元川悦子 新着記事

原口元気が代表落選で感じた“進化”の必要性。2026年北中米W杯を本気で狙いに行く「とにかく歳は関係ない」【現地発】

 1月末のシュツットガルトへの電撃移籍で人々を大いに驚かせた原口元気。彼はその前に重大な出来事に直面している。 それはご存じの通り、2022年カタール・ワールドカップ(W杯)日本代表落選。昨年1... 続きを読む

電撃移籍の真相。原口元気はなぜ2位ウニオンから残留争いのクラブに新天地を求めたのか? ブンデス初陣は敗戦も「楽しい」と充実感【現地発】

「全体的にマーケットが重い」と言われた今冬の移籍市場で、数少ない日本人選手のトランスファーの1人となったのが、ウニオン・ベルリンからシュツットガルトへ赴いた原口元気だ。 ご存じの通り、すでに1月... 続きを読む

吉田麻也からは注文も…板倉滉が今季2度目の古巣対戦で示した存在感。“主将候補”には不敵な笑み【現地発】

 昨年末のカタール・ワールドカップ(W杯)では、負傷明けにもかかわらず、最終ラインの大黒柱の1人として、ドイツ・スペイン撃破の原動力となった板倉滉(ボルシアMG)。その反面、重要なラウンド16・... 続きを読む

特筆すべきは前田の“オン・ザ・ボール”の動き。旗手の戦術眼、古橋の決定力も見事だった【現地発】

 昨年11~12月に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)の中断明け以降、1月末までで公式戦10戦無敗と凄まじい勢いを見せていたセルティック。ミッドウイークの2月1日にもスコティッシュ・プレ... 続きを読む

練習では物怖じせずパスを要求する場面も。新天地ストラスブールで新たな一歩を踏み出した鈴木唯人、「チームを助けられる選手になりたい」と意気込み【現地発】

 2024年のパリ五輪で、日本の攻撃陣の主軸を担うと期待されている鈴木唯人。3シーズン所属した清水を離れ、1月28日に欧州5大リーグの一角を占めるフランス1部ストラスブールへのレンタル移籍が発表... 続きを読む

パリSG戦で躍動した伊東純也。森保監督が視察した一戦で示した多彩な攻撃能力とは?【現地発】

「まずフランスに入り、伊東純也の試合を、パリ・サンジェルマン戦を見ようと思っています。ワールドカップ(W杯)の振り返りと今後の我々がやるべきことの整理をしたいと考えています」 1月28日に欧州視... 続きを読む

元J1指揮官、元JFA技術委員長、元W杯戦士…。多士済々の監督がしのぎを削るJ3新シーズンに要注目!ビッグネームが集まる理由は?

 2月17日のJリーグ開幕に向け、60クラブが本格始動している。J1・J2よりも開幕が2週間遅いJ3勢も1月中旬からチーム練習が始まり、新たなシーズンに向けて基盤作りを進めているところだ。 ご存... 続きを読む

松田直樹の背中を追って故郷のクラブに。「山雅の流儀」を伝え続けることが託された次なる使命【田中隼磨の生き様|後編】

 昨季限りで現役を引退した田中隼磨。23年間のプロキャリアを振り返るとともに、未来へのビジョンを語ってもらった。前編ではプロデビューから名古屋時代を回想。後編では、地元クラブでの奮起と&ldqu... 続きを読む

二度のJ1タイトル、代表デビュー。偉大な指導者や強烈な仲間と共に駆け抜けた日々【田中隼磨の生き様|前編】

 2022年11月20日のJ3最終節・SC相模原戦。87分に登場し、約1年9か月ぶりにピッチに立った松本山雅FCの背番号3・田中隼磨は、短時間のプレーながら鋭い左足クロスを前線へ供給。中山陸の決... 続きを読む

森保監督“続投”の期待と不安――わずかな期間で全てを分析・検証できたのか。悲願のW杯8強へ課題山積

「ベスト8の『新しい景色』を見るために、一番ふさわしい監督であるということ。そこが一番のポイントになりました」 日本サッカー協会の田嶋幸三会長が太鼓判を押した通り、森保一監督の続投が12月28日... 続きを読む

【4年後の日本代表“理想イレブン”】最前線は万能型FW町野が筆頭候補。鎌田、堂安の前向きなメンタルに期待

 日本代表はカタール・ワールドカップで2大会連続のベスト16敗退に終わった。ここから再び、4年後の大舞台に向けて熾烈なメンバー争いが繰り広げられていくが、次のW杯までにA代表へ定着しそうな選手は... 続きを読む

森保監督、続投のメリットは?「あまり国籍にこだわらないほうがいい」元技術委員長が考える8強への近道

 日本代表の“ドイツ・スペイン撃破”で沸いたカタール・ワールドカップ(W杯)も、11月18日のファイナルで閉幕する。国内では森保一監督の続投が早くも有力視されているが、4... 続きを読む

【W杯|優勝予想】決勝はブラジル対フランスの予感! 仏代表が史上3か国目の連覇なるか? チーム完成度は互角だが…[識者の見解]

 ベスト8が出揃ったカタール・ワールドカップ。ここからさらに熾烈なバトルが予想されるが、最後に黄金のトロフィーを掲げるのはどの国か。フリーライターの元川悦子氏に優勝予想を訊いた。――◆――◆――... 続きを読む

「本当のエース」を目ざす堂安律、「怪物になりたい」田中碧…叶わなかったベスト8へ、東京五輪世代に託されたもの【W杯】

[カタール・ワールドカップ ラウンド16]日本1(1PK3)1クロアチア/12月5日/アル・ジャヌーブ・スタジアム「明日は最高の試合と最高の結果を得られるように、そして、日本サッカーの歴史に黄金の... 続きを読む

森保Jがクロアチア戦で注意すべき3つのポイントは? 命運を握る“モドリッチ封じ”はデュエル王が担う【W杯】

 現地時間12月1日の2022年カタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ最終戦・スペイン戦(2-1)のミラクル勝利から早くも2日が経過。同5日のラウンド16のクロアチア戦が翌日に迫ってき... 続きを読む

海外日本人

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ