山本美智子 新着記事

あの噂が現実に!? バルサのブラジル担当スカウト、ネイマール代理人らとクリスマス前に会合していた!

 ネイマールがバルセロナに復帰する――。にわかには信じがたいこのニュースの信憑性が高まっている。 ここ最近、スペインのスポーツ各紙では、「ネイマール側が2019年夏のバルサ復帰をめざして逆オファ... 続きを読む

サガン鳥栖、バルサ育ちの27歳ウインガーを獲得か? かつてペップも認めた「周囲を輝かせられる選手」

 スペイン人監督のルイス・カレーラス率いるサガン鳥栖が、元バルセロナのフォワード、イサアク・クエンカの獲得を狙っているとのニュースを、スペイン各紙が報じている。 クエンカは、多くのバルササポータ... 続きを読む

イスコのユベントス移籍は1月じゃなく6月? イタリア紙が報じた“延期”の理由

「イスコが6月にユベントスに移籍する」 一面でそう報じたのは、イタリアの『Tuttosport』紙だ。トリノに本社を置く同紙は、もっともユベントスの情報に精通していると言っていいスポーツ紙。それ... 続きを読む

「バルサの試合が観たかったんだろ? わかるわ」 負け試合の途中で帰ったベイルに痛烈バッシング!

 レアル・マドリーがホームでレアル・ソシエダと対戦し、0-2で敗れたラ・リーガ18節で、ガレス・ベイルが試合終了を待たずに一足早く帰ったことが報じられ、メディアやファンから一斉にバッシングを受け... 続きを読む

「新しい年、同じ失望感」 2019年未勝利のマドリー、宿敵バルサに10ポイント差をつけられ会長の退任を求める声も

 レアル・マドリーを率いるサンティアゴ・ソラーリが来シーズンも続投するのは、ラ・リーガ、あるいはチャンピオンズ・リーグで優勝する以外、ありえないようだ。 1月3日に実施された順延分(17節)のビ... 続きを読む

マラドーナが胃出血で緊急入院! 監督を務めるメキシコに戻る直前に…

 アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナが、胃出血によりアルゼンチンのクリニックに入院しているという『OLE』紙の報道を、『Marca』紙や『AS』紙、『MUNDO DEPORTIVO』紙など、ス... 続きを読む

パリSGが獲得レースに参戦! バルサらが狙うオランダ代表の若き逸材ふたりを195億円で“2枚獲り”か?

 パリ・サンジェルマンが、オランダのアヤックスに所属する21歳のMFフレンキー・デヨングと19歳のCBマタイス・デリフトの獲得に乗り出した。「以前からふたりの獲得を狙っていたバルセロナにとっては... 続きを読む

「バルサの次期監督にふさわしいのは?」 現地メディアのアンケートでは38歳と60歳の一騎打ちに!

 バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、『バルサTV』のインタビューで来シーズンについて聞かれ、「どうするかはわからない」「先のことはだれにもわからない」と答えたことにスペイン・メディアが反... 続きを読む

英国クラブで通算500試合出場達成のセスク、親友のアンリ率いるモナコと基本合意が成立!

 セスク・ファブレガスのモナコ移籍が決定的となった。 今年6月にチェルシーとの契約が満了を迎えるセスクは、1月1日から公式に移籍交渉を行なうことができるようになったため、ロンドンにおいて、水面下... 続きを読む

監督、スタッフに加えて選手も…ピケ買収のスペイン5部クラブにバルサ出身者が続々集結!

 バルセロナのDFジェラール・ピケが、みずから代表を務める会社『Kosmos』(コスモス)を通してFCアンドラを買収することになったことは、数日前に同クラブから明らかにされた。 アンドラ公国のメ... 続きを読む

名手メッシがPKを失敗する原因を地質学者が研究 「ミスの多いカンプ・ノウ北側ゴールの地盤は…」

 バルセロナのリオネル・メッシがPKをミスする理由、それは深い古生代の土壌にあった…。そんな衝撃的なニュースを元旦の地元紙が伝えている。 2015年、メッシはカンプ・ノウの北側ゴー... 続きを読む

“スルー”されたイスコの「ここで幸せ」発言。白熱する争奪戦を制すのはシティかパリSGか、それとも…

 レアル・マドリーのイスコが、みずからの移籍について初めて口を開いた。 サンティアゴ・ソラーリが監督に就任してからというもの、めっきり出場機会が減少したイスコ。移籍の噂が絶えないテクニシャンを、... 続きを読む

マドリー主将のS・ラモスが「一度もなく」1年を終える。現地紙はデビュー以来初の快挙と報道

 12月30日、スペイン紙『Marca』がレアル・マドリー、エスパニョール、ベティスの3チームが、年間を通してレッドカードを1枚も受け取らなかったと報じている。 とりわけ同紙は、数多くの試合をこ... 続きを読む

なぜマドリーはコンテ招聘に踏み切れないのか? 交渉の鍵は「エデン・アザール」にあり

 すでにだれもがその宣告を予想していた通り、カンプ・ノウでバルセロナに1-5と完膚なきまでに叩きのめされたクラシコの翌日、レアル・マドリーはジュレン・ロペテギ監督を解任した。後任には、レアル・マ... 続きを読む

終了のホイッスルが鳴っても戦いは続く? 白熱のクラシコはファンやメディアを巻き込んだ“場外戦”へ

 カンプ・ノウで開催された今シーズン最初のクラシコは、バルセロナの圧勝に終わった。スコアは5-1。いわゆる“マニータ”(手のひらの意。ここでは数字の5を示す)での勝利は、... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ