マラドーナが胃出血で緊急入院! 監督を務めるメキシコに戻る直前に…

カテゴリ:ワールド

山本美智子

2019年01月05日

メディカルチェックで問題が発覚。

胃出血で入院となったマラドーナ。現在は、ペップ・グアルディオラが現役最後にプレーしたクラブとしても知られるメキシコのドラドスで監督を務めている。(C)Getty Images

画像を見る

 アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナが、胃出血によりアルゼンチンのクリニックに入院しているという『OLE』紙の報道を、『Marca』紙や『AS』紙、『MUNDO DEPORTIVO』紙など、スペインのスポーツ紙が一斉に報じている。

 現在メキシコ2部リーグのドラドス・デ・シナロアで監督を務めているマラドーナは、同クラブとの契約更新にサインしたばかりで、アルゼンチンで数日のバケーションを過ごした後、今月4日、メキシコに戻る前に母国のクリニックで検査を行なっている最中に、胃出血が認められたのだという。『AS』紙は、内視鏡検査を行なったと報じている。
 
 マラドーナの弁護士、マティアス・モルラ氏は入院前、「ディエゴ・マラドーナは、ドラドスとの契約を延長し、後期リーグもチームの監督を務めることになりました。通常のメディカルチェックを行なった後、チームの練習に加わります」との書面を出していたが、そのメディカルチェックで問題が発覚。危険な状態ではないと報じられているものの、今後数日間は入院することになる。

 1月5日に行なわれるセラヤとの後期リーグ開幕戦は欠場する予定だが、そもそもアルゼンチンでのバケーションを優先し、開幕戦の準備のための練習にも参加していなかったと『MUNDO DEPORTIVO』紙は、報じている。

文●山本美智子(フリーランス)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ