「勝つために手段を選ばない」“ビースト”林大地の最大の魅力は? 野性味あふれるプレーだけではなく…【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

飯尾篤史

2021年08月09日

「短期間でこんなに成長するものなのか」(森保監督)

大会方式変更で五輪出場のチャンスを得た林。“ビースト”の最大の魅力とは?写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 林大地は初招集となった今年3月のアルゼンチン戦でゴールを奪い、一気にサバイバルレースに名乗りを挙げた。

 残念ながら18人の本大会メンバーから落選し、4人のバックアップメンバーに回ることになったが、その後、試合ごとに22人から18人を登録するという方式に変更。さらにポジションを争う上田綺世が負傷で出遅れたため、林にビッグチャンスが巡ってきた。

 ホンジュラス、スペインとの親善試合で評価を高めた林は、本大会に入っても南アフリカ戦、メキシコ戦、ニュージーランド戦、スペイン戦、メキシコとの3位決定戦とスタメンで起用されていく。

 相手を追いかけ回し、身体をぶつけてボールをキープし、相手DFの背後に抜け出してゴール前に飛び込んでいく。“ビースト”の異名どおりの野生味溢れるプレーは、2列目に入る久保建英、堂安律との相性も良く、「短期間でこんなに成長するものなのか」と森保一監督も驚く変貌ぶりを見せるのだ。
 
「本当に頼りになる仲間がいるということが自信を与えてくれる。多少ミスをしても周りがカバーしてくれるし、自分ももっとやらないとなっていう気持ちにさせてくれる」
 
 大会中には仲間にそう感謝したが、一方で、メキシコとのグループステージ第2戦を控えて発した「言い方は悪いですけど、自分も勝つために手段を選ばないタイプなので」という言葉からは、頼もしさも感じられた。プレースタイルのみならず、こうした気持ちの強さこそ、林の最大の魅力かもしれない。

 年代別代表歴が一切なく、東京五輪代表チームに初めて加わったアルゼンチン戦も追加招集だったにもかかわらず、気後れすることなくチームに馴染めた理由についても、林はこう言うのだ。

「気を遣ってプレーしていたら、このチームにずっといるメンバーに失礼だし、もう一段チームの競争率が上がるような立ち位置に短期間でグッと持っていきたいと思っていた」

 自身初の世界大会は無得点に終わった。「責任を感じる」と悔しさを滲ませたが、その思いこそが、ビーストをさらに進化させるに違いない。

取材・文●飯尾篤史(スポーツライター)

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-3U-24メキシコ|三笘が反撃の1点を返すも追加点が遠くメキシコに敗戦

【五輪代表PHOTO】U-24日本0-1U-24スペイン|強豪スペインを相手に善戦するもアセンシオの一撃に沈む...
【関連記事】
「中国人オーナーは出ていけ」「裏切りやがった」ルカク売却合意報道にインテル・ファンが怒り!
スペイン戦後は目を真っ赤にし、声を震わせた三好康児。反骨心の塊は流した涙の分だけ強くなる【東京五輪】
東京五輪で見えた強豪国との距離。「頑張って戦う」先に森保ジャパンのW杯ベスト8入りはあるか?
「ここで引退するものだと思っていた」バルサ退団のメッシ、涙の会見。新天地については…
「来年はカタールでね、ハゲ!」ブラジル代表10番が表彰式でFIFA会長をからかう【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ