが取沙汰されるポグバ。(C)Getty Images

画像を見る

 今夏にイングランドを去るというのが、少なくともポール・ポグバ側にとっては既定路線だろう。
 
 マンチェスター・Uとの現行契約は2021年6月までで、もしこのまま夏までに延長されなければ、22年夏の満了時にはフリー移籍が可能になる。
 
 したがって、もしマンチェスター・Uがその事態を避けたいならば、契約延長で合意するか、今夏売却していくばくかの移籍金を得るか、そのどちらかしかない。しかし今の状況を見る限り、ポグバが延長オファーに応じる可能性は低い。
 
 怪我が多いうえに素行も良くないとはいえ、クラブ側が「何としてもポグバに逃げられたくない」、「絶対に引き留めたい」と考えているのは確か。マンチェスター・Uにとってポグバは、マーチャンダイジング/マーケティングの看板商品であり、クラブと選手のキットサプライヤーを務める『アディダス』を含めて、スポンサーにとってチームの顔として機能している存在だからだ。
 
 しかしそうは言っても、本人に契約延長の意思がないとすれば、マンチェスター・Uは獲得を望む他クラブのオファーに耳を傾けざるをえないだろう。
 
 そして、ポグバがユベントス(12~16年に所属)に戻るという選択を、吝かではなく思っているのは事実だ。しかしおそらく5000万ユーロ(約63億円))規模になるであろう移籍金に加えて、1300万ユーロ(約16億円)前後の年俸、さらに代理人ミーノ・ライオラへのコミッションなど、ユーベにとってはかなり高額な買い物になることもまた確か。ユーベがそれらを呑めば、移籍が実現する可能性は小さくない。
 
 もしユーベが手を引けば、例によってレアル・マドリー、バルセロナのどちらかが新天地になるだろう。パリSGも獲得を強く望んでいるが、ポグバ自身がフランス帰還に興味を持っていない。
 
【関連記事】
敏腕代理人ライオラが巨額を稼ぐスキームとは? イブラやポグバに続きハーランドも顧客に――
「休みの間にダンスをし、バスケットもして…」ポグバ復帰に目途もプレミアのレジェンドは怒り心頭!
エムバペの今夏去就は「ネイマール次第」。移籍するなら新天地は「一択」だ!
「もはや頭痛の種」マドリーがベイルを“タダ”でも放出したい「3つの理由」をスペイン紙が報じる!
「今世紀に輝く選手」とクロップが絶賛! バルサとマンUを“落選”した今注目のブラジル人アタッカーとは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ