「どっちが出てもタッグでやろう」相馬勇紀が“ライバル”三笘薫と交わした約束「心が折れそうなときも…」【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

飯尾篤史

2021年08月09日

都選抜指揮官の言葉が相馬の意識を変えた

相馬が試合開始直後からフルスロットルでプレーしたワケとは。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京五輪の開催が決まった2013年9月7日の約3週間後、高校2年生の相馬勇紀は東京都選抜の一員として東京国体少年男子の部で優勝を経験した。

 この大会中に監督より「この中からオリンピックで活躍する選手が出てきてほしい。ここは通過点だ」とのメッセージを受け取った瞬間から、相馬にとって東京五輪は憧れ……いや、成し遂げなければならない目標となった。

「その時からずっと心の中で、絶対に出るんだと思っていた」

 もっとも当時の相馬は年代別代表とは縁遠かった。三菱養和SCユースから早稲田大に進学して以降も代表から声が掛からず、「心が折れそうなときもあった」。そんな時、支えになったのが、東京五輪で活躍するという夢だった。

 名古屋でプロとなり、東京五輪代表チームに初めて招集されたのは、チーム結成から1年半が経過した2019年6月。出遅れた感は否めなかったが、そのプレースタイルと同様、目覚ましいスピードで序列を一気に覆していった。
 
 相馬が今大会で主に任された左サイドは三笘薫、旗手怜央、三好康児、前田大然もプレーする激戦区。トップ下の久保建英と右サイドの堂安律が不動であるのに対し、左サイドは戦術上の理由でスタメンが入れ替わった。

 試合ごとに立場や役割は変わったが、変わらなかったのは常にフルスロットルでプレーすること。先発の際には、途中でガス欠を起こしても構わないとばかりに開始直後からエンジン全開でプレーした。

 その背景には、三笘とのこんな約束があった。

「僕と薫が今話しているのは、どっちが出てもタッグでやろうと。僕が最初に出ることになったら、相手選手が疲れ切るまでプレッシャーに行くし、仕掛け続ける。それでヘロヘロになった時に代わろうって。逆も同じ。そういった話を日頃からしているんです」

 積極的に仕掛けてPKを獲得したメキシコ戦でのプレーは、その約束を体現したものだった。

 一瞬でトップギアに入るスピードと、相手の懐に入り込むドリブルは世界でも通用した。高校2年から抱いてきた夢が実現した今、相馬が次にどんな目標を掲げるのか楽しみだ。

取材・文●飯尾篤史(スポーツライター)

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-3U-24メキシコ|三笘が反撃の1点を返すも追加点が遠くメキシコに敗戦
 
【関連記事】
「中国人オーナーは出ていけ」「裏切りやがった」ルカク売却合意報道にインテル・ファンが怒り!
「この男が我々を誇らしくした」吉田麻也の東京五輪での振る舞いをサンプドリア公式が称賛! ファンも同調「偉大な戦士だ」
「願うことしかできなかった…」絶好調・堂安律に弱音を吐かせた大会前の異変。「もうこういう思いはしたくない」【東京五輪】
「ここで引退するものだと思っていた」バルサ退団のメッシ、涙の会見。新天地については…
「来年はカタールでね、ハゲ!」ブラジル代表10番が表彰式でFIFA会長をからかう【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ