小宮良之 新着記事

リーガの“台風の目”レアル・ソシエダが見せた「サイド攻撃のお手本」【小宮良之の日本サッカー兵法書】

 サイドを崩す。 その攻撃は、今やサッカー戦術における常道だろう。  しかし、いくらサイドに技量の高い選手を置いて、コンビネーションを作り上げることができたとしても、サイドだけで“か... 続きを読む

「サッカーは“エモーション”こそすべて」だから無観客開催は難しい【小宮良之の日本サッカー兵法書】

<MORBO> それはスペイン語で「疾患」という意味だが、「不健全なモノが放つ魅力」とも訳される。病的、偏執的な魅力といったところか。愛と憎しみの感情は表裏一体で、そのぶつかり合いに人々は惹かれ... 続きを読む

「無事これ名馬」の筆頭格――メッシとアドゥリスはなぜ“壊れない”のか?【小宮良之の日本サッカー兵法書】

「無事これ名馬」 これは本来、競走馬に使われる格言である。速く走れるだけでなく、走り続けることも美徳で、利益も上げられる。怪我なく走り続けるのも、一つの才能というわけだ。 アスリートにも、この格... 続きを読む

攻撃サッカーでより重要となる「インテンシティーを出せる」選手【小宮良之の日本サッカー兵法書】

 ボールプレーを重点に置いた戦い方を選択するとしても、「要所にインテンシティーを出せる選手を配置する必要がある」と言われる。 事実、FCバルセロナでヨハン・クライフが作った“ドリーム... 続きを読む

「ダビデとゴリアテ」の如く…ELで名門アヤックスを撃破したヘタフェの快進撃の理由【小宮良之の日本サッカー兵法書】

 2月27日、ヨーロッパリーグ(EL)のラウンド・オブ32、第2レグ。マドリードの郊外にある小さなクラブであるヘタフェは、昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)でベスト4に進出した名門アヤッ... 続きを読む

チームを救えるのは“我の強い”選手。従順なプレーヤーだけでは戦えない【小宮良之の日本サッカー兵法書】

「冷静沈着な選手も悪くない。しかし結局のところ、失敗を恐れず、前に出てくれる選手が、指揮官にとっては貴重なんだ」 デポルティボ・ラ・コルーニャで欧州サッカー界を席巻した名将、ハビエル・イルレタ監... 続きを読む

監督を“見切る”タイミングの難しさ【小宮良之の日本サッカー兵法書】

 いつ監督を見切るべきか? クラブフロントとしては、悩ましいところだろう。見切りは、早すぎても遅すぎても、クラブそのものにダメージを与える。そもそも、クラブとしての方向性がないとタイミングなど図... 続きを読む

サイドアタッカーの台頭は日本サッカーの「可能性」だ【小宮良之の日本サッカー兵法書】

<横槍を入れる> それは、戦場における勝利の常道だろう。その言葉は転じて、談話や交渉で第三者が横から口を出し妨げること、を指すことにもなっているが、もともとは、合戦で相手を脇から一隊で攻め寄せる... 続きを読む

戦術は平凡でも…ジダンに見る名将の「3つの条件」【小宮良之の日本サッカー兵法書】

 欧州3連覇を成し遂げているジネディーヌ・ジダン監督は、なぜ名将なのか? まず一つは、ジダンの選手時代の経歴がカリスマになっている点があるだろう。今もボールタッチは、スター選手にも一目を置かれる... 続きを読む

ジダン、バルベルデ、ポステコグルー…千差万別の「選手交代」へのこだわり【小宮良之の日本サッカー兵法書】

 サッカーは、90分の戦いのスポーツである。 試合開始時点では、ガソリンが満タンの状態。そこから、お互いがゴールに向かって燃料を使い、時間とともに消耗していく。つまり、最後はガソリンが足りなくな... 続きを読む

「足りないことを武器にする」“バスク純血主義”を貫くA・ビルバオの大物食い【小宮良之の日本サッカー兵法書】

 2019-20シーズンのラ・リーガ開幕戦で、バスクの古豪アスレティック・ビルバオは王者バルセロナと矛を交え、終始、戦う姿勢を崩さなかったことで、1-0という価値ある勝利をものにした。 試合開始... 続きを読む

U-23日本代表の“希望”となる2人のアタッカー【小宮良之の日本サッカー兵法書】

 グループステージでの敗退が決まった「AFC U-23選手権」だが、U-23日本代表は希望の光も示している。〈ペナルティーエリア近くで勝負を仕掛け、ゴールに向かってプレーする〉 攻撃の旗手となるべ... 続きを読む

「名将の定義」とはーー“スーペル・デポル”を率いたイレルタの驚くべき一言【小宮良之の日本サッカー兵法書】

 チャンピオンズリーグ、グループリーグ最終節。インテル・ミラノ戦前日、監督会見でのやりとりだ。バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が特定の選手の起用について、イタリア人記者に訊かれた時だった。... 続きを読む

“弱すぎる”香港から得た「教訓」を韓国戦で活かせるか【小宮良之の日本サッカー兵法書】

 E-1選手権、香港との戦いは、「教訓」とすべきものだった。 香港は5-4-1という守備的な布陣で、格上の日本の戦いをどうにか封じようとしていた。リトリートしながら、スペースを消し、自由を与えな... 続きを読む

中国戦で綻びを見せた森保ジャパン。世界の主流とは反する3バックの問題点【小宮良之の日本サッカー兵法書】

 東アジアサッカーの頂点を決めるE-1選手権、森保一監督が率いる日本は初戦で中国と戦い、2-1と幸先良い勝利を収めている。 残念ながら、一番クローズアップされたのは、中国代表選手のラフプレーだっ... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ