飯尾篤史 新着記事

「どっちが出てもタッグでやろう」相馬勇紀が“ライバル”三笘薫と交わした約束「心が折れそうなときも…」【東京五輪】

 東京五輪の開催が決まった2013年9月7日の約3週間後、高校2年生の相馬勇紀は東京都選抜の一員として東京国体少年男子の部で優勝を経験した。 この大会中に監督より「この中からオリンピックで活躍す... 続きを読む

「勝つために手段を選ばない」“ビースト”林大地の最大の魅力は? 野性味あふれるプレーだけではなく…【東京五輪】

 林大地は初招集となった今年3月のアルゼンチン戦でゴールを奪い、一気にサバイバルレースに名乗りを挙げた。 残念ながら18人の本大会メンバーから落選し、4人のバックアップメンバーに回ることになった... 続きを読む

「願うことしかできなかった…」絶好調・堂安律に弱音を吐かせた大会前の異変。「もうこういう思いはしたくない」【東京五輪】

 初のオリンピックは思い描いたものにはならなかった。 ニュージーランドとの準々決勝でも、スペインとの準決勝でもゴールを奪えず、苦しむチームを救えないまま、背番号10は途中交代でピッチを後にした。... 続きを読む

【識者が推す! J1中盤戦以降の必見タレント】ロジックで得点できる鹿島FW。FC東京の“無名の青年”も

 試合数の違いこそあれ、今季のJ1リーグは日程の約3分の1が消化された。スタンディングの勢力図も徐々に見えてきたなかで、今後の各クラブの戦いぶりが気になる一方、では選手個人で注目すべきは? 持て... 続きを読む

東京五輪の登録メンバー18人を識者が大予想!「最終ラインの3人はA代表のレギュラー。ボランチは遠藤航のOA招集ではなく…」

 東京オリンピックの開幕まであと2か月あまりとなった。森保一監督は6月の2試合を最終選考の場と据えているが、一足早いこのタイミングで、五輪代表に精通する識者に登録メンバー18人を予想していただい... 続きを読む

ベストゲームの中に見えた課題…アルゼンチンが示した日本が未だ到達できていない領域とは?

 3-0と完勝したアルゼンチンとの第2戦は、17年12月に立ち上げられた東京五輪代表にとってベストゲームと言っていい。「特に前半、我々はなかなかボールを持てず、日本に支配された。そして前半の終わ... 続きを読む

南米王者を相手に見えたU-24日本代表の現在地と、OA枠を使いたい3つのポジション

 南米予選の王者アルゼンチンを迎えて行なわれたU-24日本代表=東京五輪代表の約1年2か月ぶりとなる試合は、0-1に終わった。スコアは最小得失点差だったが、内容は完敗だった。「本当にしたたかで、... 続きを読む

【U-24日本代表最新序列】2列目のファーストチョイスは久保、堂安、三笘か?最激戦区となったのは…

 前日に発表されたA代表と比べ、U-24日本代表はヨーロッパでプレーする選手たちをしっかり呼べた印象だ。堂安律(ビーレフェルト/ドイツ)が東京五輪代表に招集されるのは19年11月のコロンビア戦以... 続きを読む

【2020年の日本人選手ベスト11 vol.5】MVPはいまドイツで最も1対1が強いボランチ!

 2020年も残すところあとわずか。新型コロナウイルス感染拡大の影響で異例の状況が続くサッカー界だが、ここでは日本サッカーに精通する識者に、今年一年で顕著な活躍を見せた日本人選手の中から、ベスト... 続きを読む

【識者の視点】10月の欧州遠征でもスタメン起用すべき。久保建英は中田英、本田に続く新時代の担い手

 10月にオランダで国際親善試合を行なうことが発表された日本代表だが、いまやそのメンバーを語るうえで外せない存在となっているのが久保建英だろう。欧州各国のビッグクラブが熱視線を送る19歳を、日本... 続きを読む

【識者が推す若手ブレイク候補5選】横浜の“スーパーサブ”の奮起に期待! 川崎からJ2へ武者修行中の新星も

 J2・J3リーグが約4か月の中断期間を経て6月27日に再開・開幕を迎え、J1リーグもついに7月4日から再開する。今季は過密日程を考慮し、交代枠を5名まで拡大したレギュレーションで行なわれるが、... 続きを読む

【日本代表 隠れ名勝負】ベスト布陣のドイツ相手に高原の圧巻2発で大善戦! だが惜しむらくは――

 ワールドカップやアジア最終予選、アジアカップやコンフェデレーションズカップといったメジャーな大会ではなく、マイナーな大会や親善試合においても日本代表の名勝負は存在する。ともすれば歴史に埋もれか... 続きを読む

【日本代表 隠れ名勝負】世界的名手も驚愕!! 欧州屈指の強豪を撃破したドラゴン久保の一発「日本がこんなに強いとは…」

 ワールドカップやアジア最終予選、アジアカップやコンフェデレーションズカップといったメジャーな大会ではなく、マイナーな大会や親善試合においても日本代表の名勝負は存在する。ともすれば歴史に埋もれか... 続きを読む

【日本代表 隠れ名勝負】ジダンの美弾を超えるゴラッソ!世界王者を追い詰めたC大阪の凸凹コンビ

ワールドカップやアジア最終予選、アジアカップやコンフェデレーションズカップといったメジャーな大会ではなく、マイナーな大会や親善試合においても日本代表の名勝負は存在する。ともすれば歴史に埋もれかね... 続きを読む

【日本代表 隠れ名勝負】フラット3の初披露…だけではなかったトルシエジャパンの初陣。指揮官らしさがいきなり全開!

 ワールドカップやアジア最終予選、アジアカップやコンフェデレーションズカップといったメジャーな大会ではなく、マイナーな大会や親善試合においても日本代表の名勝負は存在する。ともすれば歴史に埋もれか... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ