監督、スタッフに加えて選手も…ピケ買収のスペイン5部クラブにバルサ出身者が続々集結!

カテゴリ:ワールド

山本美智子

2019年01月02日

次なるターゲットはアタッカー。

スペイン5部リーグに属するクラブを、みずからの会社を通して買収したピケ。(C)Getty Images

画像を見る

 バルセロナのDFジェラール・ピケが、みずから代表を務める会社『Kosmos』(コスモス)を通してFCアンドラを買収することになったことは、数日前に同クラブから明らかにされた。

 アンドラ公国のメディア『Diari d´Andorra』によれば、この買収に関してはバルセロナのプレミアムスポンサーである『楽天』が投資協力をしているという。ピケは『楽天』の三木谷浩史社長と友好関係にあり、彼らの友情がきっかけで『楽天』がバルサのスポンサーについたのは、周知の事実だ。
 
 FCアンドラの監督には、バルサOBのガブリが就任することが発表されており、やはりバルサの元GKで、『Kosmos』社と関係があるアルベルト・ジョルケラもチームスタッフとして加わる。

 また同クラブは、2014年4月に他界した元バルサ監督のティト・ビラノバの息子で、バルサ・カンテラ育ちのアドリア・ビラノバをチームの一員に加えたことも発表。ピケがクラブを買収してからの、最初の加入選手となる。

 FCアンドラは、アンドラ公国の首都アンドラ・ラ・ベリャに本拠を置きながら、隣国スペインのプリメーラ・カタラナという州リーグ(5部リーグに相当)に属している1942年創設のクラブで、フットサルチームも持っている。

 ピケの次の目標はアタッカーを獲得することであり、またバルサ関係の有名選手が来る可能性もあるとして、注目されている。

文●山本美智子(フリーランス)
【関連記事】
【現地発】リーガ4連勝のバルサ、指揮官が見出した「ラキティッチを左に、ビダルを右に」という正解
【ラ・リーガ冬の通信簿|バルセロナ編】守備に不安を抱えながらも首位をキープ! メッシら攻撃陣は絶好調
鳥栖の新監督にバルセロナ育ちのカレーラス氏!現役時代にはF・トーレスと共闘した経験も
ユベントスが半端なく強い! 2018年獲得勝点はマンCやバルサも上回る100超え!
ペップやC・ロナウド、そして“不作”続きのバルサ・カンテラについても… メッシ、現地紙で語る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ