【識者が推す! J1中盤戦以降の必見タレント】ロジックで得点できる鹿島FW。FC東京の“無名の青年”も

カテゴリ:Jリーグ

飯尾篤史

2021年05月27日

気持ちを切らさず守備から貢献する姿勢も

中盤からシンプルに相手最終ラインの裏を狙うパスが増えれば……柿谷の歓喜する姿がさらに見られるはず。写真:塚本凛平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 試合数の違いこそあれ、今季のJ1リーグは日程の約3分の1が消化された。スタンディングの勢力図も徐々に見えてきたなかで、今後の各クラブの戦いぶりが気になる一方、では選手個人で注目すべきは?

 持てる能力を発揮し、スポットライトを浴びる――そんな選手は誰か。中盤戦以降の必見タレント5人を、スポーツライターの飯尾篤史氏に選出してもらった。

――◆――◆――

 今季の開幕前、最も注目されていた選手が、名古屋の柿谷曜一朗だろう。

 愛着のあるC大阪のユニホームを脱ぎ、完全復活を期して新天地に移ったが、ここまでリーグ2得点(5月26日時点)。注目度に見合った活躍ができているとは言いがたい。

 もっとも、柿谷が不調というわけではない。

 バランスとリスク回避を重んじるチームにあって、チャンス自体が少なく、柿谷自身もトップ下で起用され、ハードワークを求められている。

「すべての試合で得点に絡みたい。目標は19得点19アシスト」

 開幕前にそう語っていただけに、現時点での成績に最も失望しているのは、他でもない柿谷自身だろう。だが、それでも気持ちを切らせることなく、守備から貢献するという姿勢を崩していない。

 そんな柿谷にとって後押しとなるのが、川崎戦での連敗以降、最前線で起用される機会が増えてきたことだ。相手チームの対策が進むなか、柿谷やガブリエル・シャビエルの個の力を最大限に生かす戦い方へ、シフトチェンジが図られつつある。中盤からシンプルに相手最終ラインの裏を狙うパスが増えれば……柿谷の歓喜する姿が、さらに見られるようになるはずだ。
 

首位快走の川崎に加わった大島はどんなプレーを見せるのか。J屈指のプレーメーカーの巻き返しが楽しみだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 その名古屋に連勝し、早くも独走体制に入った川崎にも、中盤戦以降の活躍を期待した選手がいる。負傷のためにここまで出番のない大島僚太だ。

 プレシーズンに右腓腹筋肉離れを起こし、全治12週間と診断。復帰の予定がさらに長引いているようだ。チームはボール奪回とダイナミックな崩しに磨きが掛かり、大島の不在を感じさせないが、もし、今夏に田中碧がヨーロッパに旅立つとしたら、J屈指のプレーメーカーの復活は不可欠だろう。

 首位を快走するチームに加わった大島がどんなプレーを見せるのか。ライバルクラブにとっては、想像しただけで頭が痛いに違いない。
 
【関連記事】
識者が推す! J1中盤戦以降の必見タレント|低迷ガンバの救世主は? ベテランFWの奮起にも期待
森重が4位、稲垣が8位。Jリーグの「デュエル・マスター」は誰だ? 勝利数1位で勝率もダントツだったのは…
【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】興味が尽きない“Wトップ下”。人材不足の左SBの候補者は?
【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】主軸は田中碧?“フロンターレ色”を打ち出すのもアリか
大迫勇也の台頭以前は本田抜擢の奇策も。日本代表の1トップ探しは常に最難関のテーマだからこそ…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ