エムバペの今夏去就は「ネイマール次第」。移籍するなら新天地は「一択」だ!

カテゴリ:移籍情報

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2020年03月18日

ユーベには高嶺の花にすぎる。

エムバペとネイマールの去就は密接に絡み合っている。(C)Getty Images

画像を見る

 パリSGがひと夏に2人も3人も主力アタッカーを手放すというのは、普通に考えてありえない。
 
 したがって、もし今夏にネイマールが出て行くとすれば、キリアン・エムバペが移籍する目はなくなると見るべき。逆にネイマールが残ることになれば、パリSGがエムバペに対するレアル・マドリーのオファーに耳を傾ける可能性も出てくる。
 
 現時点において、エムバペの獲得を本気で考えているのは、マドリーだけだ。昨夏は前線にエデン・アザール、ロドリゴ、ルカ・ヨビッチを獲得したものの、いずれも世間を驚かすようなビッグディールとは言えなかった。
 
 基本的に目立ちたがり屋なフロレンティーノ・ペレス会長の性格を考えれば、今夏はメルカートの話題を一気にさらうようなスーパーディールの実現に動いたとしても何ら不思議はない。
 
 ちなみにマドリーは、インテルのラウタロ・マルティネス争奪戦にも割り込もうとしたが、選手本人がすでにバルセロナに言質を与えている関係もあり、何もできずに撤退する羽目になった。
 
 現時点で確かなのは、マドリーの最大のターゲットはエムバペであり、もしこのフランス代表FWが新天地を求めるとしたらマドリード以外の行き先は考えにくいということ。
 
 ただ、移籍話が本当に動き出すかどうかは、現時点では何とも言えない。ラ・リーガとCLの最終結果次第になるだろう。
 
 ちなみに、エムバペにはユーベも関心を寄せているが、さすがに高嶺の花にすぎる。マドリーとの争奪戦に勝つのはほぼ不可能だろう。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
※『ワールドサッカーダイジェスト』2020年3月19日号より転載
 
【著者プロフィール】
Gianluca DI MARZIO(ジャンルカ・ディ・マルツィオ)/1974年3月28日、ナポリ近郊の町に生まれる。パドバ大学在学中の94年に地元のTV局でキャリアをスタートし、2004年から『スカイ・イタリア』に所属する。元プロ監督で現コメンテーターの父ジャンニを通して得た人脈を活かして幅広いネットワークを築き、「移籍マーケットの専門記者」という独自のフィールドを開拓。この分野ではイタリアの第一人者で、2013年1月にジョゼップ・グアルディオラのバイエルン入りをスクープしてからは、他の欧州諸国でも注目を集めている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ